ソニーFE16-35mm F4 ZA OSS の価格はFE24-70mm F4 ZA OSS と同程度?

SonyAlphaRumors に、ソニーのFE16-35mm F4 ZA OSS の価格と発売時期に関する噂が掲載されています。

(SR4) New Zeiss FE 16-35mm f/4.0 FE lens will cost about the same as the 24-70mm Zeiss.

  • 最近(ロードマップで)発表されたツァイスFE16-35mm F4 OSS の価格は、現行のツァイスFE24-70mm とほぼ同じ価格になるだろう。ソニーは、まだこのレンズの画像を一切公開していないが、このレンズは8月から出荷されるはずだ。

 

現在、ソニーのFE24-70mm F4 の価格は、最安値で9万円台前半(初値は10万円台後半)なので、FE16-35mm F4 OSS もこの程度の価格になる可能性が高そうですね。

FE16-35mm F4と同じようなスペックのニコン16-35mm f/4G VR は最安値で11万円台後半なので、ソニーはこれより一回り安価になりそうですね。FE16-35mm F4 の発売は8月ということなので、正式発表はそれほど先のことではなさそうです。

2014年5月 5日 | コメント(11)

コメント(11)

コッチのレンズの方が本命なので、画質が良い事を期待したいです。

価格はもうちょっと高くなるかと思ってました。

あとはサイズと画質ですね。
コンパクトで写り良いと即買決定です。

意外に安い?

ミラーレスの広角ズームにはずれは無い・・・はず!
正直広角ズームは解像はそこそこに逆光時の耐性を頑張ってもらいたい。sel1018が良いだけに期待しちゃいますね。

あとはソニーストアの予約戦を如何に勝ち抜くか、ですね。

賛否両論のFE2470Zですが、αAマウントも2470Zより1635Zの方が遥かに評価高いので、期待してます。

FE=寄れないというのを、覆すレンズを期待します。

APSCでも使いたいので小さめサイズで出して欲しい

元々24-70といった標準域は作るのが難しいと聞きます
ベンチマークといった数値的な部分も
実際に目に見えてわかる部分でも苦戦してしまうのでしょう
AレンズもEレンズもそうでしたし
他社のこの焦点距離のレンズは大体評価が芳しくないですよね

今回の広角レンズはニコンのとまるかぶりなのでどういう形で出てくるのか楽しみですね

SEL1018(E 10-18mm F4 OSS)くらいのドシャープな画作りができるようになるのか、それともまた違う画作りになるのか。もし後者ならどのような味を出してくるか、早くサンプル作例が見たいですね〜。
AマウントでSAL1635Zってのがあります。おそらくそれのFE・F4通し版となると思うのですが、せっかくの広角レンズなのでSEL1018のシャープさと、最大撮影倍率が最低でも0.2倍ある。そんなレンズを期待したいです。
せっかくのワイドズームなので、近接性能(最大撮影倍率・最短撮影距離)はあってほしいものです。

24-70はサイズを考えれば健闘しています。
しかし10万円のレンズにまず求められるのは、サイズより画質でしょう。

オリンパスやフジ、或いはパナソニックからもサイズではなく、画質にこだわったレンズが出てきています。

いまやミラーレスはコンパクトである事よりも、画質にこだわるというあらたなフェーズに突入しているといっていいでしょう。

ここを見誤り、ミラーレスはコンパクトでなければ意味が無い、といった全時代的なな価値観に引きずられていると未来はないと思います。

16-35にはサイズではなく、画質にとことんこだわってほしいですね。

手振れ補正付きの広角ズーム良いですね。サイズと画質次第では買ってしまいそうです。
F4なのでそれほど大きくならない事を期待します。

ニコンの16-35 F4 VRと真っ向勝負だと思いますが、ニコンのはあんまり性能良くないですよ。過去記事をご覧あれ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年5月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ50mm F1.4 DG HSM は性能を考えるとリーズナブルなレンズ」です。

次のブログ記事は「パナソニックがGXシリーズの見直しを検討中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る