パナソニック12-32mm F3.5-5.6 OIS は平均的な光学性能

photozone に、パナソニックのパンケーキズーム「LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA OIS」のレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix G Vario 12-32mm f/3.5-5.6 ASPH Mega O.I.S. - Review

  • 鏡筒の造りは平均的なクオリティで、Lumix G X 14-42mm と比較するといくらか劣っている。ズームリングを(沈胴位置から)12mmにセットすると、レンズは大きく繰り出し、若干のガタツキが見られる。正直言って、目一杯繰り出したときには、このレンズは若干やわに感じる。
  • ズームリングは、かなり重い。AF性能は素晴らしく、作動音は基本的にしない。手ブレ補正は、およそ3段分の効果だ。
  • 歪曲は自動補正されるので、標準ズームのキットレンズとしては穏やかだ(自動補正ONで12mmで2.1%のタル型、32mmでは0.05%の糸巻き型)。時々、タル型の歪曲が目に付くかもしれないが、通常は心配はない。しかし、未補正のRAWでは、歪曲は12mmで6.3%の極めて大きなタル型だ。
  • 周辺光量落ちは平均的だ。12mm開放で周辺光量落ちは1.15EVで、実写では目立つが、絞れば顕著に改善し、F5以上ではごくわずかになる。自動補正をONにした場合は、どのようなケースでも心配は無いが、若干周辺部のノイズが増加する。
  • 解像力は12mm開放では中央は素晴らしい値(excellent)で、回折の影響が見られるF5.6-F8でもまだとても良好な値(very good)だ。周辺部と隅は良好な値(good)だが、それほどシャープではなく、一番隅の部分では顕著に解像力が落ちる。周辺部と隅の解像力は18mmと25mmでは増す(これは歪曲補正が弱くなるため)が、中央の解像力は望遠側にズームすると低くなる。
  • 32mmの解像力は画面全域でかなり均一で、良好(good)からとても良好(very good)の値だ。このレンズの解像力は、予想よりもいくらか低い。
  • テストしたレンズのセンタリングの品質(偏芯の少なさ)は平均的だ。像面の湾曲はごくわずかだった。
  • 倍率色収差は画面周辺部で平均1ピクセル前後で、ごくわずかだ。
  • 12-32mm はきちんとしたキットズームだが、光学性能はごく普通で、よくも悪くもない。このレンズの特徴は大きさと重さで、70g の重さは無いも同然だ。鏡筒の造りは今ひとつで、それほど丈夫にな感じはしない。我々はパナソニックがこの小さな素晴らしいレンズを開発したことを祝福するが、高性能なレンズを求めている人は、オリンパスの12-40mm F2.8 かパナソニックの12-35mm F2.8 に目を向けるべきだ。

 

光学性能は5点満点中2.5点で、若干低い評価になっていますが、ズーム全域でこれといった落ち込みもなく、また色収差や周辺光量落ちもよく補正されていて、薄型・軽量が売りのズームレンズとしては上手くまとまっているという印象です。それにしても、このレンズは手ブレ補正内蔵で、この大きさ・重さを実現しているのはすごいですね。

2014年6月 1日 | コメント(5)

コメント(5)

GM1とのキットで使っていますが、レンズ性能同様に、撮れた画も平均点という感じになってしまいがちのため、使用頻度は低いかも。。。
まぁ、でもPZ14-42よりは好きです。

小型さは平均以上なので、
特に画質にこだわらない人には
良い選択なのでは?
小型化するには何か犠牲が生じるし、
MFTも妥協の産物かも。

「キットレンズ画質」で十分なら無問題といえる範囲では?
そんなことより、このレンズの重さ70gや収納時のサイズが重要でしょ?って人には良い選択になると思いますね。
画質命ならまぁ、単焦点なり、ゴツイF2.8通りズームなどm4/3には選択肢がイロイロあるわけですから、自分がなにを重視するかで選びたいですね。
自分的にはGMにこのレンズの組み合わせなら、高級コンデジ代用で使いたいときに持ち出したいですね

このレンズを最近衝動買いしてE-PM2に使ってます。
今まで付けていたパナ20に比べてしまうと当然画質は落ちますし、E-M5+12-35mmのコンビよりも、もちろん落ちます。
でも、実写テストせずに購入しましたが、予想よりも画質は良く、換算24ミリが気軽に持ち出せるので気に入りました。
小型12mm単を出してくれればもっと良いですが。。

12mm単焦点は私も欲しいです。
オリンパスにはありますが手ブレ補正がありませんので…。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2014年6月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「dpreviewの画質比較ツールにソニーRX100M3 のデータが追加」です。

次のブログ記事は「DxOMarkにNikon 1 J4 のスコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る