キヤノンが9月に7D後継機と共に新型のスピードライトを発表?

Canon Rumors に、キヤノンの新しいスピードライトに関する噂が掲載されています。

New Speedlite Coming? [CR2]

  • 9月にEOS 7D 後継機と共に、新型のスピードライトが登場するかもしれないという簡潔な情報を得た。600EX-RT 後継機の登場は期待していないが、430EX II の後継機の登場はあるかもしれない。

 

キヤノンのスピードライトの多くは2011年以降に登場した比較的新しいものですが、430EX II だけはかなり古くなってきているので、そろそろモデルチェンジしても不思議はなさそうですね。

600EX-RT は2012年に登場したフラッグシップモデルなので、まだリニューアルには早いような気がします。これまでの噂が的中すれば、今年のフォトキナではキヤノンの新製品が豊作になりそうですね。

2014年7月17日 | コメント(8)

コメント(8)

430EXⅡ後継は電波通信に対応するのだろうな。対応したら買おうかな。首振り角は右90°のままなのだろうか。

ガイドナンバーも少し増えて、電波通信対応で

480EX-RT って感じかな

今年のフォトキナでの新製品ラッシュ期待してます!

やっぱり期待されるのは電波搭載ですよね

ST-E3-RTがマスターになれるのは電波通信だけなので
600EX-RTしかスレーブに出来ず、
両方のマスターになれる600EXRTを買い増した方が
便利という状態で、2年間も不遇でした。

いい加減下位機種も電波が使える様にして欲しいです。

>9月にEOS 7D 後継機と共に、

7Dの後継機
発表は9月に決まったんだ。

逆に、ST-E3-RTにしてしまうとAF補助光投光機能が使えず、
非常に不便なんですよね。
私はST-E3-RTこそモデルチェンジして欲しいと思いますよ。

まさかのスピードライト
こちらの更新であれば
17-55 F2.8の標準レンズなどを
そろそろリニューアルお願いしたいです。

複数台持つとしたら光量は大きいほうがいいし、操作系も統一させたいからまず600EX-RTとST-E3-RTを一台ずつ買いました。
操作系が似た電波通信機能付き430EX II後継機だったら600EX-RTもう一台と迷うかも。

600EX-RTを2台とST-E3-RTを使っていますが非常に満足しています。特にチャージの速さが良いですね。あえて何か言うなら電池容量が見えればさらに良かったと思います。

600EX-RTも安くなってきていると思いますので 廉価版を出すのなら もう少し早い時期が良かっただろうなと思ってしまいます。

ST-E3-RTは小型軽量で 600EX-RTを買い足すよりは安いのが利点ですが、トランスミッター機能しか有りませんので ST-E3-RTを買うより600EX-RTを優先して買い足すのが良いと思います。600EX-RTが必要数あれば別に無くても良いものですので。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年7月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD810は遠景の細かい部分まできちんと描写」です。

次のブログ記事は「ソニーα99 II とα58 II はしばらく現行型と併売される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る