ソニーがRXシリーズのフルサイズのモノクロカメラを開発中?

SonyAlphaRumors に、ソニーのモノクロのコンパクトカメラに関する噂が掲載されています。

(SR3) Surprise: New RX Full Frame camera with Black and White sensor coming late 2014?

  • 2-3ヶ月前に、ソニーのモノクロのフルサイズセンサー開発に関する噂について述べた。最近、匿名のソースから新しいモノクロカメラに関する噂を受け取っている。

    「ソニーは、ニッチ市場は利益になることを理解しており、そしてソニーはフラッグシップ機RX1のためのモノクロのフルサイズセンサーを開発している。このセンサーはフレームレートがより高くなり、24MPのカラーセンサーと比べてS/N比は+6db 改善している。私のソースは、たぶんこのカメラは2014年末か2015年初めに発売されるだろうとも述べている」

    私は、ソニーのモノクロカメラはライカMモノクロームをしのぐ画質になると確信しており、そして価格は現行のRX1/RX1Rのように3000ドルを下回ると推測している。

 

SR3なので現時点ではあまり期待しすぎない方がいいかもしれませんが、もし事実だとすると、ソニーが最新の技術で造ったフルサイズのモノクロセンサーからどのような絵が出てくるのか、とても興味深いところです。

ライカMモノクロームは非常に高価でなかなか手が届かない価格ですが、ソニーのモノクロ機がRX1と同程度の価格だとすると、決して安価ではありませんが、ライカよりはずっと手軽に楽しめるカメラになりそうですね。

2014年7月 1日 | コメント(39)

コメント(39)

私のイメージとしてモノクロ専用って事は、プリント愛好者に向けた製品ですよね。ソニーがこの辺の客層狙いますか...。
好みも有ると思いますが、モノクロは少し粒状感が有った方が好きです。後からノイズを足せば良いんですけど...


おぉ!凄い!待ってました

ライトルームなら如何様にでも仕上げを調整できますし、RAWからのモノクロ化では満足できない人もいるのでしょうかね?

ダイナミックレンジの拡張でどれ程の違いを出せるかが、このカメラの価値を決めそうです。

二番煎じはニッチとは違うと思います。英断のリスペクトを得られませんもの。モノクロ写真はDRの広さがどうだとかノイズの有無とかピントの甘さすら、全て個人の趣向ですのでライカの様に強力なブランド力やヒエラルキーがないと、モノクロでしか撮れないってのは付加価値じゃなくカラーで撮影できないカメラって認識される危惧します。

モノクロ派としては大変期待しますが、EVFを内蔵してほしいです。

たしかに、「RAWからのモノクロ化に満足できない人」と「ブランドでカメラを買う人」はある程度重なる気がしますね。
カメラではそこまでブランドを確立していないように見えるソニーはどうでしょうね?

RX1の成功にあやかっているのだと思いますが、RX1は当時画期的な小型のフルサイズでしたからね。
モノクロ・フルサイズとはまた違うように思えます。

よくわからないので知りたいのですが、
カラーセンサーでモノクロにしたものと、もともとモノクロのセンサーで取ったものはだいぶ違うんでしょうか?

初めて友人のM Monochromeの等倍画像を見た時びっくりしましたが90万の値段にはなかなか手が出せないので、ソニーさん頼みますよ!

「モノクロに特化した今のソニーセンサー」がどんなものかは見てみたいと思います。
売れるかどうかは…どうでしょ?

一般的なRGBのベイヤー配列じゃないって事は2400万画素で超スゴイ解像度でしょうね。
うわーホントに製品化されたら欲し~わ~

エプソンのPX-5Vは海外ではモノクロのみの仕様があるらしいですが、そういった特別なモニター、プリンター、
あるいは別の何かを用意できると、とてもソニーっぽいですね。
カメラだけなら上にあるようにシグマの方がコスパイイですし
コスパ気にしない方はライカに行くか、すでに行ってるでしょう
便利である必要は無いだけに、余計な機能が無いと良いですね

モノクロ専用にするとカラーフィルタが不要になるので感度上がります。
カラーでは1画素あたり1色で残りの2色分の光を捨てていますが、
モノクロにすると残りの2色分の光も拾えます。

またカラーでは例えば赤い色の物体は赤の画素でしか拾えませんが、
モノクロにすると全部の画素で拾えるので解像度が上がります。

個人的にモノクロには興味ないですが
ニッチ狙いなら焦点距離違いのバリエーションも増やして欲しいです

いや、そこを狙うなら、α7Mでしょー?
α7Sベース機とα7Rベース機の双方で出ると、とんでもないことになりそうな気がします。
ノスタルジックなレンズには、やっぱりモノクロが似合うと思う一方で、高精細多画素のα7Rベースのモノクロセンサは、フォビオンを圧倒する描写力と階調性を発揮するでしょうから・・
その一方で、α7Sベースモノクロ機なら、フォビオンで望めない高感度と高階調性を期待できます。
まぁ・・モノクロですが。

でもα7Sベースなら、超高感度を活かしたセキュリティや産業用途にも食い込めそうな気がするんですが。

RXシリーズのモノクロ版だとニッチ過ぎる気がします。

モノクロ専用機の場合、可能なら、レンズは単層コーティングで願います。

え、、、確か今年の二月くらいに「フォトキナ前あたりにRX1後継機がくるかも?」なんて噂がありましたが、、
本件の記事内容がもし本当ならRX1の純粋な後継機は当分なさそうですねー。
周期的にもRX100M3のような後継機来たらいいなと期待していただけに、少し残念です。

個人的には、AGFAブランドで出してたコンパクトデジカメの、真のモノクロバージョンみたいなのが欲しいのですが。フルサイズセンサーだと高くなるので、単純に小さめのセンサーからカラーフィルターを取っ払って、解像力をあげ、高感度に強く、妙な色やノイズが出ないモノクロコンデジが欲しいなぁ。

CMOSには苦手な(CCDが得意とする)暗部階調性が、どこまでだせるのかに興味が有りますね。レンズも専用設計にするのかな。精鋭サイバーショット部隊のサプライズに期待して待ちましょう。

>ライトルームなら如何様にでも仕上げを調整できますし、RAWからのモノクロ化では満足できない人もいるのでしょうかね?

同感のひとりです。
50年前の押入れフィルム自家現像を思い出しました。モノクロはノスタルジックで魅力的ですが、デジタル・ワールドでもモノクロ専用センサーを待望するユーザーも少なくないのでしょうか。ライカの拘りやソニーの意気込みから判断すれば、十分に「商売になる」のでしょうから応援したいとは思います。技術興味もありますので・・・。

いらないなぁ、正直。

想定でEVFがつくとして、モノクロ専用カメラのEVFって、白黒なんでしょうか。それともカラーなんでしょうか。

モノクロ専用EVFって、現状のEVF技術だとカラーフィルターを入れない表示パネルの製造ラインやコントラスト調整や、とにかくノウハウが少なくてものすごくハードルが高い気がするのですが。。。?例えば、有機ELでモノクロって出来ます?

これはα7の派生にした方が良い気がします。

源色カラーフィルタつかって三連写して、カラー合成できるモード追加してください。

モノクロカメラ自体に興味はありませんが、
このカメラが純粋なRX1後継機の発売日に与える影響が気になります。
RX1クラスには2年周期で後継機を期待できないのでしょうか。

EVFが付いたとしたら、ファインダーもモノクロになるわけで、こいつは新鮮だなあ。

モノクロの場合、諧調が重要な要素だから、少なくとも10bit諧調とかをそのまま表示できるシステムが欲しくなりますね。単色で8bitだと諧調のつながりが荒すぎるんで。

金型代とかペイできる台数が出なかったから
ニッチ狙いで刻んでいくんでしょうね。
レンズもそのまま、センサー載せ替えで
あとは三層とかなのかな。
個人的にはモノクロ賛成です。

>22時さん

他機種ですが、説明するより以下のページで見比べて頂くのが良いかと。
http://d.hatena.ne.jp/ilovephoto/20121103/1351953341

ちなみに、画素数は両方1800万画素ですよ

α7MじゃなくてRX1M?!
流石に無謀な気がします
それより7Sセンサー使ったRX1ホロゴンウルトラワイドを出して欲しい…
各社のリニューアルの進んでいない超広角ですし、ニッチですし、ブランド信仰者向けにもアピール度高いですし、超軽量135フルサイズになるのでSONYさんの社是であるだろう軽量コンパクト路線ともマッチするでしょう

ダイナミックレンジが+6dbってことは14bitあたりの信号になるんでしょうか
せっかくなので32bit floatあたりで過去に例のない暗部階調とかどうでしょう

>ぶらりんさん
白黒有機ELはありますよ
LGかどこかの有機ELテレビがそれだった気がします

α7Mなら間違いなく飛びつくけど、RX1Mかー
どうだろうなー
とか言いつつ、多分飛びつくのだろう

ライカMMは、M9と比べて圧倒的な凄みを見せつけるけど、あれはCCDだから出来たという面もあるので、SONYがどう仕上げてくるか、実に楽しみです

 モノクロ写真でいちばん必要なものは入手しやすい値段設定の引き延ばし機があれば、いますぐにでもフイルムに戻りますということがまずあります。しかしデジタル前提で以下意見を言います。
 スナップしか撮らないという人で、モノクロしか必要ない人は結構いると思いますから、そういう撮り方の人にはこのカメラでもいいとは思います。でもCCDではないからどうかなというところは否めません。
 もうひとつは、モノクロに特化するのだったらシグマのフォビオンセンサーと、その現像システムが選択肢にあがりますね。
 毛穴までシャープな男性的な写真でモノクロ路線というのも、魅力的な選択と思います。DP2の最新作とDPシリーズを揃えるという選択肢にどうも心が傾きそうです。
 エプソンあたりがモノクロプリントシステムを充実させた仕様を国内販売することも、日本の写真文化の充実のためには必要と思います。
 もっともそれをいうなら、フジフイルムにフイルム生産を頑張って欲しいというのが前提です。ネオパンSS打ち切りと、ダークレス現像システムの打ち切りにはとても凹みました。
 やっぱり課題は写真文化の維持と復興という志と、それに見合うコストをどう考えるかという問題ですね。

RX1は、以前の噂通りに中判センサーで
出して貰いたいですね。
スナップとは言え、レンズは交換したい。
で、モノクロ専用ならα7Sをベースにして
α7SM
とかにして欲しいと思います。
別にα7RMでも良いんですが、
どうせなら無印α7をベースとせず、
高感度か高解像度に特化した、よりニッチな
モノクロモデルだといさぎよくて嬉しいです。

>>garaさん、まさどんさん
凄く共感できます。僕は以前デジカメinfoにモノクロームで撮るって事は潔さだ、カラーで撮ってモノクロエフェクト掛けるのは潔さの欠如だ、そして今の僕にはもうモノクロ専用機を購入する潔さを持ち合わせていないと投稿した事があります。ソニーがもしモノクロ専用機を出すのなら最大限廉価で発売する努力をして欲しい。例えば史上初のFF一桁万円を実現して欲しい。カラーフィルターが無い、当然ローパスも無い、筐体はプラ、連写も動画も省略、レンズのF値も抑える…「出来るだけ若者に使って貰いたい為に頑張った」なんて企業のメッセージを市場にアナウンス出来る会社なら凄く格好いいし尊敬されると思う。そんな写真文化を担える企業になって欲しいです。企業だから利益を追求するのは当然です。でもスマホで充分って世代に贅沢な写真を撮るって喜びを企業が提供できなかったら、写真って動画の切り出しにすり変わって消滅すると思う。そのスマホもソニー自体なパラドックスなんですけどね。完全におっさんの妄想モードですいません。

XマウントでニコンFM10のような写真学生用のデジカメやモノクローム専用機をFUJIが出すべきだと思います。プレスト400を廃盤にした見返りにモノクロ専用機を出して欲しいです。本物のモノクローム写真はフィルムシミュレーションでは無理なことはFUJIは分かってると思います。あと、ライカX1・X2のCMOSセンサーはソニー製ですがコダック調の良い絵を出しますのでソニーには期待します。

 モノクロモデル出すなら、α7Sの撮像素子12Mのものでα7のボディで、撮像素子の前のフィルターを簡単に交換できるタイプをおねがいいたします。そうすればフィルター交換で通常撮影、紫外線撮影、赤外領域(天体用ならHα領域)の撮影できるものを出してほしいです。ミラーレスならRGBフィルター+Hαフィルターで短時間で高解像度の天体写真が撮れそうです。

 欲を言えば、ペルチェ冷却をつければ天体専用カメラとして十分使えるはずです。ただそこまでやるとかなり高額になってしまうのと重くくなってしまうのでそこまではいりません。ソニーの撮像素子はSNが良いので冷却しなくても写りは良いと思うので、ぜひ上記のモデルを発売してほしいです。

とりあえず無駄な機能を排除してからですね。
モノクロ愛好家は動画なんて不要ですから。

モノクロフィルムが廃盤になって選択肢が狭まっている今、トイではないデジタルカメラで、手ごろな価格のモノクロ専用機があっても良いと思いますね。
同じセンサー使って、Dfの筐体で製品化したら面白いかも。

動画に関しては「モノクロ動画」という需要もありまし、今のセンサーって動画は切り離せないものですから、機能はめ殺しになるだけだと思います。

ライカMMを買おうか悩んでましたがこれが出たらこれを買います。RX1Rを所持してまうが、光の捉え方が素晴らしいです。がコントラストをモノクロで強くすると黒潰れしやすいのでそこの期待です

RX100M3で1:1フォーマットのモノクロを撮っています。ピクチャーエフェクトのハイコントラストモノクロとかなかなかです。α7sの方が画質良さそうな気もするでしょうが、1:1無いんですよ。RX1ってありましたっけ?7sにはぜひ実装して欲しい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2014年7月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF16-35mm F4L IS USM は価格は高いがとても高性能なレンズ」です。

次のブログ記事は「シグマがフォトキナでm4/3用の新しいArtシリーズのレンズ群を展示?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る