富士フイルムXF18-135mm F3.5-5.6は画質も使い勝手も良い便利なレンズ

Photography Blog に、富士フイルムXF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR のレビューが掲載されています。

Fujifilm XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR Review

  • 鏡筒はハイグレードなプラスチック製、マウントは金属製で、全体の造りはとても良好だ。
  • ズームリングとフォーカスリングはいずれも遊びがなくスムーズに動く。フォーカスリングは若干幅が狭く、最短と無限遠で止まらない。ズームの自重落下は見られない。ズームはインナーズームではなく、広角端ではレンズの全長は10cmだが、望遠端では16cmに伸びる。
  • AFはとても静かでかなり速く、暗い場所でもそれほど迷わない。フォーカシングはインナーフォーカスでフィルター枠は回転しない。
  • 18mmの解像力は中央は開放からとてもシャープで、ピークはF4-F11だ。しかし、隅はあまり良くはなく、F3.5-F5.6では甘く、F8まで絞らないとシャープにならない。
  • 35mmの解像力は中央は開放からとてもシャープで、ピークはF5.6-F11だ。隅はF4.3-F5.6ではいくらか甘いが、F8では申し分のない解像力になる(※55mmの解像力も同様)。
  • 100mmの解像力は中央は開放では若干甘く、ピークはF8-F11だ。隅はF5.6ではいくらか甘いが、F8では申し分のない解像力になる(※135mmの解像力も同様)。
  • 中央の解像力はズーム全域でとても良好で、わずか1段絞ることでベストの結果が得られる。隅の解像力は18mmでは若干期待はずれだが、有り難いことに、それ以外の焦点距離では隅は改善する。
  • 最大撮影倍率は望遠端では0.27倍で、マクロ撮影にもとても便利だ。
  • F3.5-5.6の開放F値は暗い方だが、7枚羽根の絞りによって、なかなか魅力的なボケ味が得られている。
  • 周辺光量落ちは実写では問題はなく、色収差もわずかに見られるだけだ。
  • 歪曲は広角端では若干の樽型で、望遠端ではごくわずかな糸巻き型だ。
  • XF18-135mmはXシステムで初めての防塵防滴のレンズで、便利なスーム域と良好な画質、造りの良さ、使い勝手の良さが魅力的に組み合わされている。このレンズはX-T1との組み合わせで、悪天候に対応することができるので、既に同じ焦点距離のレンズを持っている場合でも、追加しておけば便利だろう。

 

XF18-135mmは、さすがに他のXFの低倍率ズームや単焦点ほどの性能はないようですが、高倍率ズームとしては十分な性能と言ってよさそうです。このレンズは、防塵防滴で、またかなり寄れるので、様々な場面でとても便利に使えそうですね。

2014年7月11日 | コメント(3)

コメント(3)

高倍率の便利ズームとしては画質はよさそうです。望遠側にズームするとかなり伸びるのが気になりますが。
値段とF値を考えると、防塵防滴が必要ないならボディ2台+レンズ2本(XF18-55mm、XF55-200mm)の運用のほうがいいような気がします。

触りましたが、便利な割りに大きいなぁというのが正直な感想です。
あと、レンズのフロントキャップを普通に平らにして欲しい。
レンズが無造作に置けないんです。

キヤノンのレンズも似た寸法&重さなんですが~

ボディーが小さいとデカク感じるのかな~


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2014年7月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのEマウント機へのボディ内手ブレ補正の搭載は技術的に可能?」です。

次のブログ記事は「オリンパスがフォトキナで新型OM-Dを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る