ツァイスが「Otus 1.4/85」を正式発表

ツァイスが、一眼レフ用の中望遠単焦点レンズ「Otus 1.4/85」を正式に発表しました。

世界最高の中望遠レンズOtus 1.4/85

  • アポクロマート仕様のため、色収差(軸上色収差)は特殊硝材の異常部分分散ガラスによって補正され、規定よりもはるかに小さくなっている。
  • 夜景撮影では、レンズの収差も顕著に表れるが、優れた倍率色収差補正により、均一な明るさに照らされた被写体なども完璧に再現。
  • ZEISS Otusの場合は、軸上色収差を極限まで抑え込んでいるため、カラーフリンジ(偽色)は存在しない。
  • 非球面レンズ設計は、画像周辺部の鮮明さや焦点レンジ全体を通じての一貫した画像性能を保証。
  • 製品仕様
    - 絞り値: f/1.4-f/16
    - 撮影距離: 0.8m-無限遠
    - 画角: 28.24度/23.71度/15.97度
    - レンズ構成: 9群11枚
    - 再近接撮影範囲: 278.85mm x 185.61mm
    - フィルター径: M86 x 1.00
    - サイズ: ZF.2は138mm、ZEは141mm
    - 質量: Zf.2は1140グラム、ZEは1200グラム

 

話題のツァイスのOtus 1.4/85 が正式発表されましたが、85mmの焦点距離で全長138mm(141mm)、重さ1140グラム(1200グラム)は、本当に巨大で重いレンズですね。レンズ構成も11枚中に6枚の異常部分分散ガラスと1枚の非球面レンズを採用した贅を尽くした仕様になっているようです。なお、サンプルはflickrで確認することができます。

2014年9月 8日 | コメント(16)

コメント(16)

後玉が小さいのかなと思ってたらフィルター径が86mmですと・・・

レンズ構成はプラナーではないのですかね。
どちらかというとディスタゴン系のレンズに見えますが・・・

この勢いで、等倍専用の超高性能マクロレンズなど、出してくれると、面白いですね。
めざせ、打倒、Nikon Rayfact!

これは、買う。現行の 85mmf1.4注文してしまったが二つとも使ってみたい!

この勢いで135mmやマクロ100mmも出して欲しい。
一生もののレンズだと思う。

サンプルを見たが、これは凄いなぁ。55mmよりもよい。

サンプル見ましたが、目を疑う様な性能のレンズですね。
画角こそ違えど、Otus55mmよりもポテンシャルは上だと思います。

ですが・・・知識も無いのに生意気な事を言わせて頂くと、
球面収差の処理が不完全な気がしています。
というのも用途によりとは言え、やはり85mmには後ボケの綺麗さが求められます。
球面収差の補正を行う際(二線ボケが前後のどちらに出やすいかを調節する際に)、
なぜ前ボケを汚くしようという発想に至らないのでしょうか。

サンプルを見る限り、ボケていく量の適正さは前後ともに目を疑うほど素晴らしいですが、
後ろの二線ボケが目につきます。
究極の描写と称するならば・・・極力ボケに拘って欲しかったと思うのです。

かつてのDC Nikkor135F2や旧タムキュー、ミノルタソニー135mmSTFなどの後ボケは、
その後ボケの中に宿る優しさに驚愕したものでした。
近く富士フィルムからAPDレンズが発売予定と聞いて心底嬉しく思いましたが、
やはり日本人とはボケに対する価値観が少し違うのでしょうか・・・

400ドル前後ではおめおめ買えないという事もありますが、
個人的には今後予定されるSTFやAPDレンズの方に期待しています。

これは・・・超弩級ですね。
5D Mark2でのサンプルで、度肝を抜かれたのは初めてです。
フルサイズが欲しくなってくる。

>obさん

ツアイスのレンズはボケにこだわらず、大体2線ボケ傾向です。
しかし、合焦したポイントのシャープネスとその前後の立体感を重視しての結果で、ボケを気にするとツアイスの求める描写が出せないんだと思います。

obさん
ツァイス純正レンズは方針的にボケは二の次ですよ。というより、考慮していないといった方が正確でしょうか。
数値化できる描写性能(解像など)こそ命と思った方がよろしいかと。

手ぶれ補正あるといいな、という気持ちはわからんでもないが、レンズの最高性能を出そうと思うとSS確保して止めざる得ないと思うのですよ。ブレ補正で止まったように見えててもやっぱり緩い気がします。それなら廉価ズームでええんちゃう?

文句なしに凄いですね、中判と見分けがつく人はいないのでは?と思いました。つぎはどんな広角を出してくるのか楽しみです。

kairiさん
私も同意見です。
Touitシリーズをフジノンと比べた時もツァイスは解像最優先でボケ味は二の次三の次という感想を持ちました。

やはり相当に魅力的なレンズですね。1本は持ちたいレンズ。
本体デザイン的には今一と思いますが、性能がそれを凌駕している感じですか。(日産GTRみたいな)
何人かの方が行っているように、100㎜マクロを期待したいですね。

これはすごいですね
50mmではシグマartがかなり迫りましたが、これに対抗するのは流石に厳しいかも
otusシリーズが揃ったところでα99ⅡをベースにしたNマウント機復活でさらなる本来の性能を解放とかのシナリオがあるんじゃないかと期待

ツァイスに関してはボケは性能評価の対象に入れていないのでこういうものじゃないでしょうか
オールドツァイスのボケが素晴らしいという話がありますが、あれは非球面レンズ採用前なため、ピンが来てる部分での解像度の高さとのコントラストがより良く見せている側面もあると思います

XフォトグラファーのAプロが毎日D800Eとの組み合わせによるサンプルアップされてますね。
絞っても他のツァイス同様に口径食はでてますね。
ニコン58f1.4の方がボケが自然で好みですが、色味はやっぱり美しいですね。

ボケに関して、ツァイスに期待するのは野暮というものでしょうね(笑)。
昔からこういうレンズですよ。
彼らにはボケ云々という概念が欠落しています。なにしろ「ボケの味わい」は数値化できませんからね。彼らのコンピューターに乗らない(笑)
かって日本のマスコミがツァイスとインタビューをしてもそこが絶望的にかみ合いませんでしたからね。
「こちらはピントの合っている部分のMTFを必死に上げようとしているのに、なんでピントの外れた部分のことばかり言うのだ。」と。
実際、ハッセルのプラナーはちょっと絞るとほんとうにボケが汚かった。おまけに絞りの形が5角形で。

その逆はキャノンでしょうね。解像力を落としてもボケを優先にしている。いや、正直、落としているのか上げられなかったのか本当のところはは分かりませんけど。絞りの枚数も多かった。特に昔のレンズは嫌になるくらい多い多かった。

今回のレンズの、硬くクリアーすぎる描写はポートレート写真家にはあまり興味を惹かれないでしょうね。でも天体写真だと凄い写真が撮れそうな予感がします。あと報道写真の人はズームしか使わないでしょうし、とても狭いセグメント(お金持ち系)を対象にしたレンズかもしれませんね。

確かにcanon userさんのおっしゃるように、日本のグラビア写真などのポートレート写真はキャノンがデファクトスタンダードですが、このレンズは海外のVOGUEなどのハイファッション誌やファッションブランド広告のポートレートで今後広く使われると思います。

ボケに関しては今は海外でも日本語のBokehが定着していますし、そもそもここに出ているオフィシャルのサンプルのほとんどがボケを見せていますから、そこはZEISSも無視してる訳ではないと思います。もともと西洋の写真文化ではボケそのものを悪としているところがあった訳で、そこが変わってきたのは日本人の功績もあると思いますが、いまでも「純粋に光学的な要因で不可避的におこるポケ」だけを認めているということであって、積極的にボケを作っていくという考えには抵抗があるような気はします。自分もそういうわざとらしくボケをデザインしているようなレンズには抵抗があります。

霞のようにすっきりとした日本人好みのボケは日本の風土と水墨画などの伝統からきているようにも思われますし、つまり西洋人が積極的にボケを作ってきても日本人の好みのボケになるとは言えませんから、もしかするとこのレンズのボケも西洋人が最高と感じるBokehだということなのかもしれません。

個人的にはこういうZEISSのボケは非常に魅力的なボケだと思いますし、日本人でもそう感じている人は少なくないですから、ボケの質に関しては結局個人的好みの問題であって、善し悪しではないのでしょう。古いレンズのグルグルボケが最高のボケだという方も大勢いらっしゃるようですし。

肝心のMTFですが、想像していたほど凄くないという印象です。
通常、標準より中望遠の方が性能が高いものですが、MTFを見る限りこのレンズは設計性能でOtus55mmに劣っているのではないでしょうか?

85mmは他社も高性能なものが多いので、他の標準レンズを大きく引き離していた55mmと比べると、この85mmの傑出度は高くないような機がします。
現行シグマの85mmともそんなに変わらないのではないでしょうか?あくまで設計性能としては、ですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年9月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-M1シルバーと1.4xテレコンバーターの画像」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX100Tの斜めと背面の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る