ツァイスがフォトキナで新型Otusを含む2本の交換レンズを発表?

Photo Rumors に、ツァイスがフォトキナでLoxiaに加えて更に2本のレンズを発表するという情報が掲載されています。

Zeiss updated their Photokina teaser -- more lenses to come

  • ツァイスがPhotokinaのティーザー広告をアップデートした。2本のLoxiaが既に発表されているが、まだ未発表のレンズが、少なくと更にあと2本ある。

    そのうちの1本はOtus 85mm  F1.4 (Otus 24mm F1.4の可能性もある)になると考えている。ツァイスは、2012年に約束していたZMレンズ(ライカMマウント用の大口径レンズ)も発表するかもしれない。

 

ツァイスは新しいLoxiaシリーズの発表で既に話題を集めていますが、フォトキナではまだ他にも新製品を用意しているようですね。Otus 85mm F1.4 は、昨年、ツァイスがインタビューの中で正式に開発を認めていたレンズなので、このタイミングで登場しても不思議はなさそうです。

2014年9月 4日 | コメント(4)

コメント(4)

ZMレンズ出すなら、ついでにLoxia Ver.もほしいですな。

コシナのZeiss-Ikonも廃盤になった現時点で新しいZMレンズを出しても余り意味がないと思います(Bessaはかろうじて現行機種で残っているようですが)。BessaのMマウントならばVMレンズの方が面白そうです。エプソンRD-1も廃盤になったしコシナもLoxiaに集中した方が良いと思います。あと、LoxiaはソニーのFE以外の他社のFFミラーレスも見越しているとの記事をどこかで見ましたが、そういう話しは根も葉も有る噂なのでしょうか?。あと、少し考えたのですがCZ本社は現在はカメラ本体を自ら出していないのですがら儲かるハズのレンズ商売だけならば、もう少しリーズナブルにしてくれても良いと思うのですが(ソニーとかはボデイは利益薄でレンズで利益補填する傾向もあると思うので)。

デジタルツァイスイコンって作っても売れないのかな。
勿論RFはそのままで、中身α7系のモノクロ機とかだと
30-40万ぐらいなら買ってしまいそうなのですが。

loxiaは果たしてどれ位の数が出るのだろう?
touitより多いのだろうか?
SONY α7ユーザーしか恩恵を得られないレンズで、ソニーツァイスともモロかぶりする焦点距離で、ここの読者が反応するけれど、実際購入するユーザーはコシナツァイスを持ってるわけで。

otusに注力するのはわかるけど、そんなにリソースあるように思えないから、touitを拡充して欲しいな。
マクロプラナー100mmキボンヌ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年9月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS 7D Mark II の発表はフォトキナ直前になる?」です。

次のブログ記事は「ソニーがフォトキナで3本の新しいFEレンズの開発を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る