ソニーが「Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS」を正式発表

ソニーが海外で、Eマウント用の超広角ズーム「Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS」とフラッシュなどのいくつかのアクセサリーを正式に発表しました。

Sony rolls out Zeiss FE 16-35mm F4 wide angle zoom and HVL-F32M flash

  • ソニーがEマウント用の「Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS」と、HVL-F32Mフラッシュ、XLR-K2M XLRオーディオアダプターキットを発表した。
  • 「Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS」はフルサイズ対応で、手ぶれ補正が内蔵され、防塵防滴仕様だ。価格は1350ドルで11月に発売される。
  • HVM-F32M フラッシュは、ガイドナンバー32で、防塵防滴構造になっている。価格は300ドルで12月に発売される。XLR-K2M XLR オーディオアダプターキットは600ドルで10月に発売される。
  • FE16-35mm F4 ZA OSS のスペック
    - 絞り羽根は7枚
    - レンズ構成は10群12枚、非球面5枚、EDレンズ3枚
    - 最短撮影距離は0.28m
    - 最大撮影場率は0.19倍
    - 光学式手ブレ補正
    - フルタイムマニュアル
    - 重さ518グラム
    - 全長99mm、最大径78mm
    - フィルター径72mm
    - 防塵防滴

 

EF16-35mm F4はFE24-70mm F4 より少し大きく重くなっていますが、それでも一眼レフ用の16-35mm F4と比べればずっとコンパクトですね。このレンズはMTF特性図を見る限りでは、かなり性能が良さそうなので、実写性能にも期待したいところです。価格は、このクラスのレンズとしては標準的でしょうか。

2014年9月16日 | コメント(12)

コメント(12)

GN32のフラッシュ、待ってました。
ニッシンi40と比較して、よければ購入。

よかった~。
7Rを2台体制にして良かった~。

防塵防滴仕様ということは
将来ボディもそうなるんでしょうか

α9が防滴防塵使用で出るという布石ですね。

α7シリーズ、α900、α99、α77シリーズは、忘れがちですが防塵防滴ですよ~
(α700もだった気がしますが、忘れました(笑))

私はα7の防塵防滴に対しては少し懐疑的です。先日、話を伺ったソニーサービスの方の見解も似たようなものでした。過信はしない方が良いと思います。

それはともかく、RF用広角レンズ使用時の周辺流れを考えると、このレンズ、期待しています。

え~~っ、11月なんですか。
7R発売と同時に買いましたが、ワイド待たせすぎです…

これだけ待たされるとD810のシステムが羨ましくなってしまう。
激重だろうけど!

フルタイムマニアルですか、やっとツアイスらしいレンズの
登場ですね。

フルタイムマニュアルフォーカスですかー。
いいですね~。
最短撮影距離も短いので、寄った時に威力を発揮しそうですね。
ま、でも広角レンズですが。

結局ソニーからはAマウント関係のものは一つも出ないようですね。Eへ軸足を移しているのが鮮明になってきた気がします。

Eマウントのフルサイズ充実化、進んでますね。機械としても面白いなと思うので、Xからの移行を考えてます。なんとなく、ワクワクするのがいい(笑)
でもGとツアイスは確かに区分けが難しい感じが。階層分けしないんでしょうかね。

Aマウントは一見音沙汰がないものの、何やらサプライズがあるらしい噂が聞こえてくるので、それを楽しみにしてます。
今レンズを出さないことも、その辺りが理由のひとつなんでは。

ソニー製品情報メール

日本でも正式発表が^^


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが「T*FE35mm F1.4」など4本のFEレンズの開発を発表」です。

次のブログ記事は「リコーイメージングが「HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR」を含む3本のKマウントレンズをフォトキナ2014に参考出品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る