DxOMark にキヤノンPowerShot G7 X のセンサースコアが掲載

DxOMark に、キヤノンの1インチセンサーのコンパクト「PowerShot G7 X」のセンサースコアとレビューが掲載されています。

Canon PowerShot G7 X review 

 

     G7 X        RX100M3  
Overall Score
(RAWによる
センサーの総合点)
71 67
Color Depth
(色の再現域と分離)
23 22.4
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
12.7 12.3
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
556 495

  • G7 X のセンサースコア71 は高位にランクされており、初代5DやD300S、GX7、GM1に匹敵するスコアで、同じ1インチのNikon 1 シリーズより勝っている。
  • 色再現は23と高い値で、ダイナミックレンジも12.7EVで広い。高感度もこのセンサーサイズとしては良好だ。
  • RX100M3との比較では、G7 X がISO1600までのダイナミックレンジで若干上回っているが、両機のセンサーはおそらく同じものだ。

 

キヤノンはインタビューでG7 X のセンサーは社外製であることを示唆していましたが、ダイナミックレンジのグラフやスコアから見て、ソニー製である可能性が高そうです。ただ、キヤノンの方が色再現、ダイナミックレンジ、高感度の全ての項目で少しずつ良好なスコアになっていて、総合点ではRX100M3との違いが4点と、同じセンサーにしては少し差が付いていますね。

[お願い] DxOの信憑性やデータの見方など、DxO自体に関するコメントは引き続きDxO全般のページでお願いいたします。

2014年10月26日 | コメント(23)

コメント(23)

同じセンサーでも作りこみで記事のような差が出るものなんですねぇ。
G7Xで残念なのがファインダーがないことではないでしょうか。
各社ファインダー装備になってきているのに、キヤノンだけオプション設定もなし?
屋外で撮影する人にはかなりのマイナスだと思います。

良い感じですね。欲しくなってきましたが、RX100M3があるので我慢します。

同じセンサーを使っていてソニーよりもスコアが良いのは、キヤノンもニコンも処理エンジンが優秀だからでしょうか?

mさん

ニコワンのイメージセンサーは、ソニー製ではなく、Aptina製だったと思います。

ソニー製のセンサーを採用したメリットが出ていますね。
高感度はG1X Mark Ⅱとほぼ互角、色深度は70Dとほぼ互角、ダイナミックレンジは1DXより1段広い、という結果です。
来年早々にキヤノン内製の高画素センサー発表の噂がありますが、これで世代が変わって、コンデジからフルサイズまでソニーセンサーに匹敵または凌駕する性能になれば良いのですが。

こんなの見せられるとさらに欲しくなりますね。
スコアの差が画像処理の差なのか、レンズの差なのかわかりませんが
もしそうだとしたら純粋なセンサースコアでは無いような気が…。
レンズ一体だとレンズをそろえることもできない分は何か考慮してのスコアなのでしょうか。

以前から言われていた、ソニー製センサーにデジックの理想の組み合わせが現実になりましたね。できるなら一眼でも見てみたい気がします。来週G7X、買います。

キヤノンが上回っていることに異論はありませんが、
この差をDxOの数値でなく自分で知覚できる人が
はたしてどれだけいるのか。

ちょっと予想外な数字ですね。
あとはも少し細かく設定できれば良い感じになりそうです。
ぜひ後継機を作りましょうキャノンさん。

DxoMarkってセンサーのスコアだから画像処理エンジンは一切関係ないのでは?

差がどの程度あるのかわかりませんが、DIGIC6の性能がBIONZ Xより優れているってことだと思いますな。

こうなるとDIGICのα7とか見てみたいなぁwww

APS-Cの70Dより高いですよね
もしかして7D2は高性能なセンサーなのかな?
ちょっとワクワク(笑)

普段DxOの測定はキヤノンに不利と言われる方が多いですが、珍しく逆の結果となっていますね。
やはりイメージセンサーはソニー製が優秀ということでしょうか。

センサースコアと、レンズのスペックだけでみたら
F2.8通しレンズ付けた少し前のAPS-C機を上回る性能が
ポケットサイズなったような感じですね! 良い時代です。

この結果自体はセンサーとレンズ性能の純粋なスコアなのでしょうが、
カメラ全体の性能に関してはG7Xは未だ詰め切れていない部分を感じます。
私はこのスコアを見る前にYouTubeのTheCameraStoreTVチャンネルで
G7XとRX100M3の比較映像を見ていましたが、
G7XのフォーカスRX100M3と比べ遅いような場面も見れましたし、
jpgかもしれませんが岩肌を写した暗所比較ではRX100M3との差は大きいようです。
DxOの比較では同じシリーズでも旧機種の方がスコアが良いことも多いので、
この結果だけがカメラ描写性能の全てとは考えないほうが良いのかなと感じます。
ボディデザイン等はG7XがSシリーズに似て扱いやすそうなので
未だ微調整可能ならばEOS Mのように早めの改善ファームをお願いしたいです。

Comparometerでくらべると全ての条件で、RX-100M3のほうがいいように見えます。センサーの個体差と考えるのが妥当ではないでしょうか?

センサーサイズが露骨に効くLow-Light ISO以外は、G1XどころかEOS 70Dよりも上で、キヤノン製センサーが如何にこのテストと相性が悪いのかと思います。

すごいスコア。やりましたね~。
キヤノンお得意の後出しですが、すごいと思います。
キヤノン、やはり力あるんですね。
これは欲しくなるカメラですね。

SONY製センサーを搭載するのは良いですが、それとは別にレンズ固定式の場合どうやって純粋なセンサー性能を測定してるのか、そちらの方が気になります。

センサーの測定じゃなくRAWデータの測定だと思いますよ。RX100m3の高感度側にsmoothedというデータが出てますからね。

センサー性能さえ伴えば、ディジックマジックがあるたけに、
これは待ち望まれた組み合わせですね。

曲面センサーってことはないですかね。

Rawの比較ですよね?
Jpegの写りは、RX100m3の方が良いと思ったのですが
画像処理がSONYの方が上手いと言うことでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年10月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンから2015年に4K対応のEOS、Cinema EOS、VIXIAが登場?」です。

次のブログ記事は「イギリスのAmazonでキヤノンEOS 6D がディスコン扱いに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る