シグマdp1 Quattro は画質は際立っているがボディが大型化したのが残念

ePHOTOzine に、Foveon Quattroセンサーと換算28mmの単焦点レンズを搭載したシグマのコンパクトカメラ「dp1 Quattro」のレビューが掲載されています。

Sigma dp1 Quattro Full Review

  • デザインはかなり変わっていて、グリップが前方ではなく後ろ側に回りこんでいる。結果として、片手で撮影しようとすると、レンズヘビーに感じるので、このカメラは両手で操作するのがベストだ。
  • ボディはしっかりとした金属製で、造りは極めて良好だ。
  • 暗所でAFを補助するフォーカスアシストLEDが搭載されているが、暗い状況ではAFはとても遅くなる。フォーカスポイントは9点で、測距点のサイズを標準とラージから選択することができる。
  • 背面の3インチ92.1万ドット液晶モニタは、リフレッシュがそれほど速くなく、撮影時にブロックノイズが見える。モニタはギャップレス設計で視野角はとても良好だ。
  • メニューシステムは非常によく出来ていて、項目を見つけて設定を変更するのは容易だ。
  • バッテリーライフはCIPA規格で200枚で、これは平均を下回っている。しかし、予備のバッテリーが同梱されており、トータルでは400枚のまずまずの枚数が撮影できる。
  • 動作速度はシャッターレスポンスは非常に速い(0.05秒)が、AFは遅いほうで、撮影から次の撮影までの間隔も長い(フラッシュなしで2.5秒)。連写はJPEGでもRAWでも4.2コマ/秒(7枚まで)で速いが、7枚をメモリーカードに書き込むにはしばらく時間がかかるので、特にRAWの場合は、ハイスピードなメモリーカードの使用を推奨する。
  • 色再現とJPEG出力は旧型と比べると顕著に改善されており、(Merrillと比べて)RAW現像の必要性は少ない。露出は信頼でき、ダイナミックレンジは良好だ。肌のトーンは標準設定ではコントラストが少し強いがポートレートの設定ではとても良好だ。JPEGは標準設定ではシャープネスが強すぎて不自然さがあるが、RAWからの現像では問題ない。
  • レンズは、JPEGでは補正をOFFにしたときには色収差が問題だが、RAWでは色収差はSPPを使って容易に補正することができる。ディテールは画面全域で素晴らしく、各ピクセルがフルカラーの情報を持っているので、画素毎のディテールのレベルは素晴らしい。周辺光量落ちはF2.8では少し見られるが、絞ると素早く解消する。歪曲はとても小さい。最短撮影距離は20cmで、クローズアップ撮影にはあまり向かない。
  • ISO100とISO200はノイズが少なく、ディテールは卓越している。ISO400ではまだ良好な結果だが、ノイズが増え、ディテールも若干失われる。ISO800ではノイズが強くなり、可能ならこの感度を避けることを勧めるが、とは言え、リサイズしてWebで使用するか、ノイズを処理すればまだ使えるかもしれない。ISO1600とそれ以上の感度では、ノイズが極めて多く、ディテールは少なくなるので使用を避けるのがベストだ。ISO3200では色が顕著に失われる。これはISO6400でも同様だ。
  • オートホワイトバランスは白熱灯ではまずまず良好で、白熱灯のプリセットでは暖色・黄色に傾く。蛍光灯ではオートホワイトバランスは良好で、蛍光灯のプリセットはグリーンに傾く。
  • 価格は899ポンドで、コストパフォーマンスはまずまず良好だ。予算が限られている人には、旧バージョンのMerrill が現在では素晴らしいコストパフォーマンスだ。
  • dp1 Quattro は旧型のMerrill よりも顕著に大型化され、ポケットに入るサイズではなくなったのは残念だ。画質はディテールに富み、シャープでカリっとしていて色再現も素晴らしいが、JPEGの画質にはいくらか問題がある。ピクセルレベルのディテールは驚くべきものだが、ISO400以上ではノイズが増えるという欠点がある。dp1 Quattroの画質が好みなら、価格はとてもリーズナブルだ。旧バージョンのユーザーは、Quattroの画質改善に投資する価値が十分あるだろう。
  • 良い点: 4.2コマ/秒の連写、使いやすいQSメニューシステム、2個のバッテリーが同梱されている、ホワイトバランスが大幅に改善、際立ったピクセルレベルのディテール、とても良好な色再現、旧型と比べてノイズ性能が改善、2軸電子水準器。
  • 悪い点: 動画モードが無い、自動パノラマモードが無い、SPP6の動作が遅い、JPEGの色収差と不自然さ、旧型よりもボディが大幅に大きい、撮影から次の撮影までの間隔が長い、ISO800のノイズ。

 

新しいQuattroセンサーの画質に関してはユーザーの間でも賛否両論あるようですが、サンプルを見る限りでは、色再現はMerrillと比べて自然になっているという印象です。

JPEGも完璧ではないようですが、旧型と比べるとだいぶ改善されているようなので、この点では使い勝手は良さそうです。ただ、ボディが大きくなったのは、使い勝手の上では少しマイナスになりそうですね。

2014年12月 6日 | コメント(11)

コメント(11)

merrillユーザーですが絵作りの方向が変わってしまったのは残念です。
高感度&バッテリー&書き込み時間だけのアップグレードが実現したらベストだったのですが・・・。

画質は凄いですか、サイズは確かにですね。
形状から、気楽に鞄に入らないですし、これで撮影してたら、地味に目立ちます。
もっとオーソドックスな形状が良かったですね。

コンパクトカメラから特殊用途の専用機に脱皮を図ったと考えたほうが良いのでしょうか。使うとわかる素晴らしいシリーズなのでブレずに進化を続けてほしいですね。

DP2Q使ってますが、ポケットサイズじゃないのは地味に痛いです。
だいたいの人に「え!何それ!」って言われる形状です。
まぁハマった時の画質はどのカメラも超えるから使っちゃうんですけどね。

快速快適。は他メーカーに任せて、
画質だけを追い求める姿…がシグマでしょう。

ついつい
この!高画質で万能に撮影できたら、なんて思ってしまいます。
カメラやレンズ、SPPと格闘して納得の1枚を撮るのが
シグマの楽しみ。

シグマへ画質で期待する 次の進化は、
 センサーサイズ です。
SDならArtシリーズレンズを本来の画角で撮りたい。
DPはさらなる「いつでも持てる高画質。」です。
商売上厳しいのでしたら、DPを中判デジタルバックに流用!!

これこそユーザーの勝手な夢想。失礼しました。

もともとDPシリーズは気軽にというカメラではないと思うので持ち運びとかきになりませんですし、
個人的にはそんなに持ちにくいとは思わないですが...
まぁそれぞれですものね。

メルリ比でノイズ耐性が大して向上しておらず、
むしろ低感度ではクアトロの方がノイズが目立つぐらい。
中途半端な画素数アップよりこの点に力を注いでほしかったです。

動画機能がないというのはむしろ長所な気がする。
もともとDPで使う人がいたのか疑問なので不要な機能は潔く削ったほうが良い。

DPは、持ち運びに関しては気軽できないと存在意味がないと思う。
大荷物でもいいならそれこそSD系でいいんだし。

個人的にはMerrillですら大きいと思うくらいなので、今回のQuattroはもう残念の一言。
店頭で現物の大きさを見たときには目が点になりました・・・

Merrillで不満だったレスポンスの遅さを解消するため、カメラに詰め込まなきゃいけない部品ありきであの形にしたという流れですからね。サイズアップはしょうが無いです。

普通のカメラをSIGMAで作っても売れないでしょうから、
サイズを捨てて極端な方向に走ったのは正解だと思うのですが
メリルのマイナーアップデートバージョンも併売して欲しかったと思います。
そこまで開発、生産の余裕ないのかな・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年12月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7 II の5軸手ブレ補正の効果のテスト記事が掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーα7 II はサードパーティー製レンズでは手ブレ補正が3軸のみになる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る