フォクトレンダーNOKTON 10.5mm F0.95 の価格は1250ドル

海外で、コシナのm4/3用の超広角単焦点レンズ「フォクトレンダーNOKTON 10.5mm F0.95」の価格が発表されました。

Voigtlander releases price of forthcoming 10.5mm f/0.95 lens

  • フォクトレンダーが、2014年9月のフォトキナで展示された超広角レンズ10.5mm F0.95の価格を発表した。フォクトレンダーNOKTON 10.5mm F0.95 はマイクロフォーサーズ用で、発売は今月末、価格は999ポンド(北米での推定価格は1250ドル)になる。この価格は現行の17.5mm F0.95 よりも若干高く、25mm F0.95 と42.5mm F0.95 よりも20%高くなっている。
  • レンズ構成は10群13枚で、重さは586グラム、最小絞りはF16で絞り羽根10枚の円形絞りを採用している。最短撮影距離は驚くほど短く17cmだ。フィルター径は72mm。

 

フォトキナで開発発表されていたNOKTON 10.5mm F0.95 ですが、換算21mmの大口径広角レンズなので、かなり高くなるかと思っていましたが、北米の価格は1250ドルということで、常識的な価格に収まりましたね。

このクラスのレンズには、パナソニックやオリンパスのレンズが存在しないので、AFが不要ならとても魅力的な選択肢になりそうです。

2015年4月 4日 | コメント(7)

コメント(7)

おっ、思ったより安かった。買いです。

他の0.95と較べて売れる本数すくないだろうということを考えると
かなりのバーゲンプライスなんじゃないでしょうか。
Mフォーサーズで星撮りしたい人にはたまらないレンズでしょうね。

一昔前には特殊レンズの21mmでF0.95が民生品として販売されることに驚き!

スペックから考えると、格安なF0.95シリーズ。
でもツァイスなんかに比べると描写性能も価格なりなのが。

17.5mmと25mmを買ったけど、最低F2.8、できればF4まで
絞らないと全面良く結像しない。F1.2~F2.8あたりで同じ
絞り値に絞っても他社製の方が良く写るので、結局防湿庫で
眠ったまま。ボケがきれいじゃないの痛い。
開放のF0.95のぽわっとした雰囲気や大きなボケやらで楽しむ
にはいいけれど、今回の10.5mmはもちっと光学性能上げてきて
欲しいな。
それとも、存在自体でありがたく思うべきなのだろうか。

あれ?円形絞りってシリーズ初ですよね。
私の無知ゆえに見当がつかないだけかもしれませんが、
何か理由があるのでしょうか。

10.5mmF0.95ですが、
5月20日付けでCOSINAサイトに正式発表されてました。
ひっそりと。
記事が上がっていないのがなんだか可哀想になってきたので、
初ですが投稿しておきます。

風紋さん
コメントありがとうございます。
NOKTONの記事を公開したつもりで、非公開になっていました。
ご指摘いただき助かりました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムは有機センサーの開発を続けている」です。

次のブログ記事は「ニコンCOOLPIX P900 は換算2000mmで手持ち撮影が可能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る