オリンパスが海外で「STYLUS Tough TG-4」を正式発表

オリンパスが海外でTG-3の後継となるタフカメラ「STYLUS Tough TG-4」を正式に発表しました。

Olympus Stylus Tough TG-4 to offer Raw capture

  • オリンパスがタフコンパクトの新しいフラッグシップ機「STYLUS Tough TG-4」を発表した。TG-4 はTG-3 から控えめに進化しており、言い換えるとRAWでの撮影に対応している。
  • このカメラには、TG-3と同じ16MPの裏面照射型CMOSセンサーと、換算25-100mm F2-4.9のズームレンズが採用されている。水深15mの防水、耐荷重100kgf、耐衝撃2.1mで、耐低温はマイナス10度だ。その他の機能として水中HDRモード、ライブコンポジットモード、Wi-Fi、GPSを搭載している。
  • TG-4の価格は、北米で379.99ドルで発売は5月。

 

以前に何度か噂の流れていたTG-4が、海外で正式に発表されました。主な改良点はRAWに対応したことで、本当のマイナーチェンジモデルですが、コンパクトでもRAWが必須という方は結構多いようなので、これはこれで意味のあるモデルチェンジかもしれませんね。

2015年4月13日 | コメント(22)

コメント(22)

やっとRAW対応しましたか〜
あの不自然などぎつい青が苦手で今まで買わなかったんですが、
RAWで撮れるなら欲しいです。

一番期待していた「フォーカスブラケットモード撮影用の深度合成ソフト」はついてこないようですね。残念。
とはいえ RAWは魅力。
日本での正式発表はまだかな。詳しく知りたいです!

やはり期待外れでしたね。RAWは確かに有効かもしれないが・・・やはり大型のセンサーの搭載が望まれる。気になるのはTGシリーズが廃番と云う噂があるみたいだが真相はどうなんだろう。TG-5がないならマクロ重視の1/1.7型辺りの新シリーズを希望。

マクロ機能を活かすには、TGシリーズにセンサーの大型化は不要でしょ?

本当に「4」なんですね(*_*)
「四」は「死」と忌み嫌う、日本古来の語呂合わせは止めたんですね^^;

ついに、RAW対応ですか。凄い!水中用のサブカメラの候補になりそうです。(ブルーが不自然で買う気になれなかった)ニコンのAWも、魅力的ですが、ハウジングがないのでワイコンが使えないのが欠点に思え、TG4がどうなるか期待してました。3のハウジング使えるのかな?

TG-860もいつの間にか発売していましたね。
私もこのtoughシリーズに大型センサー化を望んでいたこともありましたが、このシリーズは小型センサーを活かしたマクロ撮影が一番の強みですから、多くは望めないですよね。

TG-860は国内で発売されたら手に入れたいと思っています。

他にない面白いカメラなので深度合成やフォーカスブラケットに拘って欲しい。距離を長くして!

液晶モニターが92万画素なら買いたいです。TG-820では100万画素なので未だにTG-820を使っているからです。

このカメラは主に、水中撮影ユーザーとマクロ撮影ユーザーにはっきり分かれるので、将来的には大型センサーを搭載してマクロ機能は重視しない水中用カメラが派生する可能性はありますが、TG一桁シリーズとは別ラインでやって欲しいですね。

超広角15mm程度と、50-100mm程度のマクロの切り替え式で、水深40m、マイクロ4/3、4k動画、とかでないかな?

変更点がホントにraw対応だけだとしたらちょっと酷いですね。stylus 1sのときのように、TG-3もそのうちファームアップで対応するんでしょうか?

> オリルさん
リンク先の記事によると、46万画素で据え置きのようですね。

いざというとき、RAW現像である程度救済出来るという安心感はありますね。
1/2.3型センサーにとっては過酷な環境で撮らざるを得ないときなど。
記録写真などでは、RAW現像前提で、-3EVかつISO2000程度にしてどうにか手持ちで行けそうなSS稼ぐとか

1/2.3インチのデメリットよりもメリットを活かすことに特化したカメラ。そんなところが好きでTG-3を購入しておりました。唯一の不満がRAWなし。これが解消されるなら、理想のコンパクト。買い替えよう。

raw対応に期待する人をターゲットにするなら
せめてマクロ考えても1/1.7サイズは入れられないのだろうか?そして時代遅れな低画素モニターはどうかと…

1/2.3インチのメリットを活かすことによるマクロでしょうが、それならば敢えて1200画素辺りにダウンして画質向上出来ると素人には思えるんですが営業畑から無理だったのかな?次は是非1/1.7型1200画素辺りで今以上の画質向上をお願いしたい。stylus1s並みの画質になれば今の一眼から乗り換えたい。

センサー大きく&明るさを欲張れば、レンズが大きくなるでしょうし、マクロを捨て、TGとは別ラインになるでしょうね。

もしセンサーを大型化するにしても
・1/1.7型センサーなら 換算21~50mm /F3.5~5.6
・1型センサーなら 換算21mm f/4 単焦点
ぐらいにとどめておかないとかなりゴツくなってしまうのでは?

換算21mmであれば、水中では換算28mm程度になりますし、オプションでフィッシュアイコンバータ対応すればなお良し。
陸上は「自分撮り」でアピールしやすい画角でしょうし。 4K動画(30pで可)にも対応すれば、カメラマニアよりも、ユーチューバー等にアピール出来そうですね。あとCALSモード付きは「工一郎」で、換算21mmが使えれば引きが撮れない建築現場では喜ばれるでしょう。

ただし、防水カメラ全般に思う事ですが、充電は 「Qi」規格ワイヤレス充電が必要だと思います。
陸に上がってバッテリー交換するにしても乾かさないとイケナイので。陸上でも濡れたまま充電出来るに越した事は無いです。
Qiなら、実験では水中での充電も成功していますし、ダイビング中に万が一バッテリーが心許なくなったら、その場で充電・・・なんて事も出来るようになれば、一旦陸に上がる必要も無くなりますね

釣り、スノーボード等で使用するので、高画質化を期待したが、
厳しいか

屈曲光学系はセンサーの大きさやレンズ径がボディの厚さで制限を受けるので、大型の素子やそれに見合うだけの径の大きい(画質を維持できる)レンズを組み込むのは設計難易度が高いかもしれません。
以下はTG-1のカットモデルですが、現状の1/2.3型とその光学系だけでも、ボディ内に結構なスペースを占めてしまっています。
http://image.itmedia.co.jp/dc/articles/1209/14/hi_ol03.jpg

fooさん、ご指摘ありがとうございます。
やっぱりそうですか。だからこそこのシリーズのカメラは買わなかったのですが、残念。

TG-3の価格が高騰。先月末から約7000円も上がってますが、TG-4との関係?今後TG-3の価格はどのように動くのでしょうか。

屈曲光学系は、マクロにおいても、防水においても意味がありますね。また、レンズの明るさは、水中においての扱いやすさを決める要素ですね。このカメラのコンセプトから小さいことも重要です。
サイズが大きく、コストの高い物にすればもっとセンサーも大きく出来るでしょうが、1/2.3インチのサイズを活かして、このサイズ・コストにまとめ上げているところが素晴らしいと思います。
流行にながされず、商品の狙いがハッキリしているのがいいな。

位相フレネルレンズを使って、屈曲光学系が小型化できれば、センサーも大きく出来るかもしれないですね。位相フレネルがコストダウンされないかな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DJIが4K動画対応のドローン「Phantom 3 Professional」を発表」です。

次のブログ記事は「パナソニックが間もなく新型センサーを採用したm4/3カムコーダーを発表?[内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る