オリンパス300mm F4 PRO は11月15日の発売を目指している?

43rumors に、オリンパスの300mm F4 PRO の発売時期に関する噂が掲載されています。

Now only one PRO lens is "Missing"...300mm f/4.0!

  • 300mm F4 PRO がPROシリーズで登場していない唯一のレンズで、このレンズが2015年中に発売されることに期待しよう。あるソースが、オリンパスの現在の目標は、300mm F4 PRO を11月15日から発売開始することだと教えてくれた。

 

300mm F4 RPOの発売予定日は、開発発表時に「2015年以降」とだけアナウンスされているので、発売が2016年になってもおかしくはありませんが、このレンズを早く発売して欲しいという声は非常に多いようなので、噂通りに今年中に発売されるといいですね。

オリンパスのPROシリーズのレンズは、どれも非常に評判がいいので、この300mm F4 の仕上がりもとても楽しみです。

2015年5月25日 | コメント(10)

コメント(10)

パナボディなので正直手ぶれ補正が欲しいところだが、一度使ってみたいなあ。

OLYMPUSは今年は攻めますね

PROシリーズが一段落して
コレまでの開発リソースは何所に進むのかが気になる所です

PROシリーズが行き渡ったら
OLYMPUSとしては売るモノが無くなる訳で…
そうなると更に付加価値の高いF2.0ズームとか
F1.4単焦点レンズとかに行くような気がするようなしないような

300mm F4 PRO も待望される製品です。

オリンパス交換レンズの企画は
フォーサーズ時代と比べて格段に良くなったと思います。

12-40/2.8PRO・40-150/2.8PROの2本は
オリンパスの大口径ズームとしては、
桁違いの売り上げ本数ですよね。

ようやくユーザーの要望と製品企画がかみ合ってきて
レンズシステムの魅力を訴えられる段階に来たと思います。

デジタルカメラ市場にいち早く本格参入したオリンパスにとって
本当に長い長い時間を費やしたけど、これからが楽しみです。

やっと・・って感じですね。
待ち時間が長いと、浮気もするし買う気も失せるので早く出して下さい。
とは言え購入判断は、価格(C/P)次第ですが・・X1.4で換算840mm/F5.6は魅力的なので、期待値は大きいです。

>>ぽんたさん

おそらく、E-M1Ⅱの開発、E-M1Ⅲの研究に注力するんじゃないでしょうか?
販売店の人がいってましたが、2020東京オリンピックに合わせてプロ用機材の投入する計画が挙がっているとのことです。


このレンズが使い物になるようだったら、航空ショーの超望遠側はこいつに任せて、主力のキャノンは中望遠に専念させようかなと思っています。

早く出てくれー!(о´∀`о)ノ
ずっと待ってます!!
現在コーワのPROMINAR500mmF5.6を愛用していますが、やはり純正でAFが効く高性能超望遠レンズも欲しいですからね♪(*^^*)

どうせ出すなら、×2テレコンも一緒にお願いしたいですね。

そうすれば、鳥撮りの最強兵器になりそうであります。

F8相当になりAFが効かなくてもかまいません。

どうせ枝かぶりがあったりして、AFでそんなに

撮れる訳じゃないからね。

今年の11月15日は日曜日ですが、過去に日曜日に発売されたことってありましたっけ?

待望のですね このアナウンスでEM-1に乗り換えた私です
願いは小さく軽くですねー お願いします 最後はお値段ですが
それからお願いがもう一つ ズームももう少し明るいのが欲しいなー 望遠ズーム Nikon1の70ー300があの小ささであの明るさですもんね 頑張って下さい

やっときてくれましたか。
もう、首が長くなりすぎてどうしようかと思ってました。

ただ、鳥撮りを考えると、x1.4だけでなく、x1.7のテレコンが欲しいですね。500mmF5.6とか150-500mmF4-5.6あたりの鳥撮りレンズがこの後に考えられているなら良いのですが。

あとは、「宇宙からバクテリアまで」の再現のために、拡大マクロレンズと使いやすい顕微鏡アダプター、マイクロ専用のマクロリングライト、ツインフラッシュ、落射照明装置、ベローズなどなど。「フォトミクログループ」と「マクロフォトグループ」の復活が望まれます。

なにせ、仕事用のマクロでこんなに使いやすい機材はないのですから。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがXF33mm F1.0 の開発を検討中?」です。

次のブログ記事は「ニコンがCOOLPIX P900 の供給不足をアナウンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る