ソニーα6xxx(またはα7000?)に関するいくつかの噂が掲載

SonyAlphaRumors に、ソニーのα6xxx (α6000の上位モデル?)に関する噂が掲載されています。

(SR4) New A6xxx (A7000?) tidbits from trusted sources.

  • これらは2人の信頼できるソース達から入手した真新しい噂だ。過去にこの種のソース達は正しい噂を教えてくれたが、このことは、この情報が正しいことを保証するものではない。以下が彼らが話してくれた内容だ。
  • 新しいα6xxx は、α6000を置き換えるものではなく、α6000の上位に位置する。このカメラには開発用の名前しか付けられていないので、最終的な名称はまだ明確になっていない。α7000と名付けられることもあり得る。
  • α6xxxは、実際は5月上旬の発表が計画されていたが、現在では6月中旬前後の発表が計画されている。
  • このカメラは日本では6月下旬に発売され、他の地域では7月に発売される。
  • これまでに5人のソース達が、α6xxxがα6000の上位に位置すると述べている。

 

α6xxxの詳細はまだよく分かりませんが、この新型機がα6000よりも上のクラスの機種になるという噂は、だいぶ裏付けが取れて固まってきたようですね。このカメラがα6000よりも若干上位のモデルになるのか、より高解像度のEVFや金属ボディなどが採用されたNEX-7クラスのモデルになるのか気になるところです。

2015年5月21日 | コメント(11)

コメント(11)

物の見事に情報が錯綜してますね
かといってすぐに買える訳でもないので気長に待ちます
時期は、X-T10やG7が発表されているので、そろそろ頃合いだとは思うのですが

相変わらずはっきりしないコメントですねえ・・・

α6000使いの希望としては、安っぽいデザインの改善、電子水準器、消音シャッター、高感度画質の向上、軽量化(マグボディ不要)、EVFの改善、マイク端子、とかかなあ

まあ、じっくり待ちましょう。NEX-7が無くなると、ラインは全部αですね。

α6000の上位に位置しα6xxxという形の名称になるのは何か変に思ってたので、やはりα7000が登場するのではないかと期待してしまう。

α6000の上位機種だとしても、WiFiを積まない訳がないから、金属ボディーは無いでしょうね。

ボディはマグネシウムで、
持ち手の部分だけ材質変えて、
Wi-FiやNFCで良いと思います。

どうせなら持ち手ぐらいネジで取り外し出来て、
大小のグリップ、サイズ変更や、
本皮グリップやシリコングリップとか、
高級モデルでカスタマイズが出来ると売れると思う。

噂が交錯してるのか、
それとも発表が伸びているのか…?ですね。

以前、ソニーのデジカメの開発発表の方針として、
それまでの一度に大量には発表せず、
市場を見ながら小出しにしていくように変更する、
とあった気がします。

だとすると、
自社の既存のαの売れ行き、
他社、とりわけ調子がよさそうな新型EOSMなど
その辺の様子見状態で
延期、再延期となっているような気もします。

はっきりいうと、
α6000、5100あたりが値ごろ感が出て、
けっこう売れてるからじゃないかなぁ


>風の余市さん

>はっきりいうと、α6000、5100あたりが値ごろ感が出て、
けっこう売れてるからじゃないかなぁ


私もこの見解に賛成です!
今の6000の売れ行きがSONYの読みよりいいのでは??

キャッシュバックキャンペーンが再々度発表になってたりするのも、発表がズルズルしているのも現行機種の競争力がまだあるうちは出し惜しみしているような気がします

α6000のセンサーをローパスレスにしてくれるだけでいいですけどね。

α6000はやはり安っぽいですよ。
以前cp+で実機を初めて見た失望感を今でも忘れられません。期待して行っただけに、nex7との差があまりに有りすぎました。
極論をいえばnex7のボディーにα6000のナカミ+水準器で私は満足です。

来るのか?次世代アルファーショック!!
昔のアレと似てたら買ってしまうかも


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスのフルサイズ機には画期的なAF機能が搭載されるかもしれない?」です。

次のブログ記事は「キヤノンKiss X7後継機(Kiss X8?)は8月に発売?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る