オリンパス8mm F1.8 Fisheye PROのサンプル画像とインプレが掲載

SLRGear に、オリンパスの魚眼レンズ「8mm F1.8 Fisheye PRO」のサンプル画像とインプレッションが掲載されています。

Olympus 8mm f/1.8 Pro M.Zuiko Digital ED Fisheye (Tested)

  • いつものテストチャートの代わりにサンプルギャラリーを見て欲しい(※魚眼のため通常のテストができないため)。このレンズは満足のいく解像力だ。
  • 問題があるとすれば、恐らく色収差が多いことだ。絞ると色収差は目立たなくなるが、風景の画像では、ハイコントラストの領域に色ズレを見て取るのは難しいことではない。
  • 周辺光量落ちはサンプルから見て取るのは難しい。
  • 歪曲は魚眼なのでタル型が顕著だ。好奇心から、Photoshopで歪曲を修正したものが、サンプルの最後の画像だ。
  • AFは速く、最短から無限遠まで1秒未満だ。
  • 鏡筒は金属製で、フィルター枠は無く、後部にもフィルターホルダーは無い。フォーカスリングは最短と無限遠で止まらずに、どこまでも回転する。
  • m4/3で明るい魚眼レンズを探しているなら、8mm F1.8がそのレンズだ。

 

魚眼レンズのためスタジオテストの数値が計測されていないので、詳細な性能は分かりませんが、サンプルを見る限りでは周辺部までよく解像していて、近接撮影時のボケもなかなか綺麗という印象です。

指摘されている色収差は、確かに周辺部で少し気になりますが、このサンプルでは色収差の自動補正がたぶん効いていない(撮影にパナソニックGX1を使用しているため)ので、自動補正が有効になるボディならほとんど気にならないレベルかもしれません。

2015年5月30日 | コメント(3)

コメント(3)

早くPanaの8mmとの比較を見てみたいです。

高いだけあってよく写りそう

コメント欄もりあがらないなぁ
7-14mmと同時発売だから仕方ないか

他レンズとの比較は気にはなりますが
もう予約してしまったので早く自分の目で確かめたいです。
今年は星景をいっぱい撮ろう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF50mm F1.8 STM は鏡筒の造りが大幅に改善」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS M3 は高感度性能が良好でAF速度が顕著に改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る