DxOMarkにソニーFE24-240mm F3.5-6.3 OSSのスコアが掲載

DxOMark に、ソニーのフルサイズ用の高倍率ズーム「FE24-240mm F3.5-6.3 OSS」のスコアとレビューが掲載されています。

Sony FE 24-240mm f3.5-6.3 OSS lens review 

 テスト機はα7R   FE24-240mmF3.5-6.3   FE28-70mmF3.5-5.6   FE70-200mmF4G 
DxOMarkスコア 20 22 27
解像力 9P-Mpix 16P-Mpix 23P-Mpix
透過 6T 4.9T 4.7T
歪曲 0.9% 0.8% 0.3%
周辺光量落ち -0.9EV -1.5EV -1.3EV
色収差 14μm 10μm 4μm

  • 総合スコアは20で、全体の順位はかなり低く、これまでにα7RでテストしたFEレンズの中では最も低いスコアだ。しかし、高倍率ズームで良好なスコアが出ることはほとんど無いので、このスコアは意外なものではない。
  • 解像力の9P-Mpixは、36MP機でのテスト(※満点は36P-Mpix)であることを考えると、かなり残念なもので、FE28-70mmよりもずっと低い値だ。解像力は広角側の方が良好で、24-50mmではまずまず均一だが、100mmでは全体的に解像力が低くなり、隅の解像力も落ち始める。240mmでは、絞り値にかかわらず隅の甘さがとても顕著だ。
  • 歪曲のスコアは0.9%で非常小さいが、これは24mmの強いタル型の歪曲が35mm以降では改善され良好に補正されていることによる。歪曲は35mmでは良好になるので、実際問題になるのは広角端だけだ。
  • 透過のスコアは6Tで芳しくないが、これは望遠側の値が悪いためだ。周辺光量落ちと色収差は、"OK"の範囲内。
  • FE28-70mmとの比較では、総合スコアはそれほど大きく後れを取っていないが、解像力は顕著に低い。FE24-240mmの解像力のスコアの低さは、望遠側の性能が低いことによるが、広角側はFE28-70mmよりも若干強く、特に開放付近の隅の解像力はFE28-70mmよりも良好だ。
  • FE24-240mmはDxOのスコアでは下半分のランクされ、光学性能はそれほど良くないが、高倍率ズームとしては良好で、ほとんどのカテゴリでニコン28-300mmと同程度の性能(開放付近ではソニーがわずかに良い)だ。望遠側の解像力はいくらか苦しいが、広角側は良好でFE28-70mmに優っている。

 

FE24-240mmは、標準ズームや望遠ズームとの解像力の違いはかなり大きいようですが、解像力の色分けチャートを見る限りでは、広角側は結構よく解像しているという印象です。望遠側の解像力は少々厳しいようですが、旅行用の便利ズームとしては十分な性能かもしれませんね。

2015年5月29日 | コメント(9)

コメント(9)

まあ、24240に劇的な解像力を期待する人もそうそう居ないのではないかと。
このレンズは、α7Sと組み合わせることで取材用カメラとしてめっぽう便利に使えるので、一人で撮影までやる(特にwebの)媒体記者には重宝します。

願わくば、ボディもレンズももう一声安くなってくれると嬉しいところですが。

何度か使いましたが、このスコア通りの実力だと思います。

性能は高倍率ズームとして見れば決して悪くは無いと思いますが、11万円は高過ぎるでしょう。

これはこれでいいのかもしれませんが、標準ズームとしては「24~105(ないし120)mmF4」レンズを出して欲しいものです。

もうちょっと安ければこのスコアでも買うんだけどなぁ…

広角端が24mmの高倍率ズームはコストが高くつくのでしょうか?

高倍率ズームで24mmスタートはこのレンズしかないので、
それだけでもかなりの価値はあると思います
(28mmスタートでも良い人には無駄に高く感じちゃいますけど

こういうレンズの手ぶれ補正を抜いたらもっと良い描写のレンズが作れるんですかね。
ボディ内手ぶれ補正が出てきた今、安直ですがそういう風に考えてしまいます。

性能はそこまで求めてないのですが、いかんせん価格が高過ぎると感じます。この性能にこの価格か…と思うとなかなか財布の紐がゆるまず。
私も24-105(120)F4クラスのレンズが欲しいです。
というか、α7にはもっと使い勝手がよくて、高すぎないレンズのラインナップを増やして欲しい。50/1.4とかの普通のレンズも。LA-EA4はいまいち使い勝手がよろしくなく。。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがフルサイズの天体写真用一眼レフを準備中?」です。

次のブログ記事は「ペンタックスK-3 II のリアル・レゾリューションの比較サンプルが多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る