キヤノンEF50mm F1.8 STM は鏡筒の造りが大幅に改善

photozone に、キヤノンの標準単焦点レンズ「EF50mm F1.8 STM」のレビューが掲載されています。

Canon EF 50mm f/1.8 STM - Review / Test Report

  • 鏡筒のデザインは大幅に変更されており、旧型と異なり金属マウントとゴムを巻いたまともなフォーカスリングが採用されている。鏡筒は、素敵なつや消し仕上げのプラスチック製だ。フォーカシングは引き続き全群繰り出し式で、近接側では鏡筒が伸びる。
  • AFはステッピングモーターで、AF速度はよくてII 型と同程度だ。作動音はII 型よりもずっと静かだが、USMほど静かではない。マニュアルフォーカスはバイワイヤ(モーター駆動)で、申し分なく動作する。
  • 歪曲は、-0.765%のわずかなタル型で、実写では大きな問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは、多くの大口径レンズの常で、このレンズも開放時のかなり強烈な周辺光量落ち(-2.56EV)に苦しんでいる。周辺光量落ちはF2.2でいくらか改善(-1.75EV)し、F2.8でずっと良くなる(-1.05EV)が、F4まで絞らないと無視できるレベルにはならない(F4で-0.47EV)。
  • 昔ながらの50mmの単焦点は、開放でかなり甘く、絞ると極めてシャープになる傾向があるが、これはEF50mm F1.8 STMにもほぼ当てはまる。しかし、旧型と異なり、このレンズは開放でも中央は非常にシャープだ。周辺部と隅は(開放から)きちんとした解像力だが、コントラストは低い。F2.8に絞ると中央は素晴らしい解像力(excellent)になり、周辺部のコントラストも改善する。周辺部と隅はF4で大きく改善し、とても良好な値(very good)になり、F5.6では画面全域で際立った値(outstanding)になる。
  • 像面の湾曲はわずかに見られ、開放付近では影響する可能性がある。テストした個体のセンタリングのクオリティ(偏芯の少なさ)は、良好だったが完璧ではなかった。
  • 倍率色収差は、周辺部で平均0.5ピクセルかそれ以下で、良く補正されていて、問題はない。
  • ボケは、玉ボケは7枚羽根の円形絞りのおかげで改善しているが、これは必ずしも完璧という意味ではない。玉ボケの内側はスムーズだが輪郭が目立つ。この輪郭はF2.8とF4では改善する。前ボケと後ボケは、エッジが左右非対称で少々うるさく見える。
  • 軸上色収差(ボケの色付き)は、開放ではいくらか見られる。絞れば改善するが、F2.8ではまだいくらか見られ、F4以上ではほとんど解消する。軸上色収差のテストでは、絞ると若干の後ろ方向へのフォーカスシフトが見られた。
  • 旧型のEF50mm F1.8 II も良いレンズ(特に絞ったときには)だったが、EF50mm F1.8 STM は旧型から多少の改善が見られる(光学系よりも機械的な改善の方が大きい)。新型は開放から中央の解像力が高く、周辺部と隅のコントラストが低い問題は残っているが、解像力はとてもしっかりしている。色収差の少なさは解像感の高さに貢献しているが、旧型同様に周辺光量落ちは非常に目立つ。ボケはこのレンズの残念な弱点だ。
  • 造りのクオリティは大幅に改善しており、軽量だがもはや玩具のような感触ではない。EF50mm F1.8 STM は、間違いなく価値ある後継機だが、旧型とまるで別物という訳ではない。

 

光学性能の評価は5点満点中3点~3.5点で、旧型(3点)から若干の改善にとどまっていますが、メカのクオリティは3.5点で旧型(2点)から大幅に評価が上がっています。

光学系はコーティング以外は旧型から変わっていないようですが、解像力チャートでは、絞れば全域でoutstandingに達しているので問題はなさそうです。

ただ、ボケは少しガサついていて今一つスムーズさに欠かけるという印象です。とは言え、このレンズは金属マウントとSTMを採用して価格も抑えられているので、単焦点の入門レンズとして引き続き人気のレンズになりそうですね。

2015年5月30日 | コメント(11)

コメント(11)

STM化されて大幅なAF速度の改善を期待していましたが、同程度のことで意外な結果です。レンズ構成も旧型と同じでボケも絶賛されるほどでないとすると買い換えるほどではなさそうという印象ですね。これから初めての単焦点レンズを試してみたい方にとっては、魅力的な一本であることには間違いないです。

価格からすれば十分お買い得だと思いますよ・・・
次はF1.4ですね。待ってますよキヤノンさん・・・

AFのスピードはジコジコ言わない分速く感じます(笑)
フード付けると、2型よりもMFし難いんですよね。そこだけがちょっと難点です。

 最近EF-s 18-55 is STMを購入して、なかなかスムーズなAFだなと感心していたのですが、このEF 50/1.8 STMはそれほどAFが速くないような文章に読み取れました。
 EF 40/2.8 STMとEF 50/1.8 STMのAF速さ比較が気になります。
 EF-s 18-55 is STMと遜色ないのなら、いずれかの単も購入候補に入れたいですね。

前評判は高かった割に、それほど?の評価かな。
KISS X7とのマッチングは最高だけど。

マウントアダプタ経由で、EOS M2でテストしてました。申し分ないです。
明るく軽い75ミリ相当の中望遠いいですよ。
何より別売のフードの作りがいいです。

光学系に変化が無くて残念だけど、50mmでこれだけ寄れるのは魅力的ですよね
シグマレンズっぽいつや消しで見た目も安っぽさは感じないと個人的には思う

AFは速くないけど、スムーズで、バラツキなく100発100中
50ミリ1.8旧型より、1.4USMよりずっと好感がもてます。

>武士さん
>EF 40/2.8 STMとEF 50/1.8 STMのAF速さ比較が気になります。
>EF-s 18-55 is STMと遜色ないのなら、いずれかの単も購入候補に入れたいですね。

STM機構には二種類ありまして、EF-S18-55STMなど鏡胴が長いレンズではリードスクリュータイプ、EF40STMなど小型単焦点はギアタイプと、モーターは同じSTMでも伝達方式が異なります。
http://cweb.canon.jp/ef/technology/eflens-technology.html

EF50STM、EF40STM、EF-S24STMはいずれもギアタイプなので、EF-S18-55STMのように俊敏かつ静音とはいかない形になります。

>MPTさん

 詳しい構造を解説頂きましてありがとうございます。

旧型のAFも速さだけなら遅くなかったんですよ
音の大きさ、精度の悪さのせいで誤解されてます


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスK-3 II のリアル・レゾリューションの比較サンプルが多数掲載」です。

次のブログ記事は「オリンパス8mm F1.8 Fisheye PROのサンプル画像とインプレが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る