パナソニックG7にはGX7と同じセンサーが採用される?

43rumors に、パナソニックG7(G6後継機)のセンサーと発表時期に関する噂が掲載されています。

(FT5) Panasonic G7 to feature same GX7 sensor.

  • 2人の信頼できるソースが、5月に発表される新型のG7には、GX7と同じ16MPセンサーが採用されることを確認した。

 

以前から、パナソニックG7には革新的な機能や新型のセンサーは採用されないという噂が流れていましたが、やはり、センサーは現行のセンサーがそのまま使用される可能性が高いようです。

とは言え、G6が発売された2年前からこれまでの間に、パナソニックは空間認識AFやボディ内手ブレ補正などの様々な新機能を投入しているので、既存の技術や機能を取り入れた正常進化モデルでも上手くまとめれば魅力的な機種に仕上がるかもしれませんね。

2015年5月 1日 | コメント(13)

コメント(13)

同じ16MPでもG6はGH2から使ってる設計の古いセンサーだったはずですから、キャリーオーバーというわけではないと思います。
空間認識AFとボディ内手ブレ補正が投入されれば、十分魅力的なモデルになりそうですね。

GX7の方向なんですね。
GH4のローコスト版になれば魅力1000倍ですけどね。
GH4の中味そのままでプラボディで軽量化。
ボディが7万円、無理かな〜?

パナ機は、レンズを中心にとても良いシステムだと思います。その中心はGシリーズなのだろうと思いますので、まずはトータルでバランスのとれた機種としてG7が発売されればと思います。

そして、是非GHとGXは最先端のシリーズとして、さらなるシェア拡大のキッカケとしての機種となることを期待します。

GMのセンサーでなくGX7のセンサーなのはうれしいですね
おそらく同じセンサーのLX100に4KやDFDを載せてるのでG7にも載せれると思うけど
連写もLX100並にアップしてくれたら

G6ユーザーです。

G6センサーは、GH2と同じですが、G5、G6と使われて、ソフトの性能向上で、高感度ノイズ、ダイナミックレンジ共に、GH2より良くなっています。
言わばGH2センサーをG6で最適化した感じ。

GX7センサーもGM1、GM1S、GM5と来て、G7でソフト周りは完成という感じでしょうか。

手堅いけど、不満の無い機種になりそうですね。

むしろGH系はその意味では実験機であり、G系がバランス機のような感じがします。

おそらくセンサーだけでなく、外観もGX7的になるのではないでしょうか。GM1、GM5、GF7とネオクラシカルなテイストが続いているので、この流れを引き継ぐのではないかと。

ただし、クラシカル路線で行くならば、このレンジにはすでにオリンパスのE-M10があり、フジからはX-T10(仮称)も投入されるみたいですから、機能面でわかりやすい特徴がないと売り場で埋没しちゃいますよね。

革新的でないにしても、何らかの特徴がないとまず社内で商品企画が通らないはずです。

ここ最近のLUMIX製品の特徴的なところ
GX7→チルト可能な内蔵EVF。ボディ内手振れ補正。
GH4→4K動画。
GM1→とにかく小さい。カラバリ。
GM5→小さいのにEVF内蔵。
GF7→自撮り対応モニター。

GX7のセンサーがGM1,5、GF7に使われてるんですね。今の所DFDはGH4でしか出来ないような縛りになっていますが(レンズデータが必要。高い処理能力のCPUが必要)それを普及版のG7でも実現してくるかどうかですね。
GH4が実験機的だとして、その成果を下位機種に順次搭載してトータルで底上げというのが理想でしょうから、高速処理CPUのお値段次第ですがG7にヴィーナスの最新版とレンズデータチップを入れて4KとDFDが可能になって出て来ると嬉しいですね。
ニコンのD5500が子供の動画撮り用にアピールしてますし、ここは4KとDFDは実際差別化に必要な武器だと思いますけどね。

私も G6ユーザーですが、14-140mm を付けていればたいていは事足ります。
その分GX1にアダプターなどを使っていろいろなレンズで遊んで?おります。
GX7のようにボディー内手振れ補正があれば便利だろうと思います。

G6のセンサーはGX1より当然ですが高感度ノイズは少ないようです。
さらに良くなることを期待します。
G7にはDFDは無理だとしても、ボディー内手振れ補正だけは追加して下さい!。
それと、プラスチックなボディーをもう少し何とかしてほしいものです。

ところで、GX8はどうなるのでしょうか。
場合によってはそちらの方を買うかも?

GM1とGX7は発売日が近く、センサー画素数と液晶モニターのカタログスペックが同じなので、部品共通のような気がします。またGM1とGM5が同じセンサーというのはパナ自身がインタビューで公言してますね。

もちろん各機種チューニングは違うんでしょうけど、GX7とG7が同じセンサーなら、どちらのサブにもGM1又はGM5が違和感なく使えることになります。

GX7の方は後継GX8でまた一歩先を行くんでしょうけど、今のところこれはパナの戦略なのかも。

G7はG6と同様、こなれた技術を集めたお買い得機種という位置づけになるのでしょう。
空間認識AFやボディ内手ブレ補正を入れるとその分サイズが大きくなりそうですし、GX7を脅かしてしまいそうです。そぎ落して小型化を図るのか、それともGX8で突き放すことを前提にフル装備にするのか。どちらの路線も面白そうです。

GX7のセンサーは、センサーだけのせいじゃないにしても余り色が出なかったし、ノイズも多く感じたセンサーでしたのでちょっと微妙ですね。。

ボディー内手ぶれ補正はこっちには載らない気がします。
Gのコンセプト的に、変に高くなりすぎる事はやってこないのでは。
動画のGHと静止画のGX、その中間かつ(いろんな意味で)お手頃な路線を狙うのが今のGだと思います。
GXのセンサーを使うってのも、ある種コストダウンを狙っての事かと。
今出回ってるパナ製レンズと手ぶれ補正が被ってしまい、無駄というかレンズキットがやや割高になってしまいますし。

良くも悪くも驚くとこ(機能)が無いモデルになるんではないですかねえ。

レンズ交換式として初のクリエイティブレタッチも搭載されないかなぁ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカがMモノクローム(Typ246)を正式発表」です。

次のブログ記事は「DxOMarkにソニーFE28mm F2のスコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る