Nikon 1 J5 は動きモノに申し分のないカメラだが15fpsの4K動画は残念

ePHOTOzine に、20MPセンサーを採用した「Nikon 1 J5」のレビューが掲載されています。

Nikon 1 J5 Review

  • アルミニウムのボディはしっかりとした感触で、新しいフロントのラバーグリップのおかげで、ホールディングは改善されている。
  • 上面のモードダイヤルには、スタンダードなP/S/A/Mのモードが搭載されている。
  • 上面には新しくコマンドダイヤルが搭載され、背面にはスクロールホイールがあるので、マニュアルモードでは、メニューを開くこと無く、シャッタースピードと絞りを設定することができる。
  • J4と同じように、電子シャッターが搭載されており、音を立てずに撮影することが可能。
  • モニタは高解像度で発色が良く、画質はとても良好だ。
  • バッテリーライフはCIPA規格で250枚で、これはJ4よりも50枚少ない。多くの撮影を計画しているなら、スペアバッテリーの携行を勧める。
  • シャッターレスポンス(0.05秒以下)とAFはどちらも極めて速いが、起動時間(2.1秒)はパワーズームが繰り出すため少し遅い。連写は10・20・30・60コマ/秒で可能で、AF追従で20コマ/秒で連写可能だ(スローダウンまでに撮影可能な枚数はRAWでもJPEGでも20枚)。連写中はどのモードでもフラッシュは使用できない。
  • キットレンズ(10-30mm F3.5-5.6 VR)は、周辺部のハイコントラストな部分で若干の色ズレが見られるが、色収差は良好に補正されている。歪曲と周辺光量落ちは自動補正されるが、補正をOFFにすると、歪曲は極めて強い。このレンズの近接性能は素晴らしく、望遠端ではかなり被写体に寄れる。ディテールはまずまずのレベルだが、望遠端は甘く、そして隅はもっと甘い。このため、我々は、より良い結果を得るために単焦点レンズの使用を勧める。
  • 低ノイズと良好なディテールを得るためには、ISO160からISO800の使用を勧める。ISO160-ISO800ではノイズは低いレベルで、ディテールもまずまずだ。ISO1600-ISO3200でもまだ良好な結果が得られるが、ノイズは増し、ディテールは減少する。ISO6400とISO12800ではノイズが強くなり、色も薄くなるので、可能なら使用を避けた方がいい。とは言え、リサイズしてWebで使うなら、まだ実用になるかもしれない。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯ではごくわずかに暖色に傾き、プリセットではより正確な結果が得られる。蛍光灯ではオートホワイトバランスはとても良好で、プリセットではマゼンタに傾く。
  • オートパノラマモードは、画像のつなぎ合わせは良好だが解像度は低い。
  • 動画はフルHD60fpsの他、120fps(1280x720)、400fps(720x288)、1200fps(416x144)で録画可能だ。フルHD動画の画質はクリアで、コンティニュアスAFは非常に良好だ。手ブレ補正(VR)は録画中も機能するが、この場合はタッチパネルを使用できない。VRをOFFにすると、タッチパネルでフォーカス位置を指定できるようになる。4K動画は15fpsで、あまりスムーズではない。
  • J5の価格はレンズキットで429ポンドで、特に高速連写性能を考えると、コストパフォーマンスは良好だ。
  • J5はAF追従で20コマ/秒、AF固定で60コマ/秒の連写が可能で、現行のコンシューマー機で最速のカメラだ。スポーツやアクション撮影などで申し分ないカメラで、AFが極めて速いので、素早く動く子供にも理想的だ。動画の画質も良好だが、15fpsの4K動画は、大きく魅力を損なっている。
  • 良い点: 素晴らしい3インチチルト式タッチパネル、コンパクトでスタイリッシュな金属ボディ、高速連写、AF追従で20コマ/秒の連写、ハイスピード動画モード、良好な画質と色、キットレンズの近接性能、高速なAFとシャッターレスポンス、サイレントシャッター。
  • 悪い点: キットレンズの画質がソフト、ベストの結果を得るには単焦点レンズが必要、バッテリーライフが短い、4K動画が15fps、Wi-Fiアプリの機能。

 

J5は、新たにフロントグリップや上面ダイヤルが採用され、モードダイヤルからP/S/A/Mモードが選択可能になるなど、J4から大きく使い勝手が改善されているようです。

画質はサンプルを見る限りでは、キットレンズでは全体的に少し解像力不足のようで、新しい20MPセンサーの実力を発揮させるには、記事にもあるように、もう少し高性能なレンズと組み合わせた方がいいかもしれませんね。

2015年5月 3日 | コメント(13)

コメント(13)

Nikon1 J5を購入しましたがかなり画質や使い勝手は、良くなりました。
特にSS、絞りを同時に変えられるのは、良いですね。

デジスコでは、かなり使えそうですがFT-1を使って
重量級AF-SレンズがNikon1 J5から使えなくなったのが残念です。

今後、その制約を解くファームウエアを出してくれる事を期待しております。

http://www.nikon-image.com/products/accessory/body/ft1/spec.html#07

記事タイトル名に激しく同意します!

スピード重視のスポーツや撮り鉄、野鳥にはうってつけのカメラであるのがNikon1シリーズの特長ですから、焦点距離とAF速度でいきたいというなら、まさにドンピシャ。

ただ自分的にニコンはやはり、フルサイズセンサーで静止画・動画ともにたの追随を微塵も許さない機種が出て欲しいですね!


4K動画は15pしかできないのは非常に残念でなりません!今後のFX機種にはぜひ4K60pのカメラ単体記録を切望したいです。ニコンのバッテリー「EN-EL15」なら、熱停止の問題もさほどないように思いますが、まぁバッテリーのほかにも熱停止の要因は、精密機械ですし、画像処理エンジンやセンサー、その他駆動系などなどからくるなんてことも十分考えられますが、ニコンには静止画・動画とも妥協して欲しくないです!


それとdorayaki-papaさんのおっしゃるように、Nikon1 J5からFT-1を介してFマウントのレンズを装着できなくなったのも残念ですね!

ニコ1はVシリーズしか買ってませんが、J5は買いたいなと思う機種です。
でも、動画はニコンの欠点ですから、そこは将来に期待します。

> dorayaki-papa さん
> 重量級レンズが...
へえー!そうなんですね。何ででしょう??
Nikon1の魅力の一つですのにねぇ。
メーカー自ら商品の優位性を削るなんて理解しかねますが、Vシリーズへの誘導目的ならとても浅はかな販売戦略なので、そうであって欲しくありませんね。
私のようにFT-1が使えるかNikon1はエントリーモデルから購入する人もいるでしょうから。(未だにJ1ですけど...)

4K動画の恩恵にあやかるには家の機材の方が追いつかないので、
申し分のない評価です。
買います(^^)

ニコンは今後も動画は程々ですよ

と、先日ニコンの人がいっとりました

デザインはすっきりしてよくなりましたね。画質も向上したようなので、気になる機種です。外付けEVFが使えればなあ、とも思いますが、そういう人はV3後継機を待ちましょう、ということなんでしょうね。ところで、FT-1が話題になっていますね。Nikon一眼レフのユーザーなので私も興味はありますが、メーカーとしてはこのカメラの主なユーザー層を考えれば重量級レンズに対応させる必要はない、と判断したのではないでしょうか。「J5にFT1を介して使用できないNIKKORレンズ」があるということは、言い換えれば「全てのレンズではありませんが対応しています」ということですから、それだけでもよしとすべきかもしれませんね。

画質がまた良くなりましたね。 ISO 1600 は個人的には十分、3200 でも さほど酷くならないのは立派です (もう少し暗所の作例を見たいですが)。
印象的なのは ISO 毎の変化がリニアな点でしょうか (特に J4 / V3 と比べると)。 マルチショットNR も J4 / V3 のそれよりも効いているように見えます。

ところで J5、スタイルも操作性もかなり V3 っぽいですが、J が 「 EVF なしの V 」 のようになると、今後は S が J の役割を担うのでしょうか?
そして V4 は・・・果たして V2 のような EVF 内蔵グリップタイプになるのでしょうか?

静止画しか撮らないユーザーにとっては、4Kの830万画素で秒間15枚の動き物用高速連写機として重宝されたりして。

NikonはWiFiアプリがウイークポイントだと認識しているのだろうか?
なんとかならないのかなぁ

ニコンに動画を期待しちゃだめ。

個人的には中途半端な製品にしてほしくないから、動画機能をバッサリ切るくらいのスタンスで行ってほしい。

で、新機種ではまたバッテリー変えるんだろうな…。

dorayaki-papaさん

使えないレンズには、400mm f/2.8Eのような新しいレンズとAi Nikkorが混在していますし、400mm f/2.8でも使えるレンズと使えないレンズがあったりして、特に基準があるようにも見えませんので、技術的な問題じゃないでしょうかねえ…。

商売上の理由でわざわざ使えなくしたようには見えません。

そのうちファームウェアが出るといいですね。

たろさん>
実は、Nikonに問い合わせをしたのですが重量級レンズをFT-1にて
装着するとNikon1のマウントが破損しやすいからだと返事を頂きました。

重量級レンズを使用している方々は、そこそこ腕や経験が有る方々なのでそんな事言われなくても理解出来ていると思うのですが?

私個人の意見ですが今回の制約は、会社の事情かと思ってしまいます。

今回は、さすがにサンニッパ売却まで考えてしまいます。(^_^;)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーT*35mm F1.4 ZA は極上の単焦点レンズ」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS M3 とソニーα6000の画質の比較レビューが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る