富士フイルムが「XC16-50mm F3.5-5.6 OIS II」と「XC50-230mm F4.5-6.7 OIS II」の単品販売を発表

富士フイルムが「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II」と「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」のブラックモデルの追加と単品販売の開始を発表しました。

「フジノンレンズ XC50-230mmF4.5-6.7mm OIS II」新発売

  • 両製品のシルバーモデルは、「FUJIFILM X-A2」のキットレンズとしてすでに商品化しているが、本日発表の「FUJIFILM X-T10」に合わせてブラックモデルも追加し、レンズ単品での販売を開始する。
  • XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II: 最短撮影距離が30cmから15cm(レンズ先端から約7cm)に短縮され、近接撮影が可能となった。
  • XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II: 手ブレ補正性能を向上。約3.5段分の光学式手ブレ補正機能により、望遠撮影時や夜景シーンでも手ブレを効果的に抑制し、高画質撮影が可能。
  • 発売日はいずれも平成27年6月25日。価格はオープン。

 

この2本はエントリーモデル用のキットレンズですが、X-TシリーズやX-Eシリーズなどの上位モデルのユーザーでも、旅行用などに小型軽量のズームが欲しいというケースなどで、需要はあるかもしれませんね。XC16-50mm II は、かなり寄れるのが魅力的ですね。

2015年5月18日 | コメント(7)

コメント(7)

「プレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T10」
(発売:平成27年6月25日)に合わせて」(フジの
WEB本文)ならなぜWズームキットを出さないのか!
と思わず怒りを覚えました(笑

寄れる標準レンズは、表現の融通がきいてなかなか手放せなくなる。
使ってから買ってよかったが湧いてくる。
廉価クラスを想定しているくせにそこそこいい。
価格でも画質でも期待できる。

単品で出すなら、マウントは金属がいいです。割高になっても。

標準ズームならいまどき換算24mmスタートが当然、と思っている私は、大歓迎です。

XCは廉価レンズですが光学系なんかは全部ガラスを使ってますからね。外側はチープに見えますが中は金かかってますよ。ブラック欲しかった人は多いと思います。

CP+で伺ったときは、単品での発売は未定とのことでしたが、要望が多ければ検討しますとも仰ってましたので、私のようにX-A1ユーザーの要望が多かったのかもしれませんね(^^)

私も、単品で出すのなら多少高くなっても金属マウント(Limitedエディション的な位置づけ?)だと嬉しいですね(^^) できれば鏡筒も金属だとありがたいですが、XCシリーズとは言えなくなりますかね(笑

X-T10のXCレンズキットも出してほしい…。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「XF90mm F2 R LM WR」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーの新型Eマウント機(α6xxx)はα6000の後継機ではない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る