富士フイルムが「XF90mm F2 R LM WR」を正式発表

富士フイルムが、大口径の望遠単焦点レンズ「XF90mm F2 R LM WR」を正式に発表しました。

フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

  • 8群11枚のレンズ構成を採用。大口径のEDレンズを3枚使用し、色収差を効果的に抑制。開放F値での撮影からシャープな描写が可能。
  • 大口径の球面レンズのみで構成することにより、口径食を最小限に抑制。これにより、画面中央だけでなく周辺部まで、美しい円形のボケ描写が実現。
  • 高速性と静粛性に優れ、高精度なAFを可能にするリニアモーターを4つ配置する新開発の「クアッド・リニアモーター」を搭載。
  • 最短撮影距離60cm、撮影倍率0.3倍を実現。
  • 鏡筒各部に7か所のシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
  • 質量約540gの軽量と、フィルター径62mmのコンパクトサイズを実現。
  • 発売日は平成27年7月16日、価格はオープン。

 

XF90mm F2 は、EDレンズを3枚も採用したこのクラスとしては贅沢な光学系を採用しているので、描写性能は期待できそうですね。非球面レンズを使用していないので、ボケ味もかなり良さそうです。

また、最短撮影距離が短く、最大撮影倍率も0.3倍と非常に高いので、ちょっとしたクローズアップ撮影などで大変便利に使えそうですね。なお、価格は最安値で10万6000円(税込み)前後のようです。

2015年5月18日 | コメント(7)

コメント(7)

Fujiもやっと最短距離に配慮するようになり、
現状では最強・最良のレンズですね。
56mmはあと一歩「寄る」ことができないもどかしさがありましたので、下取りにして、さっそく90mmに乗り換えます。
56mmはこれも最強・最良ズーム、50~140mmでカバーです。

最短撮影距離60cm って凄いですね。
SONY ZEISSゾナーが、75cmだったかな?寄れるし抜群の描写でしたが、重くて重くて手放しました。
寄れて、540g程度で、大好きな135mmなので、もう予約しちゃいました。

これもMTF曲線見ると凄いですねえ。サンプル見るとボケが自然な感じですね。
このデジカメ冬の時代に、これだけ本気レンズをバンバン投入する姿勢に感心します。

50-140の方がOISも付いてるし何かと捗ると思っていますが公式サイトの作例の丸ボケが非常に良いですねぇ。ちょっと揺れ始めてきました

ポートレート用なんでしょうけど、こういう明るい中望遠での街撮りも楽しいんですよねえ。
50-140も魅力的なんですが、サンプル見ちゃうとやはり単焦点の方が一枚上手。ロードマップにある120㎜マクロと合わせて両方欲しくなります。

XF90mmF2RLMWRは美しいボケ味の魅力的なレンズの予感。
XF35mmF1.4RとXF16mmF1.4RWRとの3本セットで独特な空間描写を楽しめそうです。

135mmはゾナーとSTFありますが
キレのゾナー口径食ゼロのSTFと
使い分ける楽しさが。
むろんコレもいかせてもらいますw
球面レンズの芯の無いボケは素敵。
AFも十分な精度が出るでしょうし。
口径食どうかな?作例ではわずかに
中心から離れるとありそうな感じ。
大口径長焦点でボケが大きいだけに
点光源とかは目立つので気になります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年5月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「X-T10」を正式発表」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが「XC16-50mm F3.5-5.6 OIS II」と「XC50-230mm F4.5-6.7 OIS II」の単品販売を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る