オリンパス7-14mm F2.8とパナソニック7-14mm F4の比較レビューが掲載

MIRRORLESSONS に、オリンパスとパナソニックの超広角ズームの比較レビューが掲載されています。

Olympus 7-14mm f/2.8 vs Panasonic 7-14mm f/4

  • 中央の解像力は両者に大きな違いはないが、パナソニックが若干良く、特にF8に絞ったときは良好だ。隅は、より興味深い結果で、オリンパスがごくわずかにシャープだが、パナソニックは芝生のようないくつかの被写体が良好に描写されている。
  • 逆光耐性では、オリンパスに明確なアドバンテージがあり、パナソニックには(サンプル画像で)緑色の大きなゴーストが出ているが、オリンパスは、ゴースはより小さく弱い。オリンパスは色収差もパナソニックよりも少ない。
  • 近接性能はオリンパスが高く、F値も明るいので、より好ましいボケが得られる。
  • 歪曲は、オリンパスの方が隅の垂直の線がよりまっすぐに保たれているが、その差は思っていたよりも小さい。
  • 同じ焦点距離でレンズを交換すると、興味深いことに若干画角が変わる(※パナソニックの方が画角が広いようです)。
  • パナソニック7-14mm はずっと古いレンズにもかかわらず、オリンパスの素晴らしいライバルだと分かった。この2つのレンズは、解像力に関しては大きな違いはない。オリンパスは明るいので、特に室内の撮影では大きな違いがある。オリンパスは、寄れて大きくボカすことができ、逆光にも強いのでより多目的に使える。

 

オリンパスの7-14mm F2.8 はPROシリーズの最新のレンズですが、2009年に発売されたパナソニックの7-14mm F4も負けず劣らず優秀なレンズのようです。

光学性能の差はそれほど大きくなさそうなので、この2つのレンズは、F2.8の明るさを優先するか軽量・コンパクトさを優先するかで決めればよさそうですね。

2015年6月 6日 | コメント(11)

コメント(11)

オリ7-14の注文待ちです
パナの性能も素晴らしいようですが、オリ機のフィールドカメラとしての性能に期待しているので信頼できる防塵防滴は外せません

パナ7-14は、シャープではあります。
でも、立体感とか質感描写に優れているか?となると微妙で、繊細というより硬い絵。

逆光も弱いので、日の出日の入りのタイムラプス等にも使えません。
色収差が出るから星景にも向かない。
デジタル補正無しで見ると周辺の歪曲はえげつない。

これらを差し引いても、軽量コンパクトなので重宝はしています。

オリンパスの7-14、なかなか良さそうですね。
広角マクロの蝶は、等倍では正直甘いけど、このレンズならではの遠近感が楽しそう。

パナソニックの7-14mm F4が再評価されそうな記事ですね。
広角だとちょっとの画角差が効いてくるので少し広いのも魅力的です。
たださすがに今では鏡筒のデザインや防塵防滴等の見直しが必要かなとも思うので、オリンパスの7-14mmに刺激を受けてリニューアルしてほしいですね。

明るさと逆光耐性とマクロ性能VS携帯性と価格という図式でしょうか?
一番下の画角の比較写真を見ましたが、14mmは確かにパナの方が少し広い範囲が写っているけど、7mmはほとんど変わらないようです。オリの方が若干ズーム倍率が高いっぽいですね。

パナ7-14のゴーストについて触れられていますが、オリ機で使用するとパープルフリンジ等がより目立つようです。
記事を読みますとテストはオリ機で行われているようですので、パナ機でテストした場合はまた違った印象になるかもしれません。
オリ7-14は防塵防滴や明るさでメリットがとても大きいのですが、サイズも違いますし、この2本はうまく使い分けられそうですね。

パナ持ちでオリも予約していますが、このレビュー結果を見る限りちょっと期待が大きすぎた感があります。パナの優秀さを褒めるべきかもしれませんが。

Pana7-14/4持ってるので MZD7-14/F2.8Proをパスするって決めてましたが、この記事を拝見してより決意を固くしました(笑)
価格・サイズを考えると今更ながらですがPana7-14/4の優秀さを思い知りますね・・MadeInJapanだし(笑)

何を撮るかなんでしょうが、広角が最も必要になるのは歴史的建造物、山歩きなんかだと思います。その場合軽さは重要である気がします。40-150/2.8とさらに500g以上のレンズを持ち歩くのはキツイ気がします。とくにmFT userには。組み合わせなんでしょうが。作例を待ってます。

MZD7-14。
F2.8の明るさを信じ、去年ZD7-14F4を手放しました。
OM-D E-M5で使用しても、ZD7-14F4とパナ7-14F4では明確に解像度が違っていたためオリのレンズに過大な期待をしていたようです。
はあ・・・ZD7-14、手放すんじゃなかった・・・。

近接性能、逆光耐性、防塵防滴など、パナ7-14F4の不満点を解消した上に、1段明るいというおまけ(これがメイン?)まで付いているので、買い替え予定です。

このレビューが正しいとしたら、MZD7-14の画質はZD7-14には及ばないということではないか? ZD7-14とパナ7-14では明確な差がありますから。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年6月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 5Dsの製品版のサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「metabonesがm4/3用の0.64倍の新型Speed Boosterを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る