ハッセルブラッドがα7Rベースのミラーレス機「Lusso」を公開 [内容更新]

ハッセルブラッドが、中国の公式サイトでソニーα7Rベースのフルサイズミラーレス機「Lusso」を公開しています。

Lusso (found via SonyAlphaRumors

ハッセルブラッドから、Lunar、Stellar、HV に続いくソニー機をベースとした新型機Lussoが登場するようです。Lussoはα7Rをベースにしたミラーレス機ですが、外観はかなり変更されていて、ぱっと見α7Rには見えませんね。

以前に「LunarやStellarをデザインした部署は解散していて、ソニー機をベースとしたカメラはこれ以上登場しないと」いう情報が流れたことがありましたが、どうやらこの部署はまだ健在のようです。これだけこのシリーズの新製品が登場するということは、結構売れているのでしょうかね。

[追記] SARの情報によると、Lussoの香港の販売店での店頭価格は5150ドルとのことです。

hasselblad_lusso_s001.jpg

(以下の画像はchiphell.comPhotorumorsより)

hasselblad_lusso_f001.jpg

hasselblad_lusso_b001.jpg

2015年6月14日 | コメント(29)

コメント(29)

ペンタ部?がa9xiに見えて宜し。

また100万円超えなんでしょうね
オーディオでもゴールドムンドの高級CDプレーヤーの中身が数万円で売っているとネタになりましたが、本当のお金持ちの指標とでもいうんでしょうか。
α7R2に買い替えるのも相当思い切った決断になる身としては羨ましい話です。

ハッセルブラッドは出す商品が極端ですね。
(実際どうかは別として)趣味性と実用性のそれぞれで極北を目指してるんでしょうか。
まあ中身はソニー製品なので、趣味性の強い製品とはいえ実用性がない訳ではないですけど。
日本のメーカーもやがてこうなるのかと思うと、できるだけその時が遅くなるように願ってやみません。

普通にOEMじゃダメなんでしょうか。
ハッセルブラッドのバッジだけ付け替えるとか。
元ボディにゴテゴテと余計なデザインの貼り付け感だけが強くて、正直言ってかっこ悪い。
先日の中古カメラ市では、ハッセルNex7改は投げ売りされてましたよ。

これは中国の富豪向けの製品という理解で良いんでしょうか?Lunarは「なんじゃこれ」という第一印象でしたが、次第に無難なデザインになりつつありますね。でも、まだカッコ悪いですけど(笑)

この一連のカメラが大量に売れているとはとても思えませんが、外装変えただけで開発費はさほど掛かってないでしょうから、「ごく一部」にウケれば数が売れなくても十分利益を確保できるという商売ですかね。

照明のせいか、素材がオモチャっぽく見えてしまいますね。角が丸いのも原因かな。

Eマウント機は「削れるものを削ったら、こうなった」というデザインですから、ゴテゴテはあまり似合わないですね。

個人的には悪くない印象があるのですが、レンズキャンプの「SWEDEN」が泣けます...
ツァイスじゃなくて、28-70mmだし...

どうも自分には理解しがたいですね。他社で販売されるカメラを、デザインを変え、一部材質を変え、高価に売るということが。
Lunarの価格からしてまた何倍もする値段になるのでしょう。
私の中でのハッセルブラッドのイメージはこれらジュエリーカメラの登場で変わった気がします。この会社のカメラは本質の追求よりも見かけに現を抜かすのだと。もちろんそれだけのメーカーではないのはわかっていますが。
ビジネスですから、こういう選択肢や需要は一部であるのでしょうが、日本のメーカーは生き残る為にコストに頭を悩ませながら必死で技術開発を続けてるのだから、殊勝なことです。

これは名機
COSINA C1sの流れを汲むデザインですね。
さすがツァイス繋がり!

これ逆にソニーが
5万くらいのオプションで仕上げてくれるなら
結構売れそうな気がする

エアロパーツを付けたショップカスタムカーみたいな感じでいいんではないでしょうか。
あるいはラピタバージョンの限定品みたいなとか。

お金さえあれば、誰も持ってない遊び心をくすぐるモノが欲しくなるし!

毎度のことですが、ソニーの在庫処分品にグリップ付けるだけ。
いやーネームバリューだけで出来る商売は羨ましい。

α7シリーズにはないボディカラーがシルバーというところで
目を引く部分はありますが(需要があるかどうかは別にして)、
グリップは・・・、PENのプレミアムウッドモデルと比べると
けばけばしさが満載というか・・・。
いや、まぁ、人とは違うものを持ちたいってのはいいと思うんですけどねー。

出すのが遅すぎ。
これはいけない。

あまりにもやり方が下手ですね。
こういうビジネスも求めている人がいれば
否定は、しませんが、タイミングが悪すぎます。
でも続いているということは、買う人がいるんでしょうね。
私の知らない世界で。

この前の中古カメラ市でLunarとStellarが投げ売りされていたので、あの値段で出回れば考えるかも。
でもこのタイミングでα7Rベースはセンスないなぁ

もはやスペック主義へのアンチテーゼかのようですね。買って満足するボディの究極系だと思います。

ハッセルーツアイスコンビに憧れた世代なので、違和感満載です。
これにステイタス性感じる感じないは人それぞれだと思うけど・・・・・否定的なコメントばかりなのが現実を物語っているような・・・・・。

7R2を複数買って、長さ違いの単焦点レンズをつけていたほうがステイタス性と共に知的さ・只者じゃない雰囲気をビンビンに醸し出すような気がしますが・・・
まあ高価ならそれで良く、写りなんてどうでも良い人が買うんでしょうが・・・(レンズは28-85だし)


せめてニコンDfとD610くらい違ってるなら納得できますが。

正直な所まだやってたんだという印象しか。。。
元の機体がミラーレスなのだから、マウント前部にレフレックスミラーを入れてしまうとか、無理矢理でも創意工夫をしたほうが、まだ、商品の説得性は出ると思うですがね・・・。

型落ちで出した時点で魅力半減になっちゃいますね。
でもα99のハッセル版はシルバーとのツートンがかっこよかったです。
ソニーもカメラ=黒ではなく違うカラー展開があるといいですね

適当にデカイカメラ持ってスペックとかどうでもイイ層のお金持さん
〜石油王とか中国のトップの方の人とか〜
が持ったら似合いそうですね。
こまけーことはイイんだよ的な。
中身がR2じゃない辺りまでが製品性なのかも。

自分も見た瞬間C1sかと思いました。
なつかしい。

ベッカムがUnicefの記事でもっていたのはこれか!

腕時計と似たようなものでは?

ペンタ部分だけこっちに変えたい

財布にしろ鞄にしろ、用を足せればそれでいい人もいればお金をかけて人との違いを演出したい人もいるわけですしね。
これはそういう需要を満たすためのものと考えておけばいいと思いますよ。

こんなこと続けててブランド価値下がらないのかな。
ネタで買われてる?

いやぁ~かっこいい!
ソニーは中身が良いんだから、少しはデザインもてこ入れして趣味性の高い商品を出して欲しいねえ


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2015年6月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン5D Mark IV は来年の第1四半期に登場?」です。

次のブログ記事は「ソニーSEL075UWC(FE28mm F2用のワイドコンバーター)は開放時は甘いが絞れば素晴らしい画質」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る