シグマ24-35mm F2 DG HSM Art は非常にシャープなレンズ

SLRGear に、シグマの大口径広角ズーム「24-35mm F2 DG HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma 24-35mm f/2 DG HSM "A" (Tested)

  • フルサイズの24mm開放では、中央はカリカリに近いシャープさだだ。隅はいくらか甘いが、これは正直言って予想外のことではない。絞ると隅の解像力は大きく改善し、F4では画面全域でカミソリのような切れ味になる。
  • 他の焦点距離でも解像力は同じような傾向で、開放では、中央はシャープで隅は甘いが、中央のシャープな範囲が24mmの時よりも狭くなる。絞ったときの解像力は、ズーム全域でF4-F5.6がスイートスポットで、ほぼ隅々までシャープになる。全体として、開放時の解像力はズーム全域で素晴らしく、これは我々の期待通りだ。
  • APS-C機では、フルサイズで見られた隅の甘さは顕著に改善するが、開放では隅にごくわずかに甘さが見られる。しかし、どの絞り値でもシャープ(特にF4からF8では)で、解像力はズーム全域でとても素晴らしいものだ。
  • 倍率色収差は非常に少なく、ズーム全域でどの絞り値でもとても一貫している。画面の周辺部に、ごくわずかグリーンと紫の色ズレが見られるが、これは後処理で容易に除去できるだろう。
  • 周辺光量落ちは、フルサイズの開放時ではチャートの天井まで達してしまう値(1.25EV)で、かなり目立つが、F2.8に絞れば、0.75EV前後にまで顕著に改善する。周辺光量落ちはF5.6で0.25EVになるが、それ以上は絞っても改善しない。APS-Cでは、周辺光量落ちは0.5-0.25EVの低い値だ。
  • 歪曲は24mmで平均で+0.5%(※原文は+5%になっていますが、グラフの値から+0.5%の間違いと思われます)、最大+1%を下回る値でかなり良く補正されている。より望遠側では、平均でゼロをわずかに超える値だ。APS-Cでは、歪曲は、フルサイズと似た傾向だがずっと小さな値になる。
  • AFは非常に速く、作動音はほとんどしない。AF時にはフルタイムマニュアルフォーカスが可能だ。フォーカスリングの回転角は90度で、最短と無限遠で止まらないが動きが重くなる(ソフトストップ)。フォーカスリングには、距離目盛りが用意されている。
  • フォーカスリングはスムーズで軽いので、指1本か2本で回すことができる。一方、ズームリングはかなり重いが、回転はスムーズだ。
  • このレンズは近接撮影用ではないが、最短撮影距離28cm、最大撮影倍率0.23倍で、クローズアップ撮影用としても悪くない。
  • 鏡筒の造りは素晴らしく、非常に頑丈に感じる。とてもしっかりとした造りなので、重さが2ポンドを超えており、かなり重いが、それほど長くはなく手に持った時のバランスは良好だ。
  • シグマは、またしてもカメラメーカーには提供できない他にはないレンズを造った。このレンズは非常にシャープで、開放でさえシャープだ。見事な鏡筒の造りと素晴らしいAFと相まって、この24-35mm F2 は、高解像と暗所性能を求める全ての一眼レフユーザーにとって素晴らしい選択肢だ。

 

フルサイズ用のF2の超大口径ズームなので、さすがに開放から四隅まで完璧とまではいきませんが、このスペックで開放から十分に使える性能を実現しているのは素晴らしいですね。隅の甘さは少し絞ると解消するので、風景などにも問題なく使えそうです。

24-35mm F2はかなり重いレンズですが、F2クラスの単焦点を2-3本持ち歩くことを考えれば、こちらの方が手軽かもしれませんね。

2015年7月14日 | コメント(14)

コメント(14)

絞って甘くなるのは好きではありません。
開放からシャープさが強いレンズにそういう傾向が見られるので、このレンズはどうなのか興味があります。11や16に絞っても甘さが出なければいいなと思ってます。

絞りをF11やF16まで絞ってしまえば、どんなレンズであっても回析現象で解像感が落ちてしまうでしょう……

デジカメで絞りすぎて解像度が落ちないレンズってあるんですか?

自分としては期待通りの出来だと思います。広角の単焦点は24mmartしか持っていないので非常に楽しみです。

開放からシャープだと、絞ったときの解像のピークが早い絞りでくるって言ってるんじゃないですか。

あとはこのレンズのボケ味がどうかですね。

絞ると解像が低下するのは、収差補正が優れている証拠です。それを「好きではない」と言われたら、レンズ設計者は心外でしょう。

いろいろな方が書かれていましたが、このレンズは往年のFD 24-35/3.5Lを思い出させますね。「カメラ・レンズ白書」の1980年版を見ると、このFDレンズも開放からピークに近い性能が出ており、少し絞ると24ミリの隅が向上する以外、F11までほぼ均等の画質を維持しています。このシグマレンズのレビューを読んで35年前を思い出し、いささかの感慨を覚えました。

シグマのF2通しのレンズが気になってます。単焦点に比べてAFの速さという点でメリットが出そうですし、ボケ描写・ボケの質がなにより気になりますね。それ次第ではヘタに単焦点を購入するよりいいかもですね。

ただシグマに限っては24mmも35mmも50mmもDG単焦点はカリカリで後ボケふんわりの理想的レンズが多いですからね!予算に余裕のある方はけっこう迷われるかもしれません!


>F11以上の絞りについて
一般相場的にフルサイズ使用時はF11から回折現象が起こると言われていますが、それ以上はさすがに解像度が甘くなりますね。

自分はどんなに絞ってもF8〜F11までです。長時間露光の夜景撮影でも例外なく!

一方絞り解放で周辺光量落ちや口径食、二線ボケ傾向が、PHOTOHITOなどの作例を見るにたいがいのレンズで起きてますんで、一段くらい絞るようにしてます。あと角度を変えたり、それらが出にくい場所に変えたりと創意工夫の世界やと思います。

社長が単焦点三本分をズームにしたと仰っていただけの事はありますね。
旅行用に欲しいなー

このレンズは、まさに往年のFD24-35の再来。最近のシグマの企画力は本当に冴えまくっていますね。想定ユーザーとしては、ストリートシューターやルポカメラマンなのだろうと思います。フラッシュは絶対使わない。どんなに暗くても確実に撮る。現場でレンズ交換はしない。....など。
画竜点睛を欠くのは防塵防滴ではなかったことかな?でも、大きな問題ではないとは思います。本当はキャノンにこそ復刻して欲しかったレンズではあります。F1.4で。

こういう流れでくると、F4で良いので、12-24の画質もこれらのレベルまで上げて欲しいなあと思います。それと大口径85ミリのartレンズですね。ミッシングピースは。

またまたシグマやりますね~
個人的には望遠レンズのリニューアルを期待しています。
70-200F2.8や70-300を!
逆光耐性もしっかり頼みます。

フルサイズだとF11だとまだ絞り足りないことがあります。広角という事を考慮してもF16で満足できる画質を求めたいですね。F5.6からF8くらいがピークで、そこからなだらかに低下していくというのであれば良いと思います。デジカメの高感度画質が上がっている現在では、開放F2よりも絞っても高画質な広角レンズを出してほしいと思ってます。

必要があってF16まで絞るのであって、
その場合は画質は二の次とするしかないでしょう。
あくまでも意図した被写界深度の写真を撮るのが目的なので。

残念ながら光学の原理を超越するのは無理です。
それを克服するためには画像処理による補正で点像復元するしかないです。
もちろん効果は限定的ですが。

本日11:00にホームページで発表みたいですね!

7月30日発売…楽しみです!

発表ありましたね。メーカー希望小売価格は税別15万円。
ニッチな層向けのレンズな分、ちょっと予想より高かったかな。

18日大阪でSIGMA新製品発表会に行って来ました。
その席上で山木社長が24,28,35mmの単焦点レンズを一本にしたとイメージしてもらっても良いということを言われてました。

レンズ構成は高評価の18-35mmをベースにしたそうです。
フルサイズボディを持っていれば、欲しくなる一本だと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが一部のユーザーにD800の無料メンテナンスサービスの案内を送付」です。

次のブログ記事は「パナソニックDMC-FZ330(日本ではFZ300?)の画像とスペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る