ソニーが今年中にα6100とα7000の2機種を発表?

Mirrorless Rumors に、ソニーの新しいAPS-CのEマウント機に関する噂が掲載されています。

Sony rumored to launch both, a new A6100 and A7000 this year.

  • 我々が聞いている最新の噂では、ソニーが今年中に2機種のEマウントAPS-Cカメラのリリースを計画していることが示唆されている。1機種はα6100で、もう1機種はハイエンド機のα7000だ。
  • SonyAlphaRumorsが、α7000のスペックを入手している。しかし、これが実際に正しいスペックかどうかは分からない。

 

最近のSARの噂では「新型機はα6xxxまたはα7000で、α6000の後継機ではない」と述べられていますが、以前に噂が流れていたα6100がα6000の直系の後継機として登場するのでしょうかね。

α7000が先日のSARの噂のような高価なハイスペックモデルになるとすれば、現行のα6000とのギャップが大きすぎるので、α6100がα7000とは別に登場しても不思議はないかもしれません。

なお、元記事に掲載されているα7000のスペックは、先日のSARの記事からの転載なので、ここでは割愛しました。

2015年7月22日 | コメント(10)

コメント(10)

ボディ内手ぶれ補正は大型化を伴いますが要望の多い機能でもあります。
サイズ感で現状を維持した後継品と、より大きいが多機能な上位モデルに分かれるのは当然だと思いますね。
ただそうなると、7000は無印7に迫る値段かも知れませんね。

少しずつ発売時期が曖昧になってませんか…
確かにα7000があの値段だとすると、α7ⅱに行きたくなるかもだし、その間があると考えるべきかもしれませんね

SEL70200Gをつけてバランスが良いボディーサイズなら多少大きくてもかまいません。
値段も結構するでしょうが、レンズキットで20万以下なら買います。
希望としては、高感度が6400でもノイズが少なければ最高!

α7000は全部入り・防塵防滴のハイエンド、α6100はEVFとボディ内手ぶれ補正を残したミドルクラス、α5200?でEVF外付けにしてより小型軽量を追及、というラインナップにしてくれるといいかなと思うんですがどうなりますかねー。

あー、やっぱりα6000の真の後継機有りましたか。
これならα7000の1499ドルという噂も納得できますわ。
高性能でも、α6000ユーザーが買い換えるには高すぎるイメージでしたし。

ここでα5xx0系の噂が出てくれば、旧ラインナップ(NEX7/6/5&3)に戻る感じですかね。
α7000と6100は新センサーでややお高めに、α5xx0は現行センサーでお値段抑え目にと。
α6100はα6000に新センサーと4kって感じなんですかね。

α7000が噂通りのスペックと値段だと
α7シリーズと喰い合っちゃいそうですよね

他社との価格競争を考えると
α7000で10万円ぐらい、
α6100で5万円ぐらいだと思いますが、
発売されてからの楽しみですね。

α6000の後継はしばらく出ないように思うけど...。すぐには必要じゃないので、とりあえず待ちます〜。

>他社との価格競争を考えると
>α7000で10万円ぐらい、
>α6100で5万円ぐらい

それはないと思います。
パナのGX8がボディのみで14万5,000円あたりという話なので、安くてもα7000も15万円くらいするでしょうね。

NEX-7の後継機難民としては、18万円くらいでも買っちゃいますが。

ボクとしては、α5200が出てほしいです。
α5100に新型撮像素子を採用し
・電子水準器
・本体内蔵手ブレ補正
・外付けEVF対応
を加えるぐらいで十分です。

APS-C機がα7IIを超える価格になるんだったら
素直にα7IIを買います。
(それか今もってるNEX-6で がんばる。)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの次のLズームはEF16-35mm F2.8L II 後継機?」です。

次のブログ記事は「パナソニックGX8のJPEGとRAWのサンプル画像が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る