ツァイスが国内で「Batis 2/25」と「Batis 1.8/85」を正式発表

ツァイスがEマウント用の単焦点レンズ「Batis 2/25」と「Batisi 1.8/85」を国内で正式に発表しました。

カールツァイス、フルサイズEマウントレンズ「Batis」を国内発売 (デジカメWatch)

  • カールツァイスは、35mmフルサイズのEマウントレンズ「Batis 2/25」および「Batis 1.8/85」を8月に発売する。価格はBatis 2/25が15万1,000円、Batis 1.8/85が14万500円(いずれも税別)。
  •  鏡胴に有機ELディスプレイを備えるのも特徴。撮影距離と被写界深度が表示される。表示はOFFにできるほか、メートルとフィートの切り替えも可能。
  • Batis 1.8/85は、85mm F1.8の中望遠レンズ。こちらのみ手ブレ補正機構を搭載する。

 

海外で4月に発表されていたBatisですが、国内でも無事に発売が決まりました。価格はこのクラスのレンズとしては高価ですが、Batis 2/25はAマウント用の24mm F2 ZAと同程度の価格なので、ツァイスブランドのレンズとしては標準的でしょうか。Batis 1.8/85も高価ですが、このクラスで唯一の手ブレ補正内蔵は魅力的かもしれませんね。

2015年7月18日 | コメント(14)

コメント(14)

とうとうきましたね。batis85、だいたいいくら位になるのでしょうか?

店頭価格はキタムラネットショップで2/25が¥139,480(税込み)、1.8/85が¥129,760(税込み)となっています。

管理人様、ありがとうございます。
そしていつもお世話になっております。
EF90mm F2.8 Macro OSSと悩んでいましたが、zeissの作例が良かったのと金額の関係でbatis85買うことに決めました。

Batis 2/25、とても気になります。
ソニーの28mmF2を買いたいですが、そのお金をBatis 2/25の足しにするか・・・。
次にどのレンズを買うか悩みどころ。
早くソニーの新レンズのロードマップを見たいです!

Eマウントのレンズは値段が高いですね。

Batis (by Tamron?) 2/25、A7RIIで使う予定で予約しました。価格以外で悩む理由などありませんね。

ずっと我慢してA900を使用してきましたので、1.4/85ZAはもちろん使用中で、AFモータ付きTLMなしA-Eマウントアダプタが出るまで、当面マニュアル・フォーカスで使おうかと思っています。

ソニーさん、素通しモータ付きアダプタ、早めにお願いしますね。

有機ELディスプレイですが、
写真を見る限り青系素子を使ってるってことと、
OFFスイッチがあるってことは、
ZEISS自身も寿命を気にされているようですね。
緑素子だけなら長寿命でしたが。
でも85mm買ってしまいそうです。

フォトヨドバシにも掲載されましたね
25mmが予想以上に良さそうで思わず背中を押された感が・・・

下の85mmF1.4とどっちかは買わないと
ならない気がしてきた・・・

2/25スルーする予定でしたがサンプル見ると中々良さそう。逆光耐性次第ではSAL24F20Z売却して乗り換えようか悩んでます。

LA-EA3が70300G専用になっちゃいますけどね・・・

25mmいいですね。55の出番が多くズームはあまり使わないので、2470Zを売って標準域は25と55の二本体制にしようか思案中です。85mmはソニー版と次のロードマップを見てからですかね

素晴らしいレンズだとは思いますが、やはりデザインが受け入れられません。
カメラもレンズもなるべく滑りにくい形のほうが実用的で不慮の事故も起きにくいと思うのですが、特に冬場のレンズ交換の際にスルッと落としそうで高価なレンズですし怖く感じます。

85mmの方には手ぶれ補正機構が入っているんですね。

昔は、手ぶれ補正はレンズ側が良いかボディ側が良いかなどと論争もありましたが、α7II以来「両側」というのも定着しましたね。

ツァイス本家がこうゆう製品だしてくると、
ソニーツァイスの立ち位置が微妙になってきますよね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年7月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが1インチセンサーの高倍率ズーム機を9月~10月に発表?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムXF16mm F1.4R WR は素晴らしい画質で欠点の少ないレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る