DxOMarkにニコンAF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VRのスコアが掲載

DxOMark に、ニコンの超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」のスコアとレビューが掲載されています。

Nikon AF-S Nikkor 400mm f2.8E FL ED VR lens review 

 テスト機はD810   400mm f/2.8E ED VR    400mm f/2.8G ED VR 
DxOMarkスコア 35 38
解像力 32P-Mpix 33P-Mpix
透過 3.2T 3.1T
歪曲 0.2% 0.1%
周辺光量落ち -1.3EV -1.1EV
色収差 5μm 4μm

  • 36MPのD810での総合スコアは35で、このレンズは非常に高性能だ。解像力のピークは32P-Mpixでセンサーの解像力の90%近い能力を引き出している。解像力は絞り開放でさえ非常に高いが、ピークの性能を得るにはF5.6に絞る必要がある。
  • 色収差は低い値ではあるものの、蛍石が使用されているにもかかわらず、まだ5μm前後残っている。歪曲(わずかな糸巻き型)と透過、周辺光量落ちは全て予想よりも若干大きな値だった。
  • 望遠レンズ群の蛍石を使ったレンズへの入れ替えは、旧型の光学性能を維持しながら軽量化を優先したもののように思われる。

 

新型は旧型と比べて全ての項目で少しずつスコアを落としていて、総合スコアで3ポイントのビハインドとなっているようです。ニコンの蛍石を使った新しいE型の超望遠レンズは、MTFが非常に優秀で、各所のレビューでも高い評価を得ていたので、DxOMarkのこの評価は少し意外な結果ですね。

2015年7月31日 | コメント(8)

コメント(8)

ニコンの超望遠は軽量化優先ですか。
その流れで、サンヨンPF化もあるのでしょうか?
ゴーヨン、ロクヨンはどうなのか、今後のテスト結果が楽しみです。
旧型ヨンニッパをお持ちの方は焦って手放す必要はなさそうです。

三脚を使ってじっくり撮る人にとって
新型にするメリットは少ないんですかね?

頑張って かなり頑張って購入した者としては残念なスコアです。とは言え、他に持っている 200-400f4や80-400に比べれば 凄く良いレンズです。購入後11ヶ月経ちますが未だに取扱いには緊張しています。 この記事は見なかったことにします(笑)

むしろ「軽量化されているもかかわらず、画質をここまで維持できているのは大変素晴らしい」と評したほうが正確な気がしますが、心情的にはなかなかそうはいきせんよね。

連投すいません。
実際に試用した感想としては、新型の方がピント面はパリッとした印象を受けました。
自然物を柔らかく撮れる旧型の方が、個人的には好みの写りです。
スポーツなどを撮られる方は、新型の軽さと引き締まった写りに魅力を感じると思います。

蛍石の採用は、高性能化ではなく軽量化が目的だったようですね。

「蛍石使用は軽量化のため」とCP+で中の人も言っていました。
性能については
・測定誤差(このクラスは近くの道路を車が通るだけで影響あってもおかしくないです)
・個体差(工業製品ですからねぇ…)
の影響の方が大きいと思います

蛍石は理想的な収差補正レンズですので、
DXOマークで計測できない部分の収差が
解消されているのだと思います。
たとえばこの数値では、レンズのヌケ、コントラスト
は不明ですから。
そこにレンズ描写の秘密が有るので、キヤノンも
蛍石に拘るわけです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7R II と5本の単焦点レンズによるサンプル画像が掲載」です。

次のブログ記事は「シグマ24-35mm F2 DG HSM Art は単焦点レンズをしのぐ解像力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る