ペンタックスK-3 II は際立った画質でコストパフォーマンス抜群のカメラ

ePHOTOzine に、ペンタックスK-3 II のレビューが掲載されています。

Pentax K-3 Mark II Review

  • ボディは頑丈でハイクオリティな造りで、全てのパーツが高い水準で仕上げられている。ボディはコンパクトだが、小さすぎることはない。
  • 面白いことに、ペンタックスはフラッシュを省略して、その場所にGPSとアストロトレーサーを搭載している。GPS&アストロトレーサーをオプションで購入すると費用がかさむので、これは天体撮影をする人にとっては非常に魅力的かもしれない。
  • ライブビューは改善されており、ずっと高速になっている。全体的にK-3 II はきびきびと動作する。
  • 液晶モニタはシャープで色が正確で、素晴らしい画質だ。
  • 視度調整は、旧型のスライド式からダイヤル式に変更され、遥かに使いやすくなっている。
  • バッテリーライフはCIPA規格で720枚で、実写でもこれが裏付けられている。
  • 動作速度は、AFを含めて全体にK-3から若干改善されている。連写はJPEGで9コマ/秒に近い速度(8.9コマ/秒)で、K-3よりも更に速い(RAWでは8.2コマ/秒)。とは言え、バッファーは水準を下回っていて、(スローダウンまでに)JPEGでもRAWでも24枚しか撮影できない。
  • サンプルでは、際立ったシャープネスと色のクオリティで、とても満足の行く画質だ。
  • リアルレゾリューションは、通常の撮影との差は小さいが、しかし、忠実度において紛れもない改善が見られる。
  • 高感度はISO400-800では若干ノイズが増えるが、この感度は全く問題なく使用できる。ISO1600はほとんど変わらず、ISO3200でさえよく画質を維持している。ISO6400では画質が低下し、ISO12800では更に低下する。それ以上の感度(ISO25600とISO51200)は、著しく画質が低下する。ノイズを表現として使う場合は別として、ISO25600とISO51200は緊急用だ。K-3 II の高感度は、K-3からわずかに改善されているだけだ。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯では暖色に傾く良好なパフォーマンスで、プリセットではより正確な結果が得られる。蛍光灯でもオートホワイトバランスは良好で、プリセットでは若干マゼンタに傾く。
  • 動画は外部マイクが使用可能で、ヘッドホン端子も用意されている。動画はスムーズで、SRが手ブレ補正を抑えるのに役立っており、印象は良好だ。動画にもデジタルフィルターとカスタムイメージを適用することができる。
  • 現在の価格はボディのみで769ポンドで、コストパフォーマンスは素晴らしい。
  • 引き続きペンタックスは、非常に魅力的な価格で、頑丈な造りで防塵防滴の際立った画質の一眼レフを提供している。新しいリアルレゾリューション機能は成功しているように思われる。GPSとアストロトレーサーの搭載は多くの人に歓迎されるだろうが、フラッシュの省略は残念に思う人もいるかもしれない。
  • 良い点: 素晴らしく鮮明な画質、リアルレゾリューションシステム、GPS内蔵、アストロトレーサー内蔵、92ヶ所シーリングの防塵防滴構造、シャッターの耐久性が20万回、ローパスセレクター、ガラスペンタプリズム、ボディ内手ブレ補正、-3EVまでの低輝度対応のAF、8.3コマ/秒の連写。
  • 悪い点: フラッシュが内蔵されていない、Wi-Fiが標準で搭載されていない。

 

K-3 II は、5点満点のエディターズ・チョイスで、非常に高い評価となっています。このカメラは、リアルレゾリューションシステムが注目を集めていますが、AFや手ブレ補正ユニットなどの基本的な部分も改良されていて、全体的に性能が底上げされているという印象です。

サンプル画像は古いキットレンズ(DA L 18-55mm)で撮影されているためか、少々切れ味に欠ける印象なので、できればDA16-85mmのような、もう少し高性能なレンズを使ったサンプルを見てみたいところです。

2015年7月 4日 | コメント(18)

コメント(18)

手振れ補正効果が4.5段に強化されたSRについて言及されていないのは意外ですね

Wifi非搭載はSDカードで追加できるから妥協できる点ですね。
ダブルスロットなのでスロット1には高速SDカードでRAWを記録、スロット2にはWIFI搭載カードでネット用縮小JPEGを記録しWIFI転送、というように設定できるそうですし。

外付けストロボが普通につかえるようになったのが、個人的にはすごい進化なんですが。
今まではGPS使うと、内蔵も使いづらかったですし。

先日K-5を驚くほどの安値で購入したばかりなんですが、AFとか露出が噂どおり暴れるので、マニュアル専用になりつつあります(もともとそのつもりだったんですが)
K-3系は魅力的なんですが、自分は手が小さくてグリップを握るとシャッターボタンに指がうまくとどかないんです。この記事を読んでめちゃくちゃ惹かれますが。グリップ交換サービスないかな?
個人的には、もうそろそろEVF搭載のK-02で、ミラーがない分安め、だけどK-S系統よりやかましくない(K-01のシャッター音は素晴らしい!)のが欲しいです。グリップもゴムカバーでなく(笑)そして、満足度はK-3Ⅱ並み(大事、MXっぽく)!うーん、欲張りすぎかな?

いつもePHOTOzineのレビューは褒め過ぎの気もしますが、ペンタックス好きとしては悪い気はしないですね(笑)。

ペンタックスのJpeg色が好きなので、K-3Ⅱはとても気になるのですが、予算的にK-3(無印)にするか、K-S2にするかとても迷っております。

>ぬこペンさん
自分もK-02みたいなミラーレスには期待したいのですが、リコーへの何かのインタビューでミラーレスには消極的な感じでしたので、残念ながら半分あきらめております。

>高感度は、K-3からわずかに改善されているだけだ。

高感度ばかりが指標として注目されますが、K-3IIは低感度番長ではないかと。
BORGなどの解像度の高いレンズで、低感度で撮ったモノを見ると、鳥の羽毛解像など、EOS7D2やD7200では到底及ばない高画質が目に飛び込んできます。

次こそプチッとなるシャッターボタンショックを無くしてほしい。
他社上級機や645Zはプチッとならずスッっとボタンを押し込めます。
ボディ生成のJpegがRAW編集ソフトで再現出来れば、ペンタックス色を
もっと推し出せるのに、現状の他社丸投げソフトでは無個性です。

こういった高評価でもっとセールスに結び付くといいですね。

RRSと通常撮影の違いが小さいというのは使用したレンズの性能もあるんだろうと思う。
WB、高感度や連射も据え置きではなく少しだけ手を加えているのは好感が持てる。
元々他社APS-Cと比べても出てくる絵はトップクラスなので、今回は細かいアップデートも含めなかなか良いマイナーチェンジだと思う。

ペンタ使いとしては、やはり、望遠レンズ内の手ぶれ補正内臓が欲しいですね。
4.5段分のカメラ内蔵手ぶれ補正でも、望遠だと手持ち不可になってしまいます。
特に遠い小鳥などはブレッブレです。
ファインダーで像が止まらないのは歩留り悪いです。
AFの正確さや画質は他には負けないんですがね。
150-450の純正レンズには付いてくると思ったんだけどなあ。
K-3IIはリアルレゾリューションシステムを生かすためにもレンズ内補正が必要になると思うんだが。

レンズ内手ぶれ補正はファインダー像が安定するというメリットがありますが、一方でレンズの個体差で性能が異なる(誤動作でぶれを増幅させることすらある)という経験を多くしているので、言われるほどいいものではないと言うのが個人的な感想です。

加えてレンズごとに手ぶれ補正機構を用意することでコストにも影響してきますので、そうした面も加味するとボディ内手ぶれ補正で突っ走って欲しい気がしますね。

良いカメラなのは、十分理解しているつもりですが、個人的には内蔵フラッシュが無い点が購入を少し考えさせられます。6年使用しているK-7が少しお疲れなので後継をどうするか思案中です。

「不満点が全くない」といったら嘘になりますし、個人的にはGPSとアストロトレーサーよりもフラッシュ内蔵の方がよかったですが、この価格帯と位置付けの写真機としてはとても完成度が高いと思います。

どちらかというと問題はレンズの方で、ラインナップの拡充やリニューアルで多くの人に受け入れられる体制を整えないと、いつまで経っても「手を出し難い、勧め辛い」ままだと思います。

私はボディ手ぶれ補正派ですね~
今のところ手持ち300×1.4で小鳥撮りでもあまり困ってませんので
これがレンズ補正になって、レンズ重量が増えて機動性が落ちるのはあまり好ましくないところです(特に最新の150-450や70-200のような重量級のものは特に)

たまにレンズ手ブレ補正のレンズを使うとファインダーの画がカメラの挙動と合ってなくてファインダー酔いしてしまう(笑)のも苦手だったり

>ふっちゃんさん
ミラーレスの件、情報ありがとうございます。ちょっと残念ですね。
K-3といい、K-Sと言い、素晴らしいカメラですが、何がとっつきにくいかというと結局マニアックなところなんですよね。
キヤノンにおけるKissが欲しいんですが、そこに期待したK-01も結局マニアック(笑)EVFなら、ペンタプリズムに拘らなくて済みます(つける以上は手を抜いて欲しくない)!ニッチなのがペンタの良いところではあるんですが。
今、ミラーレスが良い感じなのはキットレンズの標準ズームが許容できる大きさで高画質なのもあると思います。フィルム時代の標準キットを今見ると意外とコンパクト。
だから、一眼レフにおけるキットレンズの解答をペンタに出して欲しいですね。ビスケット40mmは正直フルサイズ用でしょう。
ペンタのフルサイズが出れば、ハイスペック中級機のK-3Ⅱの立ち位置もよりはっきりとすると思うので、モヤっとしてるペンタヒエラルキーも刷新されるかもしれませんね。

掲示板などではK−3からの買い替えは不要などとの意見もありますが
使ってみると差に驚きますね

以外だったのはアストロトレイサーの精度が格段に良くなっていること

サンプル画像 このレンズの場合
絞っても解像感は それほど増さないので
逆にF6.3ぐらいのISO-100設定の方が良かったかも知れませんね

設定が固定気味なので
このカメラなら もう少しポテンシャルは上だと感じます

現在K-3を使っていますが、K-3IIの評判が良い記事だと嬉しくなります。(なんか身内が褒められているようで。。。)
もともとPENTAXは購入しやすい価格だけど機能的、性能敵にも他社に引けをとらない製品でユーザには優しいメーカなので、そこのところがもっと評価されてもよいと思うのですが。。。
今はボディーに力を入れてるようで、それはそれでよいと思いますが、できればカメラシステムとしての充実を図ってほしいと思います。
まずはレンズやフラッシュの拡充をお願いしたいです。せっかくK-3系も良い方向で成長してきたので。。。
こうなってくると後に控えるFF機の発売に期待が大きくなります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 6D Mark II のセンサーは24MPか28MP?」です。

次のブログ記事は「オリンパス8mm F1.8 Fisheye PRO はライバル不在の高性能な魚眼レンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る