富士フイルムXF16mm F1.4R WR は素晴らしい画質で欠点の少ないレンズ

ePHOTOzine に、富士フイルムの広角単焦点レンズ「XF16mm F1.4R WR」のレビューが掲載されています。

Fujifilm Fujinon XF 16mm f/1.4 R WR Review

  • 鏡筒は金属とハイクオリティなプラスチックの組み合わせで、造りはとても良好で頑丈に感じる。とは言え、重さはわずか375グラムしかなく、F1.4の大口径レンズであることを考えるととても軽量だ。
  • フォーカスリングは十分な重さがあり、ピントの微調整は快適に行える。フォーカシングはインナーフォーカスで、フィルター枠は回転しない。フォーカスリングを手前に引くと、距離目盛りが現れ、マニュアルフォーカスモードに素早く切り替えることができる。
  • AFは素早く正確で、ほとんど迷うこと無く被写体に合焦する。
  • 最短撮影距離は15cmで、引きのない場所や、たまのクローズアップ撮影に便利だ。
  • 解像力は中央は開放からとても良好(very good)だが、隅はまずまず良好(fairly good)にしかならない。絞ると、全域で解像力は増し、F2で中央は際立った値(outstanding)、隅はF8で素晴らしい値(excellent)になる。
  • 色収差は、(ピークとなる)開放時に隅で3/4ピクセルをわずかに下回る値でよく補正されている。この低いレベルの色収差は、トリミングや大判のプリントでも目立たないはずだ。
  • 周辺光量落ちは、開放で2.3EVで、このクラスのレンズとしては標準的だ。F5.6以上に絞ると見た目に均一になる。
  • 歪曲は1.29%のタル型で、これはこのクラスの広角レンズとしてはとても典型的だ。歪曲の形は画面全域で整っているので、後処理での補正は比較的容易なはずだ。
  • 逆光では厳しい状況でも、フレア耐性は良好だ。コントラストは、太陽を入れた場合でも良好に維持されている。
  • 価格は730ポンドで、開放F1.4のレンズとしてはコストパフォーマンスは良好だ。
  • このレンズは素晴らしい画質だ。頑丈な鏡筒の造りや防塵防滴仕様であること、使い勝手の良さを考えれば、730ポンドの価格はとてもリーズナブルなように思える。ハイクオリティで高速な広角レンズを欲しがっているXシリーズのユーザーは、容易に要求を満たすことができるだろう。このレンズは欠点はほとんどなく、優れた点が多々あるレンズだ。
  • 良い点: 開放時の中央のとても良好な解像力、絞った時の全域での素晴らしい解像力、比較的軽量、伝統的なデザイン、素晴らしい造り、防塵防滴。
  • 悪い点: 隅の開放時の解像力がそこそこにしかならない。

 

解像力は、開放時の隅だけは多少低目ですが、絞れば十分に改善するので問題はなさそうです。それ以外は、特に問題はなく優等生的なレンズという印象です。サンプルでは、接写は雰囲気のある描写で、遠景も隅までシャープな描写なので、絞りを開けても絞っても楽しめそうなレンズですね。

2015年7月18日 | コメント(1)

コメント(1)

これは実践的な良いレンズだな軽いのがイイ,最近のフルサイズの24mmF1.4は重量級だからな


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスが国内で「Batis 2/25」と「Batis 1.8/85」を正式発表」です。

次のブログ記事は「EOS Kiss X8i のDxOMarkのスコアは旧型から大幅に改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る