シグマ24-35mm F2 DG HSM Art は単焦点レンズをしのぐ解像力

LensTip に、シグマの大口径広角ズーム「24-35mm F2 DG HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma A 24-35 mm f/2.0 DG HSM

  • ズームリングは非常に重いが、スムーズに回転する。フォーカスリングは十分な重さがありスムーズだ。無限遠から最短までの回転角は120度だが、回転角の大部分は近接域で、無限遠から1メールまでの回転角はわずか20度しかなく、残念ながら少し回転角が少なすぎる。
  • 中央の解像力は、24mm開放では42lpmm(良像の基準値は30-32lpmm)、最も解像力の低い28mmでも37lpmmで、ただ称賛あるのみだ。絞ると解像力はF4でピークになり、44~46lpmmに達する。これは単焦点レンズと同等の解像力で、24-35mm F2 は3本の単焦点レンズを1つにしたと言っても全く大げさではない。この結果は(35mmで)キヤノン35mm F2 ISを若干上回っており、(28mmで)ニコン28mm f/1.8Gの解像力を大きく超えている。
  • APS-Cの隅の解像力は、開放でもズーム全域で良像の基準値を超え、F5.6では40lpmmを超えており、間違いなく素晴らしいものだ。シグマ24-35mm F2の解像力は、EF35mm F2 ISよりも若干優れている。
  • フルサイズの隅の解像力は、開放ではズーム全域で良像の基準値を若干下回るが、単焦点のEF35mm F2 ISでもF4まで絞らないと基準値を超えないので、シグマの解像力に不満は無い。絞ると、シグマはF2.8よりも前に良像の基準値を超える。ニコンの28mm f/1.8Gと35mm f/1.8Gと比較してもシグマは同等以上の解像力だ。
  • 解像力テストは驚きの結果で、シグマ24-35mmを購入すれば、いくつかの単焦点レンズを所有する必要はなくなるだろう。
  • 軸上色収差は、よく補正されており、開放でのみ目に付くが激しいものではなく、F2.8に絞ればほぼ完全に消失する。
  • 倍率色収差は、最も目立つ広角端でも0.08-0.09%で、"低い" と "中程度" の間の値が維持されていて、問題は無い。
  • 球面収差は全く問題はなく、フォーカスシフトは見られない。
  • 歪曲は24mmでは-3.24%のタル型で、これはシグマ24mm F1.4 Artの-1.20%やニコン24mm F1.4Gの-2.03%よりも大きく、ここでは単焦点レンズの方がずっと優れている。28mmでは-0.79%のタル型で、ニコン28mm f/1.8Gの-1.13%よりも若干良好だ。35mmでは+0.77%の糸巻き型で、キヤノンEF35mm F2 ISの-1.34%やニコン35mm f/1.8Gの-1.62%よりも優れている。
  • コマ収差は少々残念で、APS-Cの隅では問題が無いが、フルサイズの隅ではズーム全域で容易に目に付く。非点収差はとてもよく補正されている。
  • 周辺光量落ちは24mm開放で59%(-2.56EV)で非常に高い値だ。F2.8では37%(-1.32EV)で、F4以上に絞って初めて穏やかな値になる(F4で-0.73EV)。28mm開放では56%(-2.39EV)、35mm開放では55%(-2.31EV)で、大きな違いはない。周辺光量落ちは不満がある値だが、キヤノンEF35mm F2 IS は開放で66%でシグマよりも悪く、ニコン28mm f/1.8Gは48%でシグマよりも8%良好なだけだ。
  • このレンズは非常に大口径で画角の広いレンズにもかかわらず、逆光耐性に大きな問題はなかった。グリーンのゴーストがいくらか見られるが、それほど大きなものではなく、強烈でもない。
  • AFは爆速ではないが十分な速度で、作動音もしない。無限遠から最短までは焦点距離にかかわらず0.7-0.8秒だ。AF精度は、スタジオ内のテストでは全ての画像がシャープで、5D3との組み合わせではAF調整の必要はなかったが、50Dではごくわずかに前ピンだった。
  • このレンズは、解像力に関しては、どのメーカーのF1.8やF2の単焦点レンズと比べても良好で、「3本の単焦点を1本に」という言葉は、単なるマーケティングのためのスローガンではない。
  • 良い点: 他には無いスペック、しっかりとしたスタイリッシュな鏡筒、中央のセンセーショナルな画質、隅の良好な解像力、軸上色収差が穏やか、倍率色収差がわずか、球面収差が適切に補正されている、中間域から望遠側の歪曲が少ない、非点収差がわずか、静かで速く正確なAF。
  • 悪い点: フルサイズで広角端の歪曲が顕著、コマ収差が少し大きい、ズーム全域で周辺光量落ちが非常に大きい。

 

このレンズは、超大口径のズームレンズにもかかわらず、ズーム全域でニコンやキヤノンのF2クラスの単焦点レンズの解像力を超えているのはすごいですね。

広角端の歪曲だけが、単焦点レンズに負けていますが、それ以外カテゴリではF2クラスの単焦点と同等の性能で、画質の面では本当に単焦点レンズ3本分に相当するレンズと言っていいかもしれませんね。

2015年8月 1日 | コメント(16)

コメント(16)

これはすごいですね。
このレンズがやがて、24-50 f2とか、24-70 f2とかに進化していくんだろうか・・・

これは凄いですね。
店頭で軽く触っただけですが、確かに単焦点と比べても悪くなさそうでした。
汎用性のある広角レンズとして有用になりそうですね!

驚きしか出ないというか。この値段でレンズ交換の手間・ダスト混入のリスクを少なくできれば大きいなぁ。
レンズ変えてたらシャッターチャンスを逃してしまったみたいなことも減りそうだし。
この調子で40-55みたいな標準域をカバーできるようなレンズ期待してますよ!
でも重たくなりそうだなぁ…

是非、ソニーマウントも出して欲しい1本です。
先日24-105mm F4 DG HSM | Artのソニー用が出たので希望を捨てないで待っています。

APS-Cサイズ用の18-35mmF1.8を使っていますが、素晴らしい性能でしたので、24-35mmF2にも期待していました。
予想通りの仕上がりのようで、最近のシグマには本当に驚かされます。

面白いとはおもうが、やはり1kg近い重さは如何なものかと思う。24-70なら買う、24-50なら悩むけど買わない、個人的にはこんな感じです。

この記事は読むんじゃなかった…
18-35/1.8とD7200の組み合わせに満足していたけど、フルサイズとこちらのレンズに食指が…

個人的に未だ主力のオリンパスのZD14-35mmF2.0とどっちが解像度が
高いか興味があります
高性能のズームレンズは高価で重量が少し重たくなってしまいますが、
使い勝手が良いので一本持っていると大変重宝します

この性能出すためにはしょうがないんだろうけど、20-35か24-50だったら迷わず買ってたな。

この性能を見るとますますシグマ標準ズームArtの出来に期待しますね!
今年中に何らかのアナウンスがあれば良いんですが・・・

素晴らしいけど、私の場合コマ収差が大きいだけで対象外。

普段使いは35ミリ、時々24ミリくらいの広角が欲しくなることがありますが、この大きさ、重さではとても使う気になりません。18-35f1.8を使ってみて大きさ、重さが意外に重要なポイントだと気が付きました。単焦点3本分!と聞くととてもいいものに思えますが、実際28ミリ域は足で稼げる程度しか使わないと思いますし。購入を考えている方は店頭で試してみてから決めたほうがいいと思いますよ。

単焦点の良さは明るさと軽さにあると思います。
明るさと複数の画角を持つこのレンズは、
レンズ交換の時間がない時はいいかも知れませんね。
僕は軽さの面で単焦点を選びますけど…

やはり24-35でこの大きさ重さではどんなに良くても優先順位は低いですね。
24、28、35の三本をとっさに付け替えるって限られる需要でしょう。
35-50、50-85とからならかなり検討しますけど。

標準域~広角好きならばそそられないはずもないレンズですね。
タムロン15-30/2.8 VCの購入予定に待ったがかかりました。

年明けに買おうと思っています。仕事で使うのに良い画角なので。収差のことを気にする方がいますが、それが関係するほどの写真って???


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年8月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにニコンAF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VRのスコアが掲載」です。

次のブログ記事は「パナソニックGX8とGX7、E-M5IIとの比較サンプルが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る