ソニーFE28mm F2 は開放では甘いが1段絞れば劇的に改善する

SLRGear に、ソニーのEマウント用の広角単焦点レンズ「FE28mm F2 (SEL28F20)」のレビューが掲載されています。

Sony FE 28mm f/2 SEL28F20 (Tested)

  • 解像力は、開放ではそこそこだが、絞ると大幅に改善する。 隅はフルサイズ機ではF2では甘いが、F2.8に絞れば劇的に改善する。F4では更に良くなり、そしてF5.6で解像力のピークに達し、かなりシャープになるがカリカリにはならない。回折の影響は(α7では)F11から見られ始め、F16ではまだ良好だが、F22では顕著に解像力が落ちる。
  • 色収差は自動補正ONでは良好に保たれている。開放付近では色収差は目立つが、絞ると大きく改善する。自動補正をOFFにすると、色収差はとても目立ち、ハイコントラストの部分にマゼンタとシアンの色ズレが現れる。
  • 周辺光量落ちは、APS-Cでは開放で0.66EVでそれほど大きな値ではないが、フルサイズでは状況は大きく変わり、開放で1.66EVになる。絞ると周辺光量落ちは改善し、F2.8で1EV、F4で0.75EV、それ以上に絞ると0.66EVになる。カメラ内補正を使うと、周辺光量落ちは顕著に改善する。
  • 歪曲はカメラ内補正をOFFにすると非常に目立つ。我々は、いくらかタル型の歪曲があると予想していたが、このレンズはフルサイズ機では、隅で+1.875%の歪曲が測定された。歪曲の自動補正はとても効果的だ。
  • AFは非常に速い。作動音が静かなので、動画にもとても向いているはずだ。フォーカシングはインナーフォーカスで、前玉は回転しない。
  • フォーカスリングはバイワイヤ(モーター駆動)で、AFとMFの切り替えはボディ側で行う。フォーカスリングは非常にスムーズに回転し、無限遠と最短で止まらずにどこまでも回転する。他のFEレンズと同じように、距離目盛りは省略されている。
  • 鏡筒はしっかりとした感触の金属製で、頑丈な造りだ。
  • FE35mm F2.8と比べると、35mm F2.8の方が少しシャープで、色収差と歪曲も若干少ない。
  • FE35mm F1.4と比べると、35mm F1.4は遥かに高価なプログレードレンズだが、F2.8まで絞れば28mm F2と35mm F1.4は同程度のシャープさになる。しかし、隅はF2.8に絞っても35mm F1.4の方がまだ若干良好だ。
  • このコンパクトな広角レンズは、若干高価なことを気にしないなら、お散歩用レンズや風景、旅行用に素晴らしいレンズだ。

 

このレンズは、開放付近は少し甘いようですが、1段絞れば大きく改善し十分な解像力になるようです。ツァイスほどカリカリっとした描写ではないようですが、開放付近のソフトさを活かして雰囲気のある写真を撮るのによさそうです。

あと、単焦点レンズとしては、歪曲がかなり大きいのが気になるところですが、これは自動補正前提で、その分、軽量コンパクトに設計しているのかもしれませんね。

2015年8月29日 | コメント(5)

コメント(5)

これはお気に入りで7R2と組み合わせて使っています。
F8まで絞っても「隅々まで解像」したりしませんが軽量コンパクトでスナップには十分ですしDistagon 24/2ZAみたいなフレアを出さないので晴天でも安心して使えます。

α7IIで愛用していますが、価格・性能・サイズのバランスが良く整ったレンズだと思います。

補正前提の為、周辺部の描写はあまりよくありませんが、サイズとバランスを考えれば仕方がないところ。
(それでも、中央部はフルサイズらしい解像を見せてくれます)

もう少し、こういった実用性の高いレンズが増えて欲しいものです。
(後、もうちょっと望遠のレンズも頑張ってほしい・・・。)

早くこの無印F2をシリーズで出して欲しいですね。35,40,45辺りの焦点距離でぜひお願いします。

性能の割りに少し割高に感じます。
まあでも最近のインフレ(というか円安)を考えれば仕方のない事なのかもしれない…

m43もそうですが、補正を前提にして設計するとかなりコンパクトになるみたいですね。このようなコンパクト重視の製品も出して間口を広げて欲しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年8月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムとパナソニックと東芝が9月中旬までに共同で何かを発表する?」です。

次のブログ記事は「キヤノンG3 X のDxOMarkのスコアは予想よりも低い値」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る