富士フイルム XF 90mm F2 R はポートレート用にとても有用なレンズ

eHPTOZOzine に、富士フイルムの中望遠単焦点レンズ「XF90mm F2 R LM WR」のレビューが掲載されています。

Fujifilm Fujinon XF 90mm f/2 R LM WR Review

  • 鏡筒は金属とハイクオリティなプラスチックの組み合わせで、しっかりとした造りだが、比較的軽量だ。
  • フォーカシングはインナーフォーカスで、鏡筒は伸びず、フィルター枠も回転しない。フォーカスリングは十分な重さがあり、微調整も快適に行える。AFはクアッドリニアモーターのおかげで速く、精度は開放付近でも十分に信頼できる。
  • 解像力は、中央は開放では素晴らしい値(excellent)にわずかに届かない値で、隅は良好な値(good)だ。絞ると画面全域で解像力は増し、F2.8からF8の間では中央は際立った値(outstanding)、そして隅はF5.6からF8で素晴らしい値(excellent)になる。
  • 色収差は、Imatestでかろうじて検出できる値で、極めてよく補正されている。色収差は低いレベルなので、周辺部からのトリミングや大判のプリントでもほとんど目立たないはずだ。
  • 周辺光量落ちは開放で0.6EVで、良く補正されている。F4以上に絞ると、見た目に均一になる。
  • 歪曲はわずか0.618%の糸巻き型だ。歪曲は目立たないが、もし補正が必要なら、歪曲の形は整っているので、後処理は比較的容易なはずだ。
  • 逆光耐性は非常に高く、かなり厳しい条件でもフレア耐性は高い。光源を入れて撮影した場合でさえ、コントラストは良好に保たれている。
  • このレンズの価格は700ポンド前後で、コストパフォーマンスはとても良好だ。
  • 換算135mmのレンズは以前ほど人気が無いが、この画角はポートレートには理想的だ。このレンズは開放から中央は非常にシャープで、AFが速く正確で、この種の撮影にはとても役に立つ。全体的に、このレンズは素晴らしいレンズで、富士Xシリーズのユーザーの間で多くのファンを獲得するはずだ。
  • 良い点: 中央の開放時のとても良好な解像力、絞った時の際立った解像力、比較的軽量、伝統的なデザイン、素晴らしい造り、防塵防滴、素早いAF、歪曲と周辺光量落ちが少ない。
  • 悪い点: レンズを使用していないときにフォーカス機構が内部で固定されていないのでカタカタ言う(とは言え、これは全く普通のことだ)。

 

解像力は開放から十分に高く、歪曲や周辺光量落ち、色収差も非常に優秀で、優等生的なレンズという印象です。実写では開放付近のボケがとても綺麗で、また、絞ると周辺部まで切れ味が良い描写になるので、ポートレートでも風景でも被写体を選ばずに使えそうですね。

振るとカタカタと音のするレンズは他にもいくつかありますが、これはこのような仕様であると分かっていれば問題はなさそうです。

2015年8月 6日 | コメント(4)

コメント(4)

シャープですけどカリカリした描写ではなくていいですね^^
そこらへんにお金落ちてないかな(笑)

悪い点はカタカタ言うだけですか。
まあカタカタ言うと早く壊れるんじゃないかっていう根拠なき不安が湧きますからね。
強いて挙げるなら欠点はカタカタ、踏みとどまる理由は価格だけっていう感じですね。

dpreviewの方に掲載されていた実写サンプルも素敵でした。

ネガらしい、ネガがないですね。欠点はなし。実に135mmの単焦点らしい性能ですね。
敢えて言えば焦点距離が焦点距離なので手ブレ補正が欲しいくらいですね。やはり大型化、画質の低下を避けるならばボディ内ですか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年8月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが換算24-4800mmの200倍ズームを搭載したP4000を計画中?」です。

次のブログ記事は「タムロンが「18-200mm F/3.5-6.3 Di II VC(Model B018)」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る