シグマがEマウント&m4/3用の24mm F2.8 DN Art を近日中に発表?

Mirrorless Rumors に、シグマのミラーレス用の24mmレンズに関する噂が掲載されています。

Sigma will soon launch a new 24mm f/2.8 ART lens for Sony E-mount and MFT.

  • あるソースが次の様に述べている: シグマはAPS-C Eマウント用の新しい24mm F2.8 DN Art レンズを準備している。このレンズは30mm と比べてより高い解像力、60mmとほぼ同程度の解像力が期待できる。AFも30mmと比べてより高速になる。発表は9月中でごく近いうちに行われる。
  • 他のソースから、このレンズのマイクロフォーサーズ版も発売されると聞いている。

 

「信憑性は中程度」という但し書きが付いているので、あまり期待しすぎない方がいいかもしれませんが、24mmは、APS-Cでは換算36mmの準広角レンズ、m4/3では換算48mmの標準レンズとなるので、本当に登場すればどちらのフォーマットでも使いやすいレンズになりそうですね。

2015年9月13日 | コメント(29)

コメント(29)

APS-Cの準広角レンズはA.Eマウント両方に求められたレンズなので嬉しい。


マイクロフォーサーズアスペクト比 4:3の48mmの画角は

角度修正も含めるとちょうどいい。

30mm だとちょっと狭いし、19mm広い。
なんて時に丁度良い画角ですね。

価格は他のDNレンズと同じ位だとうれしいのですが、
今出ているレンズは、DPシリーズのレンズを交換式にしただけなので、
開発費がかかってない分、価格は抑えられてますが。

最近,Eマウントの19mm買おうと思ったのに黒がamazon,ヨドバシ共に品切れなので19mm刷新かな?と思っていたんですが
ほんとは24mm欲しかったので出たらいいなあ

ソニー自身がフルサイズに目がいっちゃってるような状態での他メーカー参入の噂は素直に嬉しいですね。APSにはAPSのよさがあり、フルサイズに凌駕されるものではないと思っております。この流れで是非14mmなんかも出してくれちゃった日にはDNレンズ5本で14mm~60mm(換算21mm~90mm)を10万前後で揃えられるなんて事もありえるのですかね。それはかつてのシグマさんにあったレゾンデートルであり、ARTレンズを提供する今になっても忘れないで欲しいなー。

これ本当なら凄く良いですね!
今、35mmの単焦点レンズを購入しようと考えていますがα7用のSEL35F14z、SEL35F28zどちらも高額でなかなか手が出せません。
APS-C用24mmならα7で36mm、後に購入予定のα6100でも使えるので期待してしまいます。

19mmARTの価格が現在20000円以下なので同じ価格帯で買えたらさらに嬉しいです^ ^

パナの25mm F1.7より、さらに一回りお安いなら、スナップ用にアリかなぁ・・・

F値を2.8と抑えているならば、ぜひパンケーキレンズで出して欲しいです。
パンケーキでそれなりに寄れれば、買います!!

マイクロ4/3は描写の良いズームレンズも揃っているので単焦点であればF2.0以下かもしくはパンケーキやマクロなどの特徴がなければ食指が動きません。

以前のシグマ社長インタビューでは『ソニーと富士のAPS-Cミラーレスに注目しているが、M4/3は既にレンズが十分ありますよね』という発言があったと記憶しています。
それから察すると、Xマウント版も登場するのではと思うのですがどうなのでしょう?
M4/3で換算48mmは使いやすい画角でしょうが、でもF2.8でその割に大きめという結果になるわけで、イマイチ使えないイメージもあります。
あと、無理だろうとは思いますがフルサイズEマウントでも安価でシャープな24mmF2.8は魅力あるスペックですよね。周辺暗くても可。

マイクロフォーサーズ用3兄弟のうちの60mmを持っていて、とても気に入ってます。
この24mmが最短撮影距離20cmだったら買ってみたいのですが。

Eマウントを一度は手放してしまった私ですが
こうやってAPS-CのEマウントレンズが活発になると
また戻りたくなりますね
ソニーの24/1.8ZAは画質はよかったもののあの長さなので
あまりスナップ向きとはいえなかったこともあり
シグマの24/2.8にはぜひ薄さも追求してもらいたいところです

シグマさま、dp0Q用に設計した14mmもついでにレンズ製品化、いかがでしょうか。。。。

さらに長くなりますが!!

A4さん
>今出ているレンズは、DPシリーズのレンズを交換式にしただけなので、
DNシリーズとDPシリーズとは直接関連はありません。
レンズ構成(枚数も)全く違います。
あくまでDPシリーズの画質を追求し、限られたコストの中で実現されたものです。

個人的には14mmではMFTで28mmなので、12~13mm辺りがあるといいのですが。

30mmを持っていました。
写りに文句はなかったのですが、オリンパス25㎜F1.8を買った事でお役御免→売却となりました。

シグマの新24㎜の写りには期待しますが、F値が2.8だと購入にあともう一歩どうしても躊躇するのではないか、と。。。
F1.4ならかなり期待値は上がるのではないでしょうか。
・・もちろん値段も上がるでしょうけど(笑)

まってました!!

一番オールマイティーな35mm画角。
つけっぱなしレンズとして
F2.8で開放から使える軽量コンパクトな24㎜を待ってました。


是非、30㎜ DN Art・FE35mm程度のサイズでお願いします!!これでクォーターマクロなら完璧

すげえ楽しみです。気軽に買える価格だと思います。
最近Xマウント機ばかりですが、これが出たら久しぶりにEマウント使ってみよう。防湿箱で寝てます。
で、DPシリーズで1.5なんてバージョンがこのレンズで出るのでは?と思ったりします。

これは、正に待ってましたぁ! と言わんばかりの品です。ドストライクです。Eマウント用を必ず買います。

Eマウント用を是非買おうと思います!
純正の24mm F1.8は素晴らしいレンズには違いないと思うのですが如何せん高すぎます.

30㎜F2.8があるのに 24mm F2.8を出すというのは、パンケーキレンズなのでしょうか?

60mm F2.8 (または48㎜ F2.8) も発売して欲しいものです。
もちろん、他のF2.8と同様の低価格でお願いしたいところです。

>sony踏ん張れ! さん
>それはかつてのシグマさんにあったレゾンデートルであり

レゾンデートル(存在意義?)、シグマに限らずレンズ専用メーカーは嘗てはそうでした。

パナのμ4/3にもボディー内手振れ防止が装備されてきたので、レンズバリエーションが増えるのは歓迎です。

近頃はEマウントのAPS-C用純正レンズの音沙汰が無いので、どんどん作って貰えたら嬉しいですね。
ラインナップが増えていくことを期待します。

待ってました!
F2.8で良いのでコンパクトでよく写るのを期待してます。ソニー純正(ツァイス)は評判は良いみたいですが、値段は高いし大きいので私は購入に踏み切れませんでした。Eマウントだとスナップにピッタリの画角なので、気軽に使えて軽快なのだと嬉しいですね。

なんで、わざわざマイクロフォーサーズの激戦区に乗り込んでくるのやら。
しかもNOKTONみたいに他に勝る仕様があるならともかく。

マイクロフォーサーズで未だに層の薄い焦点距離を出してくれれば、みんな幸せになると思うんだが。

dp0の14mmが来るかと思っていましたが24mmなんですね。
F2.8ということは従来通りのコンセプトのレンズなのか、ガラッと変えてくるのか興味があります。

まさかのFEマウント対応なんてことは...ないか(汗

m43の標準域ってパナライカ、オリ1.8、Nocton、Kowaって4本ありますからねぇ。F2.8の標準レンズってニーズあるのかしら

2.8だと正直もう一声欲しいところですが、
ほかの方もコメントされてますがパンケーキなどのコンパクトならアリですね、
一番欲しいのは14mmですが。

m4/3ユーザーですが

SIGMA 30mm F2.8 DNや
LUMIX G 20mm F1.7 Ⅱ ASPH.は

最大径が大きすぎて威圧的なので
これよりコンパクトであることを切に願います

サイズはOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8が理想
レンズの長さは22mmぐらいで

m4/3用24mmF2.8、もっと出すタイミングが早かったら買ってたかもしれません。といいますのも、12-40mmF2.8PROを買ってしまいましたので・・・。

24mmかぁ、、 
価格次第で欲しいかも? でも 本当に欲しいのは、35mm換算で20mm以下なんですよね、、


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2015年9月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスMilvusシリーズのレンズのサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「EFマウントの超高感度カメラME20F-SHのサンプル動画が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る