KOWA PROMINAR 12mm F1.8 は像面湾曲が大きな問題

photozone に、KOWAのm4/3用の広角単焦点レンズ「PROMINAR 12mm F1.8」のレビューが掲載されています。

Kowa Prominar MFT 12mm f/1.8 - Review / Lens Test

  • 鏡筒は金属製で、PROMINAR 8.5mm F2.8 や25mm F1.8 と同レベルのしっかりとした造りだ。m4/3のレンズとしては鏡筒は大きく、そして重い。電子接点は用意されて無いので、AFやExifの記録、カメラからの絞りのコントロールはできない。
  • フォーカスリングは、スムーズに回転する。
  • 絞りリングをスチル用のクリックありと、動画用のクリックなし(スムーズに回転する)モードに切り替えられる「デュアルリンク絞り」機能が用意されている。
  • 最短撮影距離は0.2m、最大撮影倍率は1:10と控えめだが、オリンパスのライバルよりは若干寄れる。
  • 歪曲は1.1%のタル型で、このクラスのレンズとしては小さい値だ。KOWA PROMINARシリーズのレンズは、多くのm4/3レンズと異なり歪曲の補正を自動補正に頼っていない。
  • 周辺光量落ちは、開放で1.6EVで明確に目に付く。絞ると若干改善するが、期待したほど大幅には改善しない(絞り込んでも1EVの周辺光量落ちがある)。
  • 解像力は、中央は開放からシャープで、周辺部は許容範囲内だ。しかし、像面の湾曲があるので、開放で平面の被写体を撮影すると、隅は極めて甘くなるだろう。絞ると改善するが、F2.8ではまだ問題が残り、それより絞れば若干改善する。解像力のピークはF4からF5.6で、このとき隅の解像力はとても良好(very good)になる。F11からは回折の影響が大きくなる。
  • テストしたレンズのセンタリングのクオリティは平均を下回っていた。
  • 倍率色収差は、とてもよく補正されており、開放ではほとんど目につかず、F8でも平均1ピクセルで、それほど問題はない。
  • このレンズは像面湾曲が大きな問題で、実写では(少なくとも我々の持っているレンズの個体では)説得力に欠けるだろう。歪曲と色収差はよく補正されているが周辺光量落ちは大きい方だ。機械的なクオリティは素晴らしく、いい意味で古き良き時代のレンズのような感触だ。正直言って、スチルではオリンパス12mm F2の方が良く、動画の分野でもSamyang 12mm T2.8 VDSLR NCS CSの逆風にさらされている。我々はこのレンズの説得力のある価値提案が見いだせない。

 

光学性能の評価は2.5点(5点満点中)で、このクラスの単焦点レンズとしてはやや低い評価となっています。像面湾曲の大きさが指摘されていますが、これは遠景や天体写真などでは少々使いにくい特性かもしれませんね。

とは言え、テストした個体は偏芯が大き目で完璧な状態ではなかったようなので、レンズの個体によってはもう少し高い評価になる可能性もあるかもしれません。

2015年9月 6日 | コメント(6)

コメント(6)

電子接点がないんだから、歪曲の自動補正は当然できないですよね。
しかしMFTでこの値段を取るレンズにそんな個体差が出るのは残念ですね。
数も多く出る玉ではないし、一つ一つちゃんとチェックして欲しいものです。

像面歪曲があるとピント面が平面になっていない為に中央で合わせると周辺はピント外、逆に周辺で合わせると中央がピンボケになるわけですから電子接点があっても補正できないように思います。

開放で解像力を上げる設計のレンズだと回折とは別に絞ると鮮度が落ちるレンズもあります。

「湾曲」と「歪曲」を勘違いしていませんか?
ここで問題になってるのは歪曲でなくて湾曲かと。

三色さん
よそ見して書いていたので単語間違えました。おっしゃるとおり「像面湾曲」ですね。

内容は同じことだと思います。

distortionは優秀だけど開放だとfield curvatureがあると。
試し撮りした時は湾曲がわかるようなもの撮らなかったので気が付かなかったな…

レビューでは像面湾曲の欠点が強調されてますが、色収差が少ないのはいいことだと思います。偽色が出ると数値性能以上に人間の眼には汚く見えるので。個人的には光学性能以上に偏芯が残念ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年9月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7R II は高画素化されただけでなく高感度性能も改善されている」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 80Dのスペックに関する噂が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る