キヤノンが「PowerShot G5 X」と「PowerShot G9 X」を正式発表

キヤノンが、EVF内蔵の「PowerShot G5 X」と、薄型軽量の「PowerShot G9 X」の2機種のハイエンドコンパクトを正式に発表しました。

EVF内蔵"PowerShot G5 X"と薄型・軽量"PowerShot G9 X"を発売

  • PowerShot G5 X は、Gシリーズとして初めて高精細EVFを内蔵。独自開発のEVF用接眼レンズと優れた操作性により、快適なファインダー撮影が可能。また、24-100mm相当/F1.8-2.8の明るい大口径レンズと1.0型の大型CMOSセンサーを搭載しており、美しいボケ味や豊かな階調を表現した撮影が可能。
  • PowerShot G9 X は、28-84mm相当の光学3倍ズームレンズと1.0型センサーを搭載しながら、98.0mm(幅)×57.9mm(高さ)×30.8mm(奥行)、質量約209gの薄型で軽量なボディーを実現。タッチパネルやコントローラーリングによるシンプルで快適な操作性を備えている。
  • 発売日は2015年10月22日、価格はオープン。

 

G5 X はEVFの内蔵や角ばったデザインの採用など、これまでのキヤノンのコンパクトとは、少し路線変更したような印象です。G9 X は小型軽量がウリの機種で、こちらはS120の後継機のような扱いなのでしょうか。キヤノンの1インチのハイエンドコンパクトもこれで4機種になり、かなり充実したラインナップになってきましたね。

2015年10月13日 | コメント(21)

コメント(21)

「USB充電 対応」となっていますね。

G9Xは三脚穴が光軸上に切ってあるので
S120的な作りですね。これが、後継なのかも?

1/1.7型のも値段を安くして継続して欲しいですけど。

G7X使いでS120後継機を待ってたけど、G9Xは魅かれるなあ
広角開放時のモヤモヤした感じは解消されてるのかな?
とりあえず予約買い予定です

PowerShot G5 Xは、昔のF1みたいでいいですね

かなり実用性が高そうなEVFとバリアングル液晶のついたG5Xといい、割り切りの良いボディ設計ながら軽快なタッチインターフェースとコントロールリングで操作性を重視したG9Xといい、「もうこれ1台でいいや」と思う人がいままでになく多くなりそうな1インチ機になりましたね。

EVFの遅延とかタッチインターフェースのヌルサクで失敗しないかぎり、キャノンとして高級コンデジ市場での勝負に一気に出た、という印象を受けます。

静止画は14bitRAWで記録できるようですから、
DPP4利用者のサブ機にはピッタリ賞でしょうか。

G9Xは値段的には惹かれるものがありますね

現在フジのXQ1を愛用していますが、G9 X は1インチセンサーを搭載しながらも(XQ1は2/3型)それより小さくまとめてきたのはすごいですね。
タッチパネル操作は、タッチしてコントロールリングを回すのではなくそのまま指を左右または上下に動かして値を変えるほうが合理的だと思います。このへんはファームウェアで対応できそうなので、対応してくれると嬉しいです。

G5Xのホームページを見ているが、電子水準器について、どこにも記載が無い。 G7Xには搭載されているのに、G5Xでは非搭載なのか?
こんなところでコストダウン? 単にホームページでの記載漏れであることを願うばかり。。。

レンズがG5XとG7Xではスペックが同じですが、同じレンズなのでしょうか?もしそうでしたら残念です。
G7Xのレンズは広角では周辺が流れて1インチセンサーの力が発揮できていないように感じます。

G7Xの広角側の電子補正が過度でずいぶん緩い印象です。
G9Xで現実的な補正具合に収まっていると良いのですが。

G9XがあのG7Xよりもコンパクトに収めてきて驚きました。
これならRX100も食える! XQ2も食える!
しかし広角28mmスタートなことだけが最大の懸念です。
コンパクト性能のために犠牲になってしまったんでしょうか。
F値も望遠4.9ですし…。
画質重視のG7Xか、携帯性重視のG9X、といったところですかね。

比較的コンパクト(ベルトポーチに入れて常に持ち歩ける)、
標準画角近辺でもレンズが暗くなりにくく、可能な範囲で望遠側は欲しい、
という基準でG7X選んだので、あまり残念感はないですね。

オートNDはファームアップでG7Xにも欲しいですが。

老眼なので、EVFは有難い。でもバッテリーが持たなさそうですね。。広角側は、Mで対応できるので、望遠専用機あるいはG3にEVFが内蔵されたのでないですかね。

G9Xのシルバーを買ってしまいそうです。G5Xは377 gと重く形も出っ張りが多いのでポケットに入れるには大きすぎる(出っ張りがなければRX100と同じくらいの大きさですが)、かといって本格的に撮影に持っていくカメラでもないという立ち位置が微妙なカメラですね。パッと見たときにG5XがGSXに見えてしまうのは私だけでしょうか?

モレリアさん

電子水準器について記述は見かけませんが、MFピーキングの説明画像に、2軸水準器の表示が1枚だけありましたよ。

梅田のショールームで触ってきました。
このEVFはとても見やすくていいなと思いました。M3でEVFつけて使ってますが、こちらが断然いいですね。一体型なので当たり前かも知れませんが液晶との切り替えの反応が早いです。M3の方はEVF固定にする操作が出来ないのが難点。ガイド嬢に聞いてみましたが無理とのこと。簡単な設計のはずですけどね。キヤノンさん、それぐらい改良してください。

mkyagiさん

M3のEVF固定は、取扱説明書のP296にありますようにEVFを付けた状態で、MENUの「表示先切り換え」を「マニュアル」にすることで出来ませんか。

小型・軽量コンパクトな常に持ち歩く1台として、少し魅力的です。
Mシリーズとの差別化も有効で、現有のコンパクトデジカメ更新時の有力候補となりそう・・・・・・・。

ぷくりんさん

電子水準器の情報ありがとうございます。
確かにMFピーキングの説明画像に水準器の表示が確認できますね。
既に発売中のG3Xの商品説明ページにも水準器についての記載が無いようですが、公開されている電子マニュアルを見てみると、水準器の機能が記載されてました。G5Xの電子マニュアルはまだ公開されていないので確認はできませんが、水準器は搭載されている可能性が高そうですね。それにしても、水準器ってそれなりにセールスポイントになるかと思うので、商品説明ページに記載した方が良いと思うのですが、、、Canonさん。

mihoさん、アドバイスありがとうございます。
やってみたらEVFの固定化ができました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年10月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが「EOS M10」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」を正式発表」です。

次のブログ記事は「LEICA SL は24MPセンサーを採用し4K動画機能を搭載?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る