富士フイルム「XF35mm F2 R WR 」と「XF1.4X TC WR」のスペックと画像

読者の方から、間もなく発表される富士フイルムの新製品のスペックに関する情報と画像を提供していただきました。
  • XF35mm F2 R WR
    - レンズ構成: 6群9枚(非球面レンズ2枚)
    - 絞り: F2-F16
    - 絞り羽根: 9枚(円形絞り)
    - 最短撮影距離: 35cm
    - 最大撮影倍率: 0.135倍
    - フィルター径: 43mm
    - 全長: 45.9mm
    - 最大径: 60mm
    - 重さ: 170g
    - インナーフォーカス
    - AFモーターはステッピングモーター
    - 外装は全て金属製パーツ
    - 防塵防滴仕様
    - マイナス10度の耐低温構造
    - 色はシルバーとブラック
    - 日本国内の発売予定日は2015年11月19日
  • テレコンバーターXF1.4X TC WR
    - 防塵防滴仕様
    - マイナス10度の耐低温性能
    - 日本国内の発売予定日は11月19日

 

XF35mm F2 は防塵防滴・耐低温仕様で、外装も総金属製ということなので、F値こそ中程度ですが、廉価版のレンズというわけではなさそうですね。AFはインナーフォーカスなので、AF速度の点では、全群繰り出しの35mm F1.4 よりもかなり有利になりそうです。
------------------------------------------
情報と画像を提供して下さった方ありがとうございました。

fuji_xf35f2rWR_silver_001.jpg

fuji_xf14X_TCWR_001.jpg

2015年10月20日 | コメント(8)

コメント(8)

35mm F2はインナーフォーカスなんですね。
富士の単焦点は画質優先のため前群繰り出しが常套でしたので、AFが遅いという欠点を抱えていました。でもって、先の90mm F2.8あたりからインナーフォーカスを採用し始め、これが2本目。どのような画質で、AFはどうなのか、F1.4との比較が楽しみです。
でも、どちらかというとX-Pro2を強く意識したレンズなのかもしれませんね。

マクロエクステンションチューブのMCEX-11とMCEX-16を購入し時、未使用時、保管用に使うポーチやケース類、リアキャップとボディキャップになるものが、全く付いておらず、困りました。

今回、テレコンバーターはレンズの突出部分があるので。専用のキャップ類やケースを付属品として同梱して欲しいですね。

もう手遅れですが...

寄れなくなりましたね。フジは、常用で寄れるレンズが少ないですよね。残念。

あ、35mmF2は9枚羽根なんだ…。意外に画質的にF1.4より劣っているという感じじゃないかも知れませんね。

富士フィルムはミラーレスシステムの中でレンズのスペックやラインナップがとても魅力的です。
ただ今回もそうですが、レンズが全体的に最大撮影倍率がかなり低く、扱いにくい(個人的に)というのが難点です。
このようにAPSCミラーレスでレンズをテンポ良く出し続けてくれている富士フィルムの今後とも目が離せません。

別コンセプトの35mmとして充分存在価値のあるレンズだと思います。
ただ実売1〜2万円台で買える標準域のお手軽単焦点のXCレンズもラインナップに欲しいところですね。

やはりXF18mm、XF27mmとは違うカテゴリなんですね。発売が楽しみです。

寄れなくなってるのがとても残念です。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国の政府機関MIITに富士フイルム「X-Pro2」が登録」です。

次のブログ記事は「LEICA SL と3本の交換レンズの画像とスペックが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る