ソニーが海外で4D Focus搭載の「α68」を正式発表

Sonyが海外で、APS-Cの新型Aマウント機「α68」を正式に発表しました。

Sony A68 A-Mount Camera With 4D Focus (ePHOTOzine)

  • ソニーが79点のAFを採用するAマウント機「α68」を発表した。このカメラは、高速で正確な動体追尾のための4D Focus を採用している。センサーは24MPのAPS-C Exmor CMOSセンサーで、ISO範囲は100-25600、連写はAF追従で最高8コマ/秒だ。
  • α68の液晶モニタはチルト式で、上面液晶とカスタムコントロール機能を搭載している。動画はフルHDで50Mbpsのハイビットレートだ。価格はまだ発表されていない。
  • α68(ILCA-68)のスペック
    - センサーは24MP APS-C CMOS
    - トランスルーセントミラー
    - AFは4Dフォーカスシステム、79点(15点クロス)、EV-2対応、F2.8対応測距点
    - 連写はAF追従で8コマ/秒
    - ISO範囲100-25600
    - 動画はフルHD、XAVC S、50Mbps
    - ファインダーは有機EL144万ドット、視野率100%、倍率0.88倍(換算0.57倍)
    - 液晶モニタは2.7インチ46万ドット、上方に135度、下方に55度チルト可能
    - 照明付きの上面液晶
    - 10個のカスタマイズ可能なボタン
    - フラッシュ内蔵、ガイドナンバー12
    - 重さは690グラム(バッテリー、メモリカード込み)、610グラム(本体のみ)
    - 大きさ142.6 x 104.2 x 80.9mm

 

噂通り、ソニーの新しいAマウント機「α68」が正式発表されました。Aマウント機の登場は、本当に久しぶりですね。

α68は、上面の液晶や79点のAF、4D Focusなどの機能が採用されていて、特にAF関連では上位モデル並みのスペックを実現しているようです。AFは噂では19点クロスとなっていましたが、実際には15点クロスなので、AFユニットはα77 II と同じものの可能性が高そうですね。

後は、このα68が日本国内で発売されるかどうかが、気になるところです。

sony_A68_f001.jpg

sony_A68_b001.jpg

2015年11月 5日 | コメント(57)

コメント(57)

ファインダーや液晶モニターはα58と同一スペックのようですね。
有り合せで作りました感がありますが・・・

チョット、中途半端かな〜。
価格次第ですが、自分なら3軸チルトの77Ⅱを選びますね。

6番台はバランスのいいモデルという印象があったので気になっていました。
後ダイヤルがキヤノンっぽく操作できるのかしら?ツーダイヤルに見えるのもいい感じです。

しかし、まさか液晶をケチってくるとは…。

是非日本でも発表してほしいですね。 私所有のAマウンドカメラは古いので。

残念ですね、プラマウント…
削れてセンサーに着くと言う話も多かったのに、
売れない理由の一つとして理解していないのでしょうか?

レンズ交換しない一眼?

α6000後継機に期待します。

EVFがしょぼい気がするのですが・・・。

連写が8コマ/秒と言うのがα65の10コマ/秒よりも遅いのが残念ですが、取り合えずAマウント機が出てきて安心しました。

日本でも当然発売はあるでしょう。

どちらかというと、α65後継というよりα58の正常進化版ってイメージで、
ファインダーまでA58相当へグレードダウンしちゃった方が残念です。。
確かに中途半端な感じと、寄せ集め感は否めないですね・・。

ただし、AFの性能は良さそうですね。
77IIのように食いつきの良いAFに期待します。

そして、ワタシはプラマウント肯定します。

軽いことは良いことですからね。
イヤなら77IIをお選びください、って事でしょう。

このモデルを機に、Aマウントも一気に頑張って欲しいところです。
(けど、なんか一気にチープなLineupになりそうなイヤな予感もします・・・。)

連続撮影優先AEモード非搭載で秒間8コマなら77Ⅱと同じですね。

上面液晶いらんからファインダーと液晶ケチらないで欲しかった・・・・
デザインは77,99路線ですかね。
ちょっとα7xiを思い出して嫌だな(笑)

 なんというか、お帰りなさいAマウントって感じで、出してくれることには本当にありがたく思うところです。
 上位機種ではないので、プラマウントにはなるでしょうし、ソニーは再生プラスチックSORPLASの利用を推し進めています。高温耐久性能もあがってるようなので、以前よりは気にしなくてもよいのかなとも思っています。

 連射はAF追従なので、α77とか99についてる連射専用モードではないもので8枚ならこれは全然行ける性能かなと思います。

 あとはTLMが、ここにきてどれだけ改良されているか、ですかね。なんとなくα77IIと同じではないかと思ってはおりますが。

各メーカーミラーレスのEVFはスペックアップしてますが、ソニーはα6000の時もでしたが時折ダウンさせますね。α77iiとの差別化の為と思いますが、OVFのAPS-C機を使うユーザーを取り込むためにはもう少しサービスした方が良かったのでは。

液晶モニタが2.7インチ46万ドットなど、
コストを抑えた機種に思えますが、
ぜひ販売価格も抑えた機種にしてAマウントの
新規ファンを獲得する機種になって欲しいです。
最近のSONYは高価格機が多かったので特に。

 快適な動体撮影には広いフォーカスエリアが必要だけれど77Ⅱ並のフォーカスエリアを持っているのでしょうかね。
どうせならこのスペックでA99より安価なフルサイズを出した方が良かったかも。

α37(処分済),58,65と所有していて、α68が良さそうなら65を買い替えようかと思ってましたが、正直う~んって感じで。これは、α37→α58の後継なんですかね。写真で見る限り外装もチープなα58に似た感じだし。さすがに高感度とAFは進歩してるでしょうけど、旧6番台のファインダーや液晶性能や金属マウントが欲しい人は素直に7番台買えって事かな。それにしても、軽量化してある装備の割には、バッテリー込み690gはやたら重すぎる気もします。そう考えると、やっぱりα65は、バランスのとれたいい機体だったんだと余計に思えてきます。

スペックが残念な気がしますが、何かで価格が600ドルくらいと書かれていたように思います。α58の後継機種で低価格にしてエントリーユーザーを拾う機種と言う戦略なら、ありかなと思いました。

EVFと液晶パネルがしょぼかったα58だったんだけど、今はEVFなら236万ドット、液晶パネルは104万ドットがデファクト・スタンダードだと思うんですけどね。何か一気に買う気が・・・*_*;。
クロスポイントがα77Ⅱと同じだったので欲しければちょっと足してα77Ⅱを買った方が幸せになれるように思うな*_*;。動画のデータ量とかXAVC-Sとか特に興味ないし。

α3000とα58を掛け合わせたようなこのボディで$600は、いくらなんでも...アメリカ値段は、日本では大抵ご祝儀期間後の安定売価と一致するので、今回もその通りであればエントリーにしては高く感じます。

ソニーのエントリーはビックリな機能の簡素化がありがちなので、後は詳細待ちですね。

うーん、今更感が凄いですが海外では需要があるのでしょうか。
国内のapscは何かに特化しないと見向きもされないのではないですね。

EVFと液晶がα65並みだったら、迷わず買いだったんですけどね。
素直にα77M2にします。
α77M2安くならないかな?

プラマウント、微妙な液晶とEVF、α57より遅い連写速度、その割にはあまり軽くない…うーん。
軽ければα68もありかと思ってましたが、α77IIかα6000後継機にするかなー…。ちとがっかり。

ボディのサイズは77Ⅱと同一で、デザインも流用してる箇所多いですね。
海外だと大型のボディの方が売れるところもあるそうなので、この選択は有りでしょう。

エントリーでほぼ77ⅡのAFと言うのは競合機種と比べて勝る点なのですが、ユーザーが一番気にかけるであろうEVFと液晶を58と同一にしているのが残念な点に思われます。

5Xシリーズと統合ですね。液晶変なところでケチるな~。最大連続撮影枚数はどうなんでしょう?

ソニー自体がデジカメのプレミアムメーカーになりたいのか、やはりα68のようにシェア・販売台数が見込める機種が必要なのか迷いが見えますね。α68は在庫部品償却商品の可能性もあると思うので、本当の分岐点が見えるのはα68の次の機種があるのかどうかでしょうか。僕はオールラインナップメーカーのままでいて欲しいので、Aマウント機が出たって事だけで両手で万歳して歓迎しますけど。

この機種は日本では販売しない気がします。

キヤノンの7Dみたいな位置づけの機種にするわけにはいかなかったんですかね。
動体撮影に特化したような手頃な機体。
これならEマウントでいいのでは。

後ダイヤル、どう見ても77、77Ⅱの方が使いやすいと思うのですが、あえてCanonっぽいダイヤルにしたのは、乗り換えを期待してのデザインなのかな?

他の方も仰ってますが、上面液晶は無しで、EVFと液晶モニターを良い感じにすれば良かったのにと思ってしまいした。

この流れで65の中古価格が下落すれば65をサブ機として買いたいですね。

名称と価格の噂から、こんな感じの製品になると推測していましたが、まさに「その通り」なものが出た感じです。

このスペックなら、同じAFユニットを流用して、いっそ、LA-LE6(?)のようなアダプターを出した方が、需要があるような気がします。

AFユニットのコストメリットも享受できるかもしれませんし…。

Aマウント機を出してくれただけマシと思うべきなんでしょうが、どうも最近のAマウント機は7ナンバー以外は変なところでコストダウンするというか・・・カメラという機械へのこだわりが感じられない気がするんですよね。
7ナンバーはAマウントもEマウントもそんなことないんだけど・・・写真に興味が無いソニーの二軍が企画・開発を任されてるような印象が。

プラマウントにしてまでコストダウン&軽量化するなら、せめてニコキャノに負けない軽量機に仕上げて欲しかったなー。それなら納得いったんだけど。

とはいえ、連射性能は過去αより低いけど他社比では十分高性能だし、AFが上位機と同じならピントの歩留まり向上はかなり期待できるし、あらためて冷静に見てみると「動体撮影向きの高速連写機のエントリークラス」という位置づけとしては悪くない機種なのかもしれません。
売れるかはご祝儀相場が終わった後の価格次第ですかね。

日本で発売されてもα57から買い替えたいとは思えないカメラかなあ・・・

上面液晶はEVFとチルト液晶のあるカメラではハッキリ言って必要性が理解できませんね。画面見りゃいいやんって。皆さんの意見と同じく、EVFと液晶はケチらないで欲しかったですね。特にチルト液晶ってのは、α55の値段とサイズでバリアングルが出来ていただけに残念です。あんな感じの本気モードなエントリーモデルってもう出ないんでしょうかね?
57以降Aマウントエントリーモデルは画質とAF以外の機能がショボくなる一方で……

連射可能枚数と価格次第ではα57から買い替えもありかな。

α3000のAマウント版、よりは性能がいいのかなあ。
国内発売はないかもです。欲しい人はB&Hとか、ヨドバシやビックカメラの通販で買うといいかも。後者2つは外国人向けに販売してます。うまくすると実機触れるかも、α3000みたいに。

正直なとここれどうなんだろ…なんというか、凄く中途半端と
思いました

エントリー機ということを考えれば十分なスペックだと思います。
68という名前なので中級機をイメージしがちですが、
58の後継機で入門機であることを考えれば、良いスペックだと思います。

Aマウントの強い地域用でしょう

α68は日本での発売は無いと思います。

大方予想通りですね。α5xとα6xの統合機といったところでしょうか。
決して悪くはないけど痒いところに手が届かないといった感じで、これで手が届きやすい価格だったらAマウントのエントリー機としては充分だと思われます。
ソニーとしては小型軽量なエントリー機はEマウントをお選びくださいというスタンスなのかもしれませんね。

手頃な値段で出てきそうなので楽しみ。
α55から買い足ししたいです。

これはα58Ⅱじゃないのかい
プラマウントや三軸チルトなしは仕方ないとして、EVFと液晶はなんとかならなかったのかな
上面液晶より優先度高いと思うんですが

今までのキャノンやニコンの逆を行ってるという感じですね。
ミラーレスへ誘導している感じが露骨な気がします。

エントリーモデルとの事ですが
最近のエントリーモデルでは必須感のある
タッチパネルの採用はどうなのでしょう?
もし採用するなら是非購入したいです。
なにしろ私自身がエントリーしたばかりの
カメラファンなので(笑)

新興国向けに77M2の代打を担っている印象を受けます。背面ダイアルや上面液晶は見た目のステータス性がありますので。8000Dの対抗機ポジションでしょうか。

EVFや背面液晶をケチり過ぎとの声がありますが、今のSONYの価格設定ならケチらないととんでもない事になりかねないので、これはこれで正解だと思います。
エントリー機で高額では売れませんから。

これは6ナンバーなので7系の廉価版では?
今更Aマウントでエントリー機を投入するでしょうか、
資産のある既存ユーザの買い替え向けでは?

仕様に不満も有るようですが、スペック・コストを抑えないで77M2と同等の仕様・価格では別機種を作る意味がありません、
77M2の売れ行きは悪い様ですし、それでもその仕様が良い人にはわざわざ新機種を出すまでもなく77M2を買えばいいだけです。

なんでしょうこのα6000が発表された時のような反応は 笑
価格次第ではありますがエントリー機としては十分にアリではないでしょうか

まさか本当にAマウントのAPS-C機が出てくるとは思いませんでした。
15点クロスの79点AFポイント、APS-C24MP、フォーカス追従秒8コマは全て77M2と一緒ですよね。バッファ搭載量はやや不安ですが…
ファインダー、背面液晶、マウント、操作ダイヤルなどをケチっていても、AFで撮影する限りは77M2と同等の性能。値段が落ち着いて58/65並みに安く買えるのなら、お買い得に思えます。私にはサブ機として良さそうに見えます。

エントリークラスを買う人達は店頭で試し撮りして液晶で確認し、綺麗に撮れるか判断する事をわかってないんでしょうね。

なんか無理にα77Ⅱと差別化しました、っていうような部分が見受けられますね。
正直上面液晶は(使い方的に)有用性感じてないので、それ着けるよりかは、背面液晶ともかくファインダーにその分回して欲しかったなー。
スタイル的に上面液晶があった方が一眼らしいって意見もあるでしょうが。

まあ、AFが良くってピーキング機能とピント拡大機能が残ってれば、144万ドットでもなんとかなるのかもしれませんが…かなりの部分をカメラに頼らざるを得ないかな、と。

なんかこう、「APS-CのAマウント、イマイチ売れないので、エントリーのα58と中級機のα65の後継機を一つに纏めてみました」感が強い…
それでもサイズと実際にファインダー覗いた感じと実売価格次第では考えますけどね。
やっぱりEマウントAPS-Cはコンパクトすぎて望遠使い辛いし。

やはりバリアングルではなかった...
はやくα55の後継機が出ないかな....
多分夢で終わるんでしょうけど...

α37を所有しているので、買い替え候補にしていましたが、“重過ぎる”“ファインダーがしょぼい”“液晶もしょぼい”でがっかりです。

エントリー機としての機能は十分だけども国内発表じゃないからなぁ…
上手く日本でも売れるようにして、Aマウント続いて欲しいけど、
厳しいんでしょう。。。

国内発売は無しらしい
Aマウントは継続する
って話らしいです

α33の背面液晶が92万画素ですから、コストカット説は根拠が薄いです。それよりα77iiとの差別化説のほうが説得力があります。

実売3万円のEOS Kiss最下位機のX70は46万画素ですが、4万円のKiss X7は104万画素ですから、初心者は店頭でα68よりもKiss X7を選ぶと思います。

少ない枚数ならEVFでも画像チェックできますけど、多いと背面液晶でやりたくなるので、個人的には46万画素は致命的です。

修理した愛機2台の不具合がしばらくしてまた再現されるようになったので、次の機種を検討しているのですが、こんな営業方針では他マウントも視野に入れるしかないです。

日本では発売無しですか。
α55サイズで77Ⅱあたりの性能の新製品が出たら素晴らしいですね。なんならそのサイズでフルサイズでも。

日本に来ている中国系含めた外国人の多くはまだニコン一眼レフをぶら下げていますね。それもエントリーか中級クラスにキットレンズの組み合わせ。
数を捌くには良いバランスだとは思います。
これが$600なら欲しいですね、僕にはD5500より魅力的です。

液晶以外は十分なスペックで、実用上は何も問題ないカメラという気がします。
Aマウントの新製品としてありがたいと思います。
銀塩時代のα70、オリンパスのe30のような機種になる気もしますが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年11月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがα7 II に非圧縮RAWを追加する新ファームを正式発表」です。

次のブログ記事は「オリンパスとパナソニックの来年の新製品に関する噂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る