ツァイスBatis 2/25 は開放から画面の隅まで素晴らしい解像力

ePHOTOzine に、ツァイスのEマウント用の広角単焦点レンズBatis 2/25(25mm F2)のレビューが掲載されています。

Zeiss Batis 25mm f/2 Distagon T* Review

  • Batisの鏡筒には、スムーズに回転するフォーカスリングと有機ELのディスプレイの必要最小限のものしかない。有機ELのディスプレイには、MF時に撮影距離と被写界深度が表示される(設定の変更で、AF時に表示することも可能)。
  • フォーカスリングは、モーターによる駆動で、スムーズで均一に回転し、マニュアルフォーカスを容易に行うことができる。
  • AFは速く正確で、迷うことはなかった。
  • 解像力は実に素晴らしい値だ(開放から中央も隅もexcellent)。開放のF2からF11まで中央と隅の解像力は驚くほど近い値で、画面全体の均一性は称賛に値する。F16でもまだ解像力は素晴らしい値(excellent)の境界線上にあるが、F22では解像力はとても良好(very good)~良好(good)のレベルに落ちる。
  • 倍率色収差は中央は0.5ピクセルを下回る非常に小さな値で目に付かないが、隅では目立ち(1-1.5ピクセル)、空を背景にした木の枝では目に付く。
  • 歪曲は-1.17%の穏やかなタル型で、大きな問題はないはずだ。
  • 背景のボケは滑らかで、円形絞りを採用しているために、玉ボケはほぼ完璧に円形を保っている。
  • 逆光ではフレアはほとんど見られず、画面に直接太陽を入れた場合でさえ良好な画質が保たれており、模範的な性能だ。
  • 価格は979ポンドで、これはもちろん安価ではないが、このレンズは鏡筒のデザインや光学性能など、全ての点でプレミアムな製品だ。
  • ツァイスBatis 25mm F2 は実に素敵なレンズで、デザインや使い勝手は満足のいくものだ。有機ELのディスプレイは革新的で、とても役に立つ。鏡筒の造りは申し分の無いクオリティだ。唯一気に入らないのは価格だが、とは言うもののの適切なレベルのようにも思える。
  • 良い点: 必要最小限のものしかないデザイン、ハイレベルな造り、素晴らしく均一な解像力、被写界深度表示のある有機ELディスプレイの距離目盛り、高速で静かなAF。
  • 悪い点: 価格が高い、隅の色収差。

 

このレンズは発表時に見たサンプル画像でも非常にシャープなレンズだと感じましたが、ePHOTOzineの解像力の測定結果も、開放から画面全域でピークに近い性能が出ていて、驚くほど優秀のようです。サンプルではカリカリっとした非常にシャープな描写で発色もいいので、高画素機で風景等を撮るのに打って付けのレンズかもしれませんね。

2015年11月13日 | コメント(13)

コメント(13)

こりゃツァイス売り上げに驚くというだけはありますな

すごく評判の良いレンズですので次に購入するレンズとして考えています。
表示の設定方法がピントリングを使うというユニークな方法でデジタルならではの面白いレンズですね。
Batisシリーズの拡充も期待しています。

冬のボーナスで狙っております^ ^
Batisはまだまだ品薄が続いているようですが。

Batisの25かFEの35F14か・・・。
どちらも評価が良いだけに悩みます。

ス花やモミジの接写から天の川までこなせる良レンズみたいですね。
いはこれは欲しい。
フランジバックが短いと広角の描写は有利と聞いたことがありますがそうした点もこの性能を達成できた原因なのですかね?

先日やっと購入できましたが、特に歪みのなさに驚いています。あれで実売15万くらいなら満足です

25mmで、これだけフラットなのは驚き。
周辺の色収差? あと、ボケもかな。もはや、あら探し。
ひとつの完成形だと思います。

広角レンズとしてこうあってほしいという要望がかなり満たされているように感じますね。
こうしたレンズがシステムに一つでもあると、そのマウントユーザーの満足度は高いように思います。このレンズはサードパーティ製ではありますが。

・悪い点:デザイン的にEマウントなら、Batis よりLoxiaのほうがマッチしていると思うのですが?
・個人の感情はさて置き、Loxia25mmをDistagonにするなら、 Batisのレンズ構成(MF)で出して欲しいですね。

Loxia 2/35とBatis 2/25両方使っていますが、出てくる絵はLoxiaの方が好きです。Batis 2/25もトビキリですが、Loxiaは絞るともっとカッチリしている印象。

次のLoxiaは2.8/21ですが、SARで紹介されているインタビューを見ると、どうやらLoxiaの広角系はフィルター径52mmにこだわっている気配です。
https://www.youtube.com/watch?v=089vGesp2oM

その先のLoxiaは85、100で、望遠系はフィルター径52mmではないでしょうが、52mmでもわたしは歓迎。

その後に135かも。いつか25も出るとして、Batisの光学系そのままではフィルター径52mmに収まらないですし、Loxiaの売りである「実質ディストーションのない光学系」も実現できないかもしれません。

それより、Batisの135を出して欲しいです。明るさは抑えて、比較的小型軽量でお願いしたいですね。

自分のは、玉ボケが玉葱ボケなのですが、これは気にならないのだろうか?

先日このレンズが使いたくてα7Ⅱを買い予約を入れました。
が、なかなか入ってきませんね。1ヶ月は待とうと思ってますがそろそろ55f1.8に浮気しそうです。
今はマウントアダプターで遊んでます。

A7RIIで星撮りに使用していますが、描写はともかく、レンズ装着時のマウント指標が小さくマウント側にごく近い位置にあるため見えにくく装着に一手間かかりイライラさせられます。せめて指標が白や黄色であればいいのに、紫色の指標で、これだと暗い場所では正直、見えません。筐体にある「ZEISS」の銘板と位置的には同じですのでこれで合わせるとしてもその色も紫で見えにくいのも同じです。レンズは見た目より軽く、筐体はツルツルなので、意識してつかむようにしないと手から滑り落ちそうになります。マニュアルフォーカス時のピントリングは安っぽい輪ゴムを巻いたようなもので私の場合親指よりも幅が狭く、すぐ白く汚れます。ピントリングの感触はソニーのSEL55同様「うねうね」しており、A7RIIとの組み合わせではピント位置がいつまでも決まりません。LED表示の∞には幅があり私はギミックとして信用していません。全体として、価格対比ではコシナツアイスの質感よりかなり劣ります。購入の際は可能であれば手にとって感触を確かめたほうがいいです。描写は最高レベルですがね。

>玉ボケが玉葱ボケ

確か非球面レンズが4枚もあるので、玉葱ボケも4重に重なってデフォーカスされるような気もします。
が、互いに強調しあって目立つ個体が出る可能性はあるかもしれないですね。

玉葱ボケの出やすい条件の絵がお好きな方は、試写して選ぶなど注意すべきかも。私の個体ではそれほど気になっていないです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2015年11月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-E2の新ファームは1月中旬にリリース?」です。

次のブログ記事は「リコーイメージングが「HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW」の発売を再度延期」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る