DxOMark にシグマ24-35mm F2 DG HSM Artのスコアが掲載

DxOMark に、シグマの大口径広角ズーム「24-35mm F2 DG HSM」のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 24-35mm F2 DG HSM Art Canon mount review 

 テスト機は5D3   Sig24-35mm F2   Sig24mm F1.4   Sig35mm F1.4 
DxOMarkスコア 28 31 34
解像力 17P-Mpix 17P-Mpix 19P-Mpix
透過 2.3T 1.8T 1.5T
歪曲 0.4% 0.4% 0.3%
周辺光量落ち -2.1EV -2.6EV -2EV
色収差 7μm 6μm 6μm

  • 5D Mark III で28のスコアは非常に高性能で、このレンズがF2の明るさであることを考えると、なおさら注目に値する。
  • 透過はT2.2-2.4(-0.3から-0.5EV)だが、それでもなおとても良好だ。解像力は開放から、ズーム全域で一貫して良好だが、絞ると解像力と均一性の双方が改善し、とりわけ広角端では改善が見られる。望遠端ではいくらか非点収差が目立つ。倍率色収差は際立って少なく、広角端の開放でさえ少ない。歪曲は広角側では若干のタル型で、望遠端では少し強い糸巻き型だが、概ね良好に補正されている。
  • シグマのArtシリーズの単焦点レンズとの比較でも、このレンズはそれほど遅れを取っておらず、広角端のF2では24mm F1.4の方がシャープだが、それ以外の絞り値では同等だ。歪曲も同レベルで、倍率色収差のピークレベルも同程度だ。
  • 35mm F1.4 Artと比べても同様で、望遠端のF2では35mm F1.4がシャープだが、他の絞り値では(35mmが若干シャープではあるが)近いレベルだ。色収差は同程度だ。
  • 24-35mm F2 の価格は約999ドルで、キヤノンユーザーには間違いなく魅力的な選択肢だろう。このレンズは、シグマのF1.4の単焦点レンズと競合する危険性があるほど良いレンズだ。

 

このレンズは全域でF2の超大口径のズームにもかかわらず、高性能で知られているArtシリーズの単焦点レンズと比較してもそれほど見劣りしない性能を実現しているのは素晴らしいですね。解像力はさすがにF2ではArtシリーズの単焦点レンズには敵わないようですが、チャートを見る限りでは隅々まで緑色(高解像力)で、開放から問題なく使用できそうです。

2015年11月 1日 | コメント(3)

コメント(3)

このレンジのレンズを買うのは決めていて、
24-35F2で行くか、24,35の単焦点で行くか非常に悩んでいてDxOの評価でますます結論が出ない状態ですね。
皆さんはどうでしょうかね。

これだけ高性能だと自社の24mmと35mmの単焦点とバッティングしそうで、未だにこのレンズをこのタイミングで出した意味がよくわかりません(^ ^;)
消費者は選択肢が増えていいですが、どちらかというと他にラインナップしてほしいレンズがあるので、これからは中望遠〜望遠レンズの登場に期待したいですね。

凄いレンズですよ、24-35mmF2.0。解放から使える上に、広角の頻繁に使う領域で画角調整が出来るのですから。
とはいえ、シグマのF1.4シリーズはアレは解像度については化け物ですから、競合はしません。撮影スタイルで選ぶべき物でしょう。
F2.0シリーズは、35-70、無謀かもしれませんが100-200を期待します。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2015年11月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα68 の発売は2016年の早い時期になる?」です。

次のブログ記事は「ソニーからEマウント関連の何らかのサプライズがある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る