キヤノンEOS 80Dの画像とスペック

読者の方から、キヤノンEOS 80D の画像とスペックに関する情報を提供していただきました。
  • キヤノンがEOS 80Dを近日中に発表する。EOS 80Dのスペックは次の通り。

    - 24.2MP APS-C CMOSセンサー
    - デュアルピクセルCMOS AF
    - 連写は7コマ/秒
    - ライブビュー時の連写は5コマ/秒(AF追従)
    - AFは45点(全点クロスタイプ)
    - 7560ピクセルRGB+IR測光センサー
    - ISO100-16000
    - フリッカーレス撮影
    - ファインダーは視野率100%
    - 3インチバリアングル液晶モニタ。タッチパネル
    - 動画はフルHD 60fps
    - タイムラプスムービー
    - HDR
    - クリエイティブフィルター
    - Wi-Fi、NFC
    - スマートフォンによるリモート撮影

 

EOS 80D は、4K動画は採用されていないようですが、全点クロスの45点センサーや、視野率100%ファインダーが採用され、カメラとしての基本的な部分は大きくスペックアップしているようです。

あと、デュアルピクセルCMOS AFで、ライブビュー時に動体追従で連写が可能になったのも大きな改良ですね。
--------------------------------------------------
画像と情報を送って下さった方ありがとうございました。

canon_eos80D_f001.jpg

canon_eos80D_t001.jpg

canon_eos80D_b001.jpg

2016年2月16日 | コメント(30)

コメント(30)

ついに二桁機の視野率100%来ましたね。
70D持ちですが、各機能向上がなされておりとても魅力的ですね。

DPCMOSのAF追従は連写が下がっても実現して欲しかったところなので、ワンショットだけでなく使えるライブビューに進化しましたね。

測距点も19点から2倍以上の45点と、カバー範囲が気になりますね。

デザインはシャープだったペンタ部が、ハイエンドよりの機種に寄せてきたのかボディとの一体感のあるまるみのある形状で良いですね。

あとはセンサーの向上とエンジンとの組み合わせでどんな絵が出るか楽しみです。

思ったよりスペックアップしてますね。
70Dからの買い替えも
進むのではないでしょうか?

中級機に必要な要素を詰め込んだ「全部入り」って感じの内容ですな。
KISSからのステップアップを目指すユーザーにはこれ以上ないほど違いを感じ取れるスペックでしょう。

モードダイヤルの天板のデザインを改善してほしい
そこだけPOP度が高い気がして前から違和感があります

意外とハイスペックですね。画素数をあげつつ常用ISO感度は7D2と
同じです。映像エンジンはDIGIC6プラスになってるのでしょうか。
ただし残念な点は、45AFでありながら、マルチコントローラーや
測距選択レバーがないことです。
親指部分にあたるセットボタン周囲のコントローラーで
AFを選択するのが、ものすごく使いにくかったです。
7D、5D、50Dクラスじゃないと、 EOSは独立したマルチコントローラーが
ないので大変不便でした。45AFにまで拡張したら、操作性も見直さないと
ダメだと思います。
あと、70D、6Dクラスの問題なのですが、全く使用しない測光モード変更ボタンが
なぜか上部に存在しています。これは、5D3や7D2にはありません。
ボタン1つ増えることで、ISO変更の操作性を阻害しています。
どうして揃えないのかな?と思いました。

質感が上がったように見えますね

予想外に写真機として進化しているようですね。
24.2MPのDP CMOS AFセンサーは7DⅡを下克上しているのでは?
またフリッカーレスや視野率100%のファインダーは期待以上でした。
しかし4K動画が載らなかったのは残念ですね。
24pでも載っていたら現在の7DⅡより高値でも動画機としてのヒエラルキーでいけそうな感じもしましたが。

ライブビューでのAF追従連写機能が7D2にもファーム更新で移植されることを期待しています。

キヤノンはあまりソフトでの機能アップをやらない方ですが、初代7Dはファーム更新で化けたので今回も望みはあるかなあと勝手に思っています。

ファインダーを覗きながら、タッチパネルでAFポイントの選択が出来たら嬉しいなぁ。

今回は上位機種が先にリニューアルしたばかりなので、
上位機種に遠慮することなくスペックアップできた感じですね。

いつもの出し惜しみ感が無くて、良い機種になりそう。

70Dを持っているので、80Dはスルーするつもりでしたが、
欲しくなってきてしまいました。

(スペックが出ていない)ファインダー倍率は気にはなりませんか?

ネームプレートのEOSと機種名が分かれましたね。
材質はプラでしょうか?
このスペックを見ると7D2が割と早くモデルチェンジしそうな気がしてきました。

本体の幅が狭まってるように見えます。多少軽量化されてるんでしょうか。70Dみたいにバッテリーグリップが飛び出すのは格好悪いんでやめてほしいですが。

4kありの1200万画素とかだったら面白いのに。
まあ冗談は置いといて、視野率100%いいですね。
7Dmk2とも被らないし出し惜しみも感じない絶妙なスペックだと思います。
ただ動画の人はソニパナに流れそう。

APS-C一眼レフのラインナップは
ギッチリ強化されますね。

画像クオリティや実用機能は
底上げされているでしょうが、
ニコン共々現状でもAPS-Cの製品が大変に
高次元化されているので新製品に
追随しなくても困らないユーザーが多く
70Dはお買い得感が高い製品として
人気が継続しそう。

これで年後半はフルサイズと
ミラーレスの革新機種への
期待が高まりますね。

70Dを持っていて、80Dはスルーする気でしたが・・・
動画を取らない自分としては、くすぐられるスペックで
登場したなぁと思いました。

新しいCMOSが、1DXmk2と同じラインで作られてるのかが気になりますね。
ダイナミックレンジがどうなっているのか、6D後継機も横目で見ながら、貯金かな。

ちょっと気になったのが、背面画像のアイカップ。このアイカップの場合は視野率100%でないと思うのですが。スペックは合っているのでしょうかね?

70D使いです。
思ってたよりはスペックアップしてる感じですねー。
DPAFでの動体追従や視野率100%、フリッカーレスや測距点等、一般的に70Dで不満とされていた部分にしっかり対応してるのはいいですね。
一方、使ってて不満だった操作性(マルチコントローラーとサブダイヤルの一体化)がそのままなのが残念。
8000Dとの差を出すなら、スペックと同じくらい操作性にも拘って欲しかった。

個人的には高画素も動体撮影も測距点も必要無いので、このまま70Dを使い続けます。

ボディだけだと10万円弱に落ち着くのでしょうが、なかなかお買い得感がありますね。この調子で行けば6D2もそれなりに高い性能で登場しそうです。
今後EOS Mの性能を上げて行くためにも、まず一眼レフの性能から先に底上げしておきたい、という思惑の表れかもしれません。

写真を見る限り8000Dと同じくマグ風なザラザラした質感が高いボディになってますね。見た目の高級感ありです!

現行の70Dはツルツルした質感で安物ぽく、長年使ってたら角の部分がテカテカに剥げてたのが気になってましたので、今回は買い替えです。

キヤノン二桁Dらしい、上手にまとめた使いやすいモデルになりそうですね。機能性と使いやすいさのバランスがうまいね。
これから始める人にも安心してすすめられる一眼レフだね。

80Dは、スチル機として見れば、非常に魅力的な機種になったと思います。噂段階ではマイナーチェンジの雰囲気が漂っていたので、ここまで頑張るとは良い意味での驚きです。

DPCMOSAFですが、1DX2ではLV連写のAF追従は出来なかったので、DPCOMSAFではAF追従が無理なのかなと思っていたのですが、コマ数さえ落とせば可能だったのですね。ただ、Mシリーズのミッドレンジ~ハイエンドでは、AF追従と高速連写とを両立させないといけないので、DPCMOSAFを搭載するにはまだ(コスト等含め)壁がありそうですね。

「EF-S18-135USM+パワーズームアダプター」と言う新境地を開拓したのに、80Dが4K非搭載なのは、ちぐはぐ感があります。近い将来、4K搭載のAPS-C機が登場する予告と受け止めると、そのAPS-C機とは7D3以外あり得ないように思われますが、どうなのでしょう??

8000Dは併売でいくのかなあ。ただ、価格は現行の8000Dよりは高くなるか、と思います。
デザインは、2桁ならこういう機種、を体現してるかと。

測距輝度範囲は改良されているかな?
70Dの:EV -0.5~18だと物足りない
測距輝度範囲:EV -2~18くらいにして欲しい
7d2で改良されているから尚更

結構スペック上げてきましたね!
AF45点は想定外でした。
正面写真からはサブミラーの大きさが分かりませんでしたが、
AF配置は、Nikon D7200の両端6ポイントが落ちたような感じかな?
中央一点の測距輝度限界は、-3EVを達成していて欲しいですね。

ただ…今回も肩液晶部分のボタンにWBが割り当てられていないのですね(残念)。
測光モードって、頻繁に変えますかね?
カスタムファンクションで、測光モードボタンをWBボタンに切り替えられたらいいなあ。

スチルカメラとしては堅実な進化を遂げているようですね。

ただ動画に関してですが、4K非搭載というのは逆に驚きました。
ソニー、ニコンはすでに4K30p搭載のAPS-Cボディを発表していますから。
80Dで4K非搭載ということは、少なくとも今後数年間は、キヤノンAPS-Cで4K搭載モデルは存在しないということになるのでしょうか?
EF-Sでパワーズーム対応レンズを新たに展開し動画ユーザーにアピールしようとする一方、4K搭載のボディが用意されないというのは、私もチグハグに感じます。

-3EVほしいですね~それからF8の対応もしてほしいです。

WBの件、自分もそう思います。専用ボタンもしくは割り当てでも良いから瞬時に変更できるようにしてほしいです。
測光モードなんて永遠に中央重点ですからね・・・ww

ライブビューAF追従が出来るようになったのは非常に大きな進歩ですね。しかしそれができるなら、何故1DXIIには載らなかったのでしょうか・・・。

フラッグシップ、それも発売前のモデルがミドルクラスに下克上されるというのはさすがにどうなんでしょう。80Dとして見れば出し惜しみのない機種と言えるのでしょうけれど、フラッグシップを名乗る以上、1DXIIも是非ファームウェアアップデートで対応してもらいたいと思いますね。

ホットシューの下の穴はなんでしょうね?
接眼センサがついに内蔵されるんでしょうか!?

これは買いですね。

価格が気になります!! 発売日も。

重さも、本体680g付近に収まっているだろうか?

僕はこのクラスの重さが、ちょうどいいんですよ。

ことしの運動会は、80Dに活躍して貰おう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年2月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスの2本の新しい交換レンズのスペック [内容更新]」です。

次のブログ記事は「リコーイメージングが「GR II Silver Edition」と「マクロコンバージョンレンズGM-1」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る