シグマ20mm F1.4 DG Art は非常に素晴らしいレンズ

Photozone に、シグマの超広角単焦点レンズ「20mm F1.4 DG Art(EFマウント版)」のレビューが掲載されています。

Sigma 20mm f/1.4 DG HSM | A ("Art") - Full Format Review / Lens Test

  • シグマArtシリーズの鏡筒の造りは見事なものが多いが、この20mm F1.4も例外ではない。鏡筒はいくつかの金属製のパーツと、新素材のTSCから出来ており、大口径のために非常に大きく重い。フードは固定式で、フィルターは装着できない。
  • 幅の広いフォーカスリングはスムーズに回転し、フォーカシングでレンズの全長は変わらない。AFは超音波モーターで、位相差AF使用時には非常に速い。動作音もほとんどしない。ライブビューモードのコントラストAFの速度は、最新世代の一眼レフとの組み合わせではかなり改善されている。
  • 歪曲は2.4%のタル型で、このクラスのレンズとしては平均的だ。しかし、超広角ズームは20mmの焦点距離では、シグマ20mm F1.4よりも歪曲が少ない傾向にある。
  • 周辺光量落ちは、開放では3.3EVの極めて大きな値だ。絞ると大きく改善し、F2.8では穏やかな値(0.99EV)になり、F4とそれ以上の絞り値では多くの場面で問題はないはずだ(F4で0.68EV)。超広角の大口径レンズは周辺光量落ちが非常に激しい傾向があるが、このレンズも例外ではない。
  • 解像力(5DsRでテスト)は、中央は開放から非常にシャープで、中程度まで絞ると際立った解像力(outstanding)になる。中央近くの解像力も非常に高く、素晴らしい値(excellent)のレベルに達する。予想通り、周辺と隅は解像力が落ち、F1.4とF2ではかなり甘いが、F2.8では大きく改善し良好(good)なレベルになり、F4-F8ではとても良好(very good)になる。ボディの画素数を考えると、欠点がないわけではないが、かなり素晴らしい結果だ。
  • 5D Mark II による解像力は、中央は開放から極めて高い値で、隅はF1.4とF2ではそれほど素晴らしいわけではないが、F2では許容範囲内だ。F2.8に絞ると隅は大きく改善するが、真に素晴らしい解像力になるのはF4からだ。この結果は、F1.4の超広角レンズであることを考えると、驚くほど良好だ。
  • 倍率色収差は周辺部で平均1ピクセルで、良く補正されている。これは5DsRのテスト結果で、5D2のテスト結果では、これよりもずっと小さい値だ。
  • ボケ味は多くの広角レンズとくらべてずっと良好だ。玉ボケの内部の描写は、同心円上のボケがごくわずかに見られるが、とてもクリーンで、周囲の縁取りも穏やかだ。
  • シグマ20mm F1.4 は、設計の難しい超広角レンズにもかかわらず非常に素晴らしいレンズだ。5DsRでは隅がF2までは甘いが、絞れば大きく改善する。5D2ではずっと良い結果で、隅はF2でまずまずの性能になる。5DsRは扱いの難しいカメラで、シグマのこのレンズでも隅の性能で5DsRを克服することができなかったが、中程度まで絞れば少なくともいい線までは行っている。より画素数が少ないカメラでの20mm F1.4の性能は言うまでもない。我々は全く問題なくこのレンズを大いに推薦する。

 

光学性能の評価は、5DsRのテストはいつものように評価なし(※Photozoneは5DsRでのテストでは光学性能の点数を表示していません)ですが、5D Mark II での評価は5点満点中4点の非常に高い評価になっています。

50MP機の5DsRでは開放付近の隅の解像力がかなり低く出ていますが、5DsRのテストでは、このレンズに限らずに、Photozoneでは周辺部と隅でかなり低い値が出ているようなので、シグマの20mm F1.4が特に悪いというわけではないようです。

5D Mark II でのテスト結果を見る限りでは、このレンズは大口径の広角レンズとしては非常に優秀なレンズと言って良さそうですね。

2016年4月 3日 | コメント(11)

コメント(11)

・f1.4のレンズとしては周辺も素晴らしい
・でもF2.8までは周辺光量落ちは激しい
・歪曲も広角ズームの20mmより激しい
これらの文章一つ一つはなかなか厳しい事を書いていると思うのですが、最後のまとめは全く問題なく推奨。
正直、「えっ」と思いました。
F1.4が使えるから隅が甘いのは仕方がないとか、光量落ちも激しいのは当然と言うのなら、一段暗いレンズの方が良かったのでは

F2.8で周辺もある程度改善されるなら星景にも良さそうです

>>虚弱体質さん
他の20mmのレビュー見れば評価に納得できるかと。
20mmの中ではこれ神レンズですよ。

SIGMA 20mm F1.8
http://www.photozone.de/nikon_ff/761-sigmaex2018fx?start=1

Canon 20mm F2.8
http://www.photozone.de/canon_eos_ff/775-canon20f28ff?start=1

MC-11が出たらすぐにでもα7シリーズで使うつもりです。
開放での隅の甘さ、周辺の光量落ち、全然かまいません。F1.4が20mmの画角で使えるということがこのレンズの素晴らしいところだと思います。

シグマのMC-11アダプタを介せば、SonyのFEマウントでも使えるんですね。
いかんな、お財布がもたない(・_・;

2月に購入し、星撮りに使っています。
ピントが決まると周辺まで、あまり破綻なく結像します。
ただピントが僅かにあまくなるだけで、周辺像が急激に悪化するので、拡大ライブビューでのピント合わせは必須。
AFは使えませんでした。
それにしても超広角でF1.4なんて夢のようです。

20㎜ F1.4
このスペックのレンズ設計の大変さをもう少し理解してあげて欲しいなぁ。
現時点で間違いなく神レンズでしょ。

クセがあっても使ってみたい、そんなレンズですね。

広角単焦点はズームとの差別化が難しいのですかね

しかし、各社あまり出してくれない(ニコンは力入れてくれてますが)24mm以下の単焦点で、なおかつ1.4はお見事!

他社にももう少し広角単焦点に力を入れて頂きたいです。

発売日に予約購入して、ほぼ星景オンリーで使っています。
確かに中央は開放から物凄くシャープなんですが、それ故に周辺の甘さがかなり気になりますね。
ボケは素直で綺麗ですし、20mmでf/1.4というのは設計がとても難しいんだろうなと思います。
でも中央のシャープさが少し落ちてもいいので、できれば周辺をもう少し良くしてほしかったですね。
コマ収差は健闘してると思います。

Nikon D810aで、art 24mmを使いながら、このレンズを買い増して星野と普段使いをしています。ほぼ24mmの性能で20mmまで広がっているのは素晴らしいと感じています。
これらのレンズは比較的重い事と星撮り専用ではない事を承知していますので、周辺の歪みはあまり気にしません。減光はフラット処理するので、開放でガンガン撮影しています。税込11万円以下で買えましたので、個人的にはとても良いレンズだと思っています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2016年4月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 5D Mark III 後継機の名称と発売時期に関する噂」です。

次のブログ記事は「ニコンD5の高感度はD4Sと比べて1段分のアドバンテージがある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る