地震の影響でE-PL8、α5300、X-T2の発表が遅れる?

Mirrorless Rumors に、熊本地震の影響で各社の新型ミラーレス機の発売が遅れるという噂が掲載されています。

Fuji X-T2, Olympus E-PL8 and Sony A5300 shipment will be delayed!

  • 熊本のソニーのセンサー製造工場が地震によってダメージを受けており、間違いなくカメラの出荷に甚大な影響があるだろう。以下は、最新の情報。

    1. オリンパスはE-PL8の発売を遅らせるだろう
    2. ソニーはα5300の発表を遅らせる。6月に何か発表があるかどうかは確証が無い
    3. 富士フイルムのX-T2も予想よりも出荷が遅くなるだろう

 

熊本地震の影響でソニーのデジカメ用センサーの製造が止まっているので、ソニーセンサー搭載機の発表が遅れても不思議はありませんね。

ソニーは、5月17日より、熊本イメージセンサー工場を順次稼働すると発表しているので、数ヶ月程度の遅れでしょうか。9月にフォトキナがあるので、その前の発表を期待したいところですね。

2016年5月13日 | コメント(13)

コメント(13)

これから発表、発売するモノであれば,スケジュールを遅らせることは、容易ですからね。今年は、地震の前にニコンやペンタックスから新製品が出てますので、そちらのセンサーを優先的に製造すると、どうしてもそうなりますよね。まあ、急いで歩留まりが悪くならないようにソニーにはがんばって貰いたいですね。

α5300はα5100の正統進化な感じですかね?
XQDスロット・裏面照射センサーのα7300なんて出ないかな

今はフジのセンサーもソニー製なんですね。

α5300が出るんですか?ボディ内手振れ内蔵なら買います(笑)

富士フィルムのセンサーは東芝製だったと思いますが。

東芝のイメージセンサー事業は昨年ソニーに売却されました。

α5300ですか!NEX-5Rクウォリティの外装なら即買いです。
現行のはチープなので…

富士のX-transは確かもともとソニー製ですよん。上層のベイヤーを特殊cfに変更したカスタム品のはずです。時期的にも売却とは関係ないのでは。

α5300にモードダイヤルがついたら、発売日に予約してでも入手したいです。

もしフジが東芝のセンサーだと岩手東芝と新しく4月から一緒になったので問題無いと思いますが... ソニーが買ったのは会社じゃなく大分工場ですよね? 大分工場に一部東芝の事業所が残ってるみたいですが。

http://www.jsemicon.co.jp/index_j.htm

ソニーが東芝から買ったのは工場というかイメージセンサ事業そのものですね。
開発や顧客もソニーが引き継いでいます。

ジャパンセミコンダクターに統合された東芝の大分工場は
主にロジックICを生産している工場です。
イメージセンサーとは、関係ありません。
東芝のイメージセンサー事業は、ソニーに吸収合併されています。

東芝の大分工場の一部がセンサー関係だったのでその部分がソニー系になっています。残りは東芝系です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年5月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX100T後継機のレンズは23mmのままだが新設計になる?」です。

次のブログ記事は「パナソニック12-60mm F3.5-5.6 OIS の再テストが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る