富士フイルムXF100-400mm F4-5.6 R LM OISは間違いなく満足のいく性能

LensTip に、富士フイルムの超望遠ズーム「XF100-400mm F4-5.6 R LM OIS」のレビューが掲載されています。

Fujifilm Fujinon XF 100-400 mm f/4.5-5.6 R LM OIS

  • ズームリングは、十分な重さがありスムーズに回転する。ズームリングは広角端でロックすることができるが、自重落下は全く見られないので、ロックスイッチを使う必要はなかった。
  • フォーカスリングは、平均的な速度で回すと、最短から無限遠までの回転角がおよそ300度で、非常に正確なフォーカシングが可能だ。
  • 手ブレ補正は4段分に近い効果で、公称の5段分には届かないが、良好な結果だ。これはキヤノンのEF100-400mm F4.5-5.6L IS II と同程度の効果で、ニコンの80-400mm F4.5-5.6G VR よりも0.5段分劣っている。
  • 中央の解像力は100-300mm域は非常に強く(開放で60lpmm以上)、望遠端の開放でも50lpmm(良像の基準値は42-43lpmm)を超えている。ここではズーム全域で開放からF16までの絞り値で良好な解像力を維持している。
  • 隅の解像力は、開放時にズームの両端(100mmと400mm)で、良像の基準値を若干下回る(39-41lpmm)が、それ以外の条件では良好な画質を維持している。この結果はニコン80-400mm VRよりは少し良好だが、キヤノン100-400mm II には劣っている。
  • 軸上色収差は実に良く補正されており、望遠端でも広角端でも色付きは見られない。
  • 倍率色収差は、使用頻度の高い開放からF8までは非常に低いレベルで、これは賞賛に値する。望遠側で絞り込んだ場合、倍率色収差は急激に増加するが、最も悪くなるケースでも中程度のレベルにしかならない。
  • 球面収差の補正は問題が無く、フォーカスシフトは全く見られなかった。
  • 歪曲は、JPEGでは100mmで+0.01%、400mmで+0.04%で完璧に補正されているが、RAWでは状況が異なり100mmで+2.09%、400mmで+2.21%の糸巻き型で、歪曲は目立ちやすい。
  • コマ収差は全く問題はない。非点収差は12%で、中程度の大きさだ。非点収差はズームの両端で最大になり、中間域では若干小さくなる。
  • 周辺光量落ちは100mm開放で33%(-1.15EV)、400mm開放で37%(-1.35EV)で、芳しくない。このレンズはフルサイズ用のレンズと同程度の大きさなので、こここでは素晴らしい性能を期待してた。
  • 逆光耐性はレンズの枚数が多いにもかかわらず実用的だが、フレアやゴースト、コントラストの低下が容易に現れ、完璧からはほど遠い。それでも、キヤノンの100-400mm II やニコン80-400mm VRよりは良好に見える。
  • AFは広角端では速く、全く問題が無いが、望遠端では遅くなり、迷いがちで信頼性も低くなる。フォーカスリミッターを使ってもAF速度に顕著な改善は見られなかった。フォーカスリミッターは5mなので、小さな鳥を撮るには使いにくく、3-4mにして欲しい。
  • AF精度は、スタジオ内のテストではAFを外したのは3%未満で、問題は無かった。また、前ピンや後ピンの傾向も見られなかった。
  • このレンズは良く出来た光学系で、その性能には、ほぼ間違いなく満足できるだろう。欠点は、APS-C用にもかかわらずフルサイズ用の100-400mm並みの価格と、周辺光量落ちが大きいことだ。
  • 良い点:しっかしとした防塵防滴の鏡筒、とても良好な中央の画質、実用的な隅の画質、軸上色収差が見られない、倍率色収差が少ない、球面収差の問題が無い、コマ収差が見られない、ボケが素晴らしい、逆光耐性がライバルよりも良好、効果的な手ブレ補正。
  • 悪い点:条件が悪くなるとAFが気まぐれな挙動を見せる、非点収差が少々大きい、周辺光量落ちが大きい。

 

解像力は広角端から中間域は非常に優秀で、また望遠端でも開放から十分に良好なので、全体的によくまとまっているという印象です。周辺光量落ちは若干大きめのようですが、この程度なら大きな問題はなさそうですね。

望遠端でAFが迷いがちという指摘が気になるところですが、これはファームウェアのアップデート等で改善して欲しいところです。

2016年6月27日 | コメント(3)

コメント(3)

このレンズ、無理をして購入しました。手持ちで、この焦点をカバーできるので、気に入っています。ただ、個体差かもしれませんが、マウントのガタツキが気になることがあります。

良いレンズなのは間違いないので、レンズ自体のレビュー内容にまったく異論はないのですが、疑問なのはなぜ装着機体がX-E1なんでしょうか?
新AFシステムどころか、像面位相差AF非対応のボディを使って、AF速度や迷いの評価をするのは少々不思議です。
X-Pro2でなくとも、X-T1やX-E2でのレビューであって欲しかったですね。
しかしなぜ今X-E1?

ボディ変えるとMTFとか過去のデータと比較できなくなってしまうから、なかなか変えられないみたい。マイクロもいまだにE-PL1だし。。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年6月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが熊本地震の影響による一部のデジタルカメラの供給不足を告知」です。

次のブログ記事は「シグマが独自のシネマレンズシリーズの発表を計画中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る