シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsはライバルをしのぐ性能だが大きく重い

photozoneに、シグマの超望遠ズーム150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsのレビューが掲載されています。

Sigma 150-600mm f/5-6.3 DG OS HSM | Sports (Canon EOS) - Review / Test

  • 鏡筒は大部分が金属製で、造りはプログレードだ。重さはタムロン150-600mmは2キロ未満だが、シグマは2.86kgあり、手持ちで使うなら鍛えた方がいい。鏡筒はズーミングでかなり伸びるが、最も伸びた時でもガタツキは見られない。
  • ズームの自重落下は顕著ではないが、ズーム全域で固定可能なズームロックスイッチが用意されている。ズームリングの動きは若干重いが、レンズの重さを考えればこれは当然のことだ。フォーカスリングはスムーズに回転する。
  • 手ブレ補正の効果は公表されていないが、我々の経験では3段分程度の効果に思われる。タムロン150-600mmと異なり、シグマは望遠端でも手ブレ補正が良好に動作する。
  • 歪曲はズーム全域で糸巻き型で、450mmまでは0.3%の非常に小さい値だ。600mmでは0.6%で若干大きくなるが、これは無視できる値だ。
  • 周辺光量落ちは、150mm開放で1.8EVで最も目立ち、600mmでは若干改善する(1.47EV)。F8に絞ると周辺光量落ちは1EV以下にまで改善し、F11では600mm以外の焦点距離では無視できる値になる。
  • 中央の解像力は150mmでは素晴らしいが、望遠側にズームすると若干低下する。しかし、それでもなお、中央と中央付近は600mmでさえ開放からとても良好な値だ。周辺部は、開放では300mmはとても良好な値で、それ以外の焦点距離では良好な値だ。隅は150mmと600mmの開放では少々甘いが、ズーム中間域では良好な値だ。
  • 倍率色収差は150mmから300mmの間では非常によく補正されている。それ以上の焦点距離では大きくなるが、控えめな値を維持している。
  • 玉ボケはボケが大きければ満足の行く描写だが、絞ってボケが小さくなるとリングボケが顕著になる。この傾向はタムロン150-600mmでも見られる。後ボケは非常に滑らかだが、前ボケは滑らかさで劣る。
  • 軸上色収差は、暗いレンズなので開放でもそれほど目立たない。
  • シグマ150-600mm F5-6.3 Sportsは、手ブレ補正を含む大部分のカテゴリでタムロン150-600mmよりも良好な性能だ。双方のレンズをフィールドで使った後で、あなたが重さと大きさに我慢できるなら、シグマは高い価格の価値があると思う。

 

結論ではタムロン150-600mmよりもシグマ150-600mm Sportsの方が多くの項目で優秀といいう評価になっていますが、価格的にタムロン150-600mmのライバルはシグマ150-600mm Contemporaryの方なので、より高価なSportsが相手だとこれは当然の結果かもしれませんね。

シグマ150-600mm Sportsは、高性能な分、大きく重いので、手持ちで振り回したい方は、自分の体力と相談してレンズを選択した方がよさそうです。

2016年7月17日 | コメント(3)

コメント(3)

ニコンFマウントなら
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
も選択肢として有りますよね

Sportsを中古で購入しました。
金属鏡筒は安心感と共に持つ喜びも満たして
くれます。画質も充分でした。
…しかし、CANONが同様のレンズを出したら
プラスチック鏡筒だったとしても、きっと気持ち
が揺らぐんだろうな~

このレンズのNF-Gマウウントで海に持ちだして使っています。
何回かコンテンポとの比較検討をしてみたのですが
写りよりも防塵防滴構造と
三脚座の造りが堅牢で三脚座に据えた場合の
縦横位置を変える撮影でのメリットが大きいです。

フルサイズとAPS-C
さらにm4/3やNikon1で使い分けて多用していますが
中心部を使う為かm4/3はMFですが写りよさ気です。



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年7月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Samyang AF50mm F1.4 FEはリーズナブルだが開放時の画質が若干期待はずれ」です。

次のブログ記事は「X-T2の4K動画は極めてシャープで良好な画質」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る