ツァイスが2016年末までにBatis&Loxiaシリーズの交換レンズ4本を発表?

SonyAlphaRumors に、ツアイスのBatisシリーズとLoxiaシリーズの新製品の計画に関する噂が掲載されています。

(SR4) Zeiss FE roadmap: 5 Batis and 5 Loxia by end 2016!

  • 非常に良いソースが、ツァイスのマネージャーから得た情報を教えてくれた。彼は「ツァイスの目標は、2016年末までに5本のLoxiaと5本のBatisをラインナップすることだ」と述べている。

 

現在、Batisが3本、Loxiaが3本リリースされているので、噂通りだとすると今年中に新しいBatisとLoxiaシリーズのレンズが2本ずつ追加されることになりますね。

現行のBatisは18mm・25mm・85mmがラインアップされているので、次は35mmや50mmあたりでしょうか。また、現行のLoxiaは21mm・35mm・50mmなので、次は中望遠レンズかもしれませんね。いずれにしても、近日中にEマウントの単焦点レンズは相当充実しそうです。

2016年7月22日 | コメント(14)

コメント(14)

batis・loxiaシリーズのかぶらない焦点距離は、15・28・100・135 あたりでしょうか。
15・135 はすぐにでも出そうにないので、28・100か? 50が出るならばマクロになりそう。
50・100 はloxiaシリーズ・マクロプラナーでお願いしたいです。

Batisでマクロプラナーを切望しています。
60mmで。ELディスプレイによる撮影距離表示はマクロではかなり使えると思うのですが。
Batis85/1.8のように手ブレ防止 内臓でもいいですが無くても構わない。
うーん出ないかなぁ。

Loxiaは、引き続き10枚絞りで出してくれるとうれしいです。

前に海外で発売されたLOXIA純正BOXではレンズが4本入る仕様のせいか望遠の4本目が噂されていましたが、さらに2本ですか…あのBOX買った人はどんな気持ちなんだろう

43mmが出るとうれしいです。しかしBatis、Loxiaどういった棲み分けを考えているのでしょうか?動画でのMF撮影も考慮した、FEの28-135のようなAFレンズに一本化してくれるとよいのですが。

個人的にはLOXIAの16mm魚眼に期待したいです。
魚眼にAFなんていらないと思っているのですがソニー純正で出るとしたら多分AFを組み込んでくるでしょうから。

凄く軽く小さいbatisが欲しいです。フィルター系55mm迄でF2の45ミリテッサーなんて希望します。

135mmF1.8かF2だと嬉しいですかなり。

BatisとLoxia飛び飛びで互いに埋めていく気配ですが・・

空いているところを順に詰めると・・
?B12、?L15、B18、L21、B25、L35、?B45、L50、B85、?L100、?B135
・・でしょうかね。

すると
Loxia 3.5/15 2.5/100(フィルター径55mmとして)
Batis 2/45 3/135(500g以下狙いとして)
なんかでいかがでしょう。

最終的には相互乗り入れで同じ焦点距離でもB&L両方揃えるつもりじゃないでしょうか。

高級単焦点が充実するのはいいですが、
安価な単焦点もお願いしたいです。
APS-C用単焦点やズームはそのあとですかね。。

ツァイスは安価なレンズは出さないでしょう。
Touitの開発は中断してるはずなので、APS-Cも期待薄かと。

フランジバックが短いため薄くならないかもしれませんが、Loxia Tessar 2.8/45みたいなのが出ると欲しいですね。
Eマウントも望遠以外はかなり充実してきましたね。

LOXIA 2.8/50のマクロプラナーが欲しいです。

ハーフマクロでいいから、ソニーツアイスの1.8/55より軽量コンパクトに作って欲しい。

APS-Cでも4/3でも、標準域のマクロレンズって無いんですよね。
もし、できたとしても、コンパクトな小口径で十分なボケを得るにはフルサイズが相応しい。
ミルバス2/50マクロプラナーは、私には大きすぎます。

とても楽しみな情報をありがとうございます。
ソニーツアイスの35mmや50mmに興味を持ちつつも、大きさ重さがネックでした。Loxiaも気になりますが、AF対応の方がやはり便利で安心に感じます。
私個人には絞り開放F2程度で十分で、携帯性とAF速度を重視したく、Batisシリーズに期待大です。ただ、かつてTouitの32mmのAFに幻滅した経験から、ツアイスAFに少し警戒心があります。商品化後も現物見てから購入したいと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年7月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが国内でPlanar T*FE 50mm F1.4 ZAを正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーFE50mm F1.4ZAとFE55mm F1.8ZAの比較レビューが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る