Samyang AF50mm F1.4 FEはリーズナブルだが開放時の画質が若干期待はずれ

PhotographyBlogに、SamyangのEマウント用AFレンズ「AF50mm F1.4 FE」のレビューが掲載されています。

Samyang AF 50mm f/1.4 FE Review

  • AF50mm F1.4の重さは585グラム、全長は9.77cmで、焦点距離を考えると大きなレンズだ。ソニーのFE50mm F1.8、FE55mm F1.8ZAと比べると遥かに大きく重い。鏡筒は金属製で造りは素晴らしい。
  • フォーカスリングは、最短と無限遠で止まらずどこまでも回転する。フルタイムマニュアルフォーカスはできない。フォーカシングでフィルター枠は回転しない。
  • AFはα7R II 使用時は、被写体にロックするまでに0.25秒前後で、かなり速い。AFの迷いはそれほど多くは無く、明るい場合でも暗い場合でもほとんどの場合でピントは正確だった。AFはとてもノイジーなので、動画撮影には向かない。
  • 色収差はテスト撮影ではとても目立った。
  • 周辺光量落ちは、開放では顕著だが、F5.6に絞るとほとんど解消する。
  • 絞りは9枚羽根の円形絞りで、ボケはとても素晴らしい。
  • 中央の解像力は開放では期待はずれだが、F2では許容範囲内になり、F2.8以降ではとても良好になる。隅はF5.6-F11で最もシャープになるが、中央ほどシャープではない。
  • このレンズはとても手頃な価格の標準レンズで、鏡筒の造りも価格を考えれば素晴らしいものだ。AFはかなり速いが、フルタイムマニュアルフォーカス機能が無く、作動音がとてもうるさい。価格はF1.4の明るさを考えると間違いなく安価だが、開放時の画質は若干期待はずれだった。F1.4の明るさが不要ならソニーFE50mm F1.8が手頃な選択肢で、FE55mm F1.8ZAは少し高価だがもっと画質が良好だ。

 

サンプルでは開放付近はかなり甘く、色収差が盛大に出るのが気になるところですが、絞れば十分シャープになるようです。AFは作動音が大きいのが残念なところですが、精度や速度には問題は無いようです。鏡筒のデザインや質感はかなりよさそうで、α7シリーズとよくマッチしそうですね。

このレンズは国内の価格はまだ決まっていませんが、海外で560ドル程度と言われているので、FE55mm F1.8よりは安価になりそうです。

2016年7月17日 | コメント(5)

コメント(5)

AFは発展途上って感じですかね
でもデザインはいい線行ってるかな

色収差が強烈で人物の顔に縁取りが出でるのが気になる。ポトレには使いにくいかも。

α7Ⅱ以前の、第一世代のFE機種ではどうなんでしょうね。FE50/1.8よりはちゃんとピント来るのでしょうか。
にしても、色収差の悪さとか安かろう悪かろうでしょうか。

お勧めで4つ星なので、悪くはないですね。
開放もパープルフリンジが気になりますが、
周辺が流れたりしないので、割と使えそうですが…。
ボケは癖もなく、それなりに良さそうです。
FE50mmF1.8が出てしまったので積極的に買う理由はあまりないかもしれません。

国内販売が決定ましたね。
2016/12/16発売予定で、デジカメWatchによると「店頭予想価格は税別8万5,000円前後」だそうです。

http://www.kenko-tokina.co.jp/newproducts/af50mm_fe_201612.html

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1034274.html


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年7月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE70-300mm F4.5-5.6 G OSSは望遠側で周辺部が甘くなる」です。

次のブログ記事は「シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsはライバルをしのぐ性能だが大きく重い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る