富士フイルムX-T2の前面・上面・側面・背面の画像

読者の方から、富士フィルムX-T2の鮮明な画像を提供していただきました。

X-T2はパッと見の印象ではX-T1と非常に良く似ていますが、ダイヤル類や液晶モニタ、背面のジョイスティック、アイカップなど良く見ると変更点は非常に多いですね。ボディの質感も高そうです。
----------------------------------------------
画像を提供して下さった方ありがとうございました。

fuji_xt2_f101.jpg

fuji_xt2_t101.jpg

fuji_xt2_s101.jpg

fuji_xt2_b101.jpg

fuji_xt2_b102.jpg

2016年7月 5日 | コメント(7)

コメント(7)

いよいよお出ましですか。
欲しいけど、暫くは我慢します。
現在T1とE2を持っておりますが、富士フィルムによる数々のファームウェアバージョンアップのお陰で2台のカメラがほぼ同一の性能(良くも悪くも)と写りを得ている為、これはこれで重宝しております。
個人的には、性能が格段に上がったと推測しますT2ですが乗り換えるのは時期尚早でじっくり様子見させていただきます。

相変わらず「FUJIFILM」のロゴが中央に寄っていて残念に感じますが、真っ当な後継機といった印象ですね。
今回は最初からシルバーモデルが用意されるのか、背面モニター可動部の操作性や強度はどうなのか気になりますね。

どうしても性能に目が行きがちですが、メカニカルな部分の更新がX-T2のキモだと思っています。こればかりはファームアップではどうにもならないですからね。

1/8000シャッター、Pro2で好評のジョイスティク、バッテリー2個のバッテリーグリップ、この三点が決め手でX-T1とX-T10を手放してX-T2に更新予定です。
あとはキャンペーンがどうなるか、7/7が楽しみですね。

パッと見がX-T1に似ているので、嫁に黙って買って、
しれっとしててもバレなさそうなのが、ますます完璧
です。うれしいです。あんまり個人的過ぎますが…

背面液晶は基本的にはテイルト機構で液晶部分のプレートが2枚重ねになっていて縦位置の時は2枚重ねプレートの片側(右側)のヒンジが開くようですね。これならバリアングルだと光軸から液晶画面がズレるのを嫌う方にも基本はテイルトなので良いのでしょうね。

完成度の高い魅力的なデザインですね。
値段もPro2よりも安いようなので、
これで夏のボーナスの使い道が決まりました。
現在保有するX-T10、E2との使い分けに苦労しそうですが、
T2はXF18-135㎜か18-55㎜の専用機にしょうかと。。

X-T1のAF補助光LED、レンズが大きいと影になってしまって意味が無いので使ってなかったのですが、X-T2でも同じ位置なのですねー。
使わないからいいのですけど。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年7月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH5には新型の強力な画像処理エンジンが採用?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムの新型フラッシュとX-T2用の2種類のグリップの画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る