キヤノンがグローバルシャッター採用の「Cinema EOS C700」を正式発表

キヤノンが、海外でシネマEOSシリーズのハイエンドモデル「Cinema EOS C700」を正式に発表しました。

Canon announces new flagship EOS C700 cinema camera

  • キヤノンはシネマEOSシリーズに、先日発表された同社のグローバルシャッターテクノロジーを採用したEOS C700を追加した。このカメラはC700、C700 PL、C700 GS PLの3種類のバージョンがある。
  • C700とC700 PL には、広ダイナミックレンジ(キヤノンは15段分と述べている)の4.5K Super35mmセンサーが採用され、C700 GS PL に、グローバルシャッターのSuper35mm 4Kセンサーが採用されている。
  • グローバルシャッターは、全画面を一度に取り込むことができる動画用として理想的な機能だ。多くのCMOSが採用するローリングシャッターはラインごとに取り込むので、ローリングシャッター効果(動く被写体が歪む)の原因となる。
  • 3機種全てがキヤノン標準のLogガンマ(Canon Log3、Log2、Log)に対応し、フレームレートは4K/60p、2K240pだ。
  • レンズマウントとセンサーは固定式ではなく、ユーザーが、EFマウントとPLマウントを切り替え可能で、センサーも標準のCOMSとグローバルシャッターCMOSを切り替え可能だ(これはキヤノンのサービスによって行われる)。EFレンズ使用時はデュアルピクセルCMOS AFが利用可能になり、PLマウント使用時はCooke/i レンズのメタデータ読み取りに対応する。
  • C700とC700PLの価格は35000ドルで12月に発売、C700 GS PLの価格は38000ドルで、2017年の1月に発売される。

 

噂通り、シネマEOSのハイエンドモデルC700が発表されました。C700 SG PLには、先日発表されたばかりのグローバルシャッターを搭載したCMOSセンサーが早くも実戦投入されているようです。この技術が、いずれ一般向けのカムコーダーやデジカメにも降りてくることに期待したいところですね。

cinemaEOS_C700.jpg

2016年9月 2日 | コメント(6)

コメント(6)

凄い!でも400万弱って価格も凄い・・・笑
Super35だとAPS-Cサイズに近いから、その程度なら実用可能なんだろうけど、
スチールに使うくらい価格こなれてくるのはいつごろなのかな
時期1D辺りに載っちゃうんだろうか

SONYのPXW-FS7Kでさえ100万円程度で買えるのに、ちょっとCシリーズは全体的に高いですね。
ランク的にはXDCAMクラスだと思うのですが、CineAltaと争う価格帯です。
強気ですね。

グローバルシャッターがまさかスーパー35mmが第一弾になるとは。
マシンビジョンなどの産業用カメラから始まると思ってました。
それにしてもEVFだけで税別68万円ですか…。
スチルメインの人からすると恐ろしい価格ですね。

インプレスのAV watchにもう少し詳しい記事が出てますね。
それによるとグローバルシャッターセンサーでは
・AFが使えない
・感度特性がやや劣る
とのことで、スーパーセットという訳にはいかないようですね。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1016377.html

最近のアカデミー・ノミネート作品のメイン・カメラはArriの独占で国内メーカーだとキヤノンとフジノンしか見あたらないので、もう少し使われる様になると良いですね。


>PXW-FS7K ターゲットレンジが違うので当然でしょう。
シネ用途としては、破格に安いですし、昔のドッカブルタイプに近いというのは、放送用CAMコーダが担っていた分野のクオリティアップに繋がるかもしれません。

とはいえ、放送用/業務用カムコーダとしてはシェアを築いたSONY/パナもはむしろ出遅れているともいえます。あ、ビクターもありましたね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年9月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH5の6Kはフォトモードのみになる?」です。

次のブログ記事は「ライカが「APO Macro Elmarit TL 60mm f/2.8 ASPH」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る