DxOMarkにトキナー「AT-X 14-20 F2 PRO DX」のスコアが掲載

DxOMark に、トキナーの広角ズーム「AT-X 14-20 F2 PRO DX」のスコアとレビューが掲載されています。

Tokina AT-X 14-20mm F2 PRO DX Nikon-mount review

 テスト機:D5300   Tokina 
 14-20mm F2 
 Tokina 
 11-20F2.8 
 Tokina 
 11-16F2.8 
 Nikon DX
 10-24F3.5-4.5 
DxOMarkスコア 25 20 18 17
解像力 17P-Mpix 11P-Mpix 13P-Mpix 11P-Mpix
透過 2.2T 2.9T 3.1T 5.2T
歪曲 0.4% 0.4% 0.6% 0.5%
周辺光量落ち -1.1EV -0.9EV -0.8EV -1.5EV
色収差  8μm 18μm 25μm 15μm

  • 24MPのD5300でのテストでは、解像力はとても良好だ。広角ズームとしては歪曲は比較的良く補正されており、倍率色収差と周辺光量落ちも少ない。
  • 性能のピークはF4からF5.6だが、F4ではいくらか非点収差が見られ、これは望遠側になるほど目立つ。絞った時の解像力は非常にハイレベルだが、開放では中央も若干甘い。しかし、画面全域の均一性は優れている。
  • 他のトキナーの広角ズームとの比較では、通常は、14-20mm F2のような大口径レンズは、解像力や色収差の点で不利になるはずだが、このレンズにはそれは当てはまらない。このレンズは広角端では開放から良好な解像力で、20mmでは解像力が下がるが1段絞れば劇的に改善する。倍率色収差は広角端でさえ非常に少ない。ニコンの10-24mmとの比較では、解像力は14-20mm F2が高く、色収差も顕著に少ない。
  • 14-20mm F2はズーム域は限られているが、他のライバルとは異なる立ち位置のレンズで、F2の明るさは他にはない。この焦点距離に魅力を感じるなら14-20mm F2の光学性能にがっかりすることはないだろう。

 

トキナーの14-20mm F2 は大口径の広角ズームにもかかわらず、解像力が高く非常に高性能なレンズですね。これまでのトキナーの広角ズームは、倍率色収差がウィークポイントでしたが、このレンズでは倍率色収差は非常によく補正されているようです。

広角端が14mm(換算21mm)スタートなので、超広角ズームとしては画角が物足りないかもしれませんが、F2の広角単焦点3本分(換算21mm、24mm、28mm)をカバーするレンズだと考えれば魅力的なレンズかもしれませんね。

2016年9月26日 | コメント(1)

コメント(1)

トキナーのこの広角ズーム、テスト結果はとても優秀なようですね。
私もこのレンズを所有していますが、D500と見た目のバランスも良く、高感度撮影には重宝します。解像度を真に発揮するにははやはり2400万画素機のほうが向いている印象を受けました(日中はD5500に装着して使用しています)。

価格com.のサイトを見てみると最安値も発売時より1〜2万近く下がってきており、お買い得感のあるレンズのような気がします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2016年9月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PENTAX K-1は予想以上の成功を収めている」です。

次のブログ記事は「Nikon 1 Jシリーズの新型機は登場する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る