ソニーがFE100mm F2.8 STFを10月に発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーのEマウント用のSTFレンズに関する噂が掲載されています。

(SR3) Will Sony announce a new 100mm f/2.8 STF lens in October?

  • 8月初旬に価格コムの掲示板で、ソニーのレンズ設計者がFEマウントのSTFレンズの開発が進められていると述べたという報告があがっていた。このレンズのスペックに関する確実な情報は入手していないが、以下の情報をアジアのソースから入手している。

    - 10月
    - FE STF100mm F2.8 T4.5

 

信憑性の高い情報ではないようなので、現時点ではあまり期待しすぎない方がいいかもしれませんが、事実だとすると、近日中にEマウントユーザー待望のSTFレンズが登場することになりますね。

Aマウント用のSTFはMFレンズですが、STFでもコントラストAFは可能なようなので、EマウントのSTFはAFレンズになるのでしょうか。

2016年9月29日 | コメント(24)

コメント(24)

100mmだけにF2.0を期待しましたが、暗いですね。
70-200mmF2.8との差別化が難しいです。
ボケ味が魅力だけに、F値はもう少し頑張って欲しかったです。

STFはじっくりと撮るレンズというイメージなので、
個人的にはMFでも全く問題ないんですけどね。
Aマウントのは135mmですが、あのボケ味はあの焦点距離だから・・・というのはあると思いますので、
この100mmがどうなるのか興味があります。

もし本当なら、個人的にAマウントを保持する理由の大きな部分がなくなってしまいそうです。
A900+STFでは、老眼にMFはつらく(笑)、A99ii欲しいと思ってましたが、AF効くなら更にいいな。

自分は人物に使いたいのでAFは必須です。
STFが瞳AFで使えるなら最高です。

100mmでしかもAFが使えるのは良いですね。
F値は2.8で良いです。STFの特徴はぼけの大きさではなく美しさですから。
同じ焦点距離のほかのレンズと比べるのは無意味です。

100ミリF2.8というとマクロレンズ的なスペックでもありますよね。
STFはマクロ撮影でも有効なものだと思いますのでハーフマクロ程度に寄れたら良いですね

是非ともAFでお願いしたいです。
というかMFだったらAマウントで出せばAでもEでも他ミラーレスマウントでも使えるわけですから、MFでEマウントで出すと購入者が減りそうです。
135mmはMFですが既にAマウントにあるのでSTFの描写を活かせる焦点距離として、例えば次は150mmか100mmのどちらかだとしたら100mm F2.8 T4.5というスペックは汎用度的に妥当かなと思います。
どうか事実であってほしいですね。

70-200mmF2.8との差別化が難しいとおっしゃる方も
居られますが、STFのボケ味とピント面のキレ味は
他のレンズと全然別世界ですので、いちどレンタル
してみられると良いかと思います。

100mmF2.8ですか?!
LAOWAの105mmF2,Bokeh Dreamerを買おうかと思っていたのですが
AFならばちょっと待てですね・・・
スペックが分かると、次は値段が気になるところです。

100mmの焦点距離であるなら、
ミノルタ100mmF2.8ソフトフォーカスの後継にも
成りうる歓迎されるスペックですね。

Aマウントレンズと合わせてポートレート向き
最強システムになりそう。

XF56mmF1.2APD(換算85mm) や LOWA105mmF2.0 といった他社STFレンズと比べると、おとなしめなスペックという印象ですね。

口径比が2.8で確定として、透過率のT値は、やっぱり4.5なんでしょうかね。

APDエレメントの見直しで、明るくなるとうれしいですが。

135mmならF2.8で構いませんが100mmならF2でお願いしたいですね。

100mmだとしてもどれだけ寄れるかでボケが出し易くなりますからね。
結局GMでは無いのでしょうか。

Aマウントの 70-200 f2.8 (旧) と 135mm F2.8 (T4.5) STF をマウントアダプター経由で使っていますが、Eマウントの望遠は一本も所有していないのでこれが製品化されたら買います!! ただし...

・135mm F2.8 (T4.5) STF は口径食 (周辺でのレモンボケ) が出ないよう F2.8 に抑えているとのことなので、無理して F2 を期待するのはどうかと思ってます。実力的には F2 の光学系で敢えて F2.8 というこだわりを見せて欲しい!

・F値と T値の差分は APD の効きが大きいか小さいかを示すものなので、T値を明るめにして富士フイルムの 56mm F1.2 APD の二の舞 (APD非搭載器との差が微妙) なのも勘弁して欲しい!

という条件付きですが。要はカメラ自体が高感度に強くなっているのでレンズの明るさ云々よりボケが最重要!!

ホントに出るのであれば FE STF100mm F2.8 T4.5 ではなく FE 100mm F2.8 STF GM みたいな記述にした方がリアルな噂になったのに・・・

シャープさとボケの両立で最高峰であるSTFにGMが付かないのは、逆に違和感を感じます。

とはいえ発売されれば、AFが使えるSTFとして神レンズになると思います。

Aの135mもF2相当の光学系で、口径食を抑えるために
あえてF2.8にしているとか。100mmも同じ思想なんじゃ
ないかと思います。実質F2なんだけど、F2.8からとして
口径食をなくす、と。タマネギボケも徹底的に排除した、
ボケ質にこだわったレンズであって欲しいので、むしろ
F2なんかでなく、F2.8でミノルタ以来のボケへの拘りを
貫いてください。フジみたいな口径食の出るレンズなら
ちょっとガッカリです。

このスペックだとAマウントのSTFのようにF2ぐらいのレンズを使って口径食が出ない設計にしてるんでしょうか。
期待できますね。

STFが気楽にAfで使えるなら嬉しいですね。

出るとすればそれだけで嬉しいですが、もしオートフォーカスが効くようであれば、ポートレートに重宝するのでさらに大喜びですね!

あと、近接撮影はどうなのでしょう?

上で他の方もおっしゃってますが、マクロっぽく使えたら嬉しいのですが。

瞳AFで使いたいです!

マウントアダプター持ってないからEマウントでなければ困る!
AFでSTFとかおもしろそうですね。

口径食のないレンズなら買います。そこに妥協があるならパーフリに目をつぶってAマウント版を買うつもりです

 100mm歓迎です。135はAマウントがあるからね。
 たぶん、このレンズはポートレイトで使うことが多いと思うんだよね、135だとAPS-Cで使うときに長すぎです。

 それと開放F値は、明るいにこしたことはないけれど、でかくなったら使いにくいだけ。実際、STFで、F2.8以下なんて使わないよ。背景を完全にぼかして溶かしちゃうなら単純に明るいレンズを使えば良いだけだから。

 AFは微妙。Eマウントの広いフォーカスエリアでガチピンは期待薄かも。だいたいならできるだろうけど、おそらく4000万画素超では厳しいかと思われ。ガチピンがほしければほかのレンズを選んだ方が幸せに成れるでしょう。

 ホントなら夢のような話だ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年9月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-M1 Mark II のヨーロッパでの価格は1999ユーロ?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが「GX7 Mark II」にフォーカス合成機能を追加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る